やる気のないメンヘラ女子へ送る、手抜き最低限メイク術


MS251_kosumeviewr_TP_V


せりです。やる気のないメンヘラへ送るシリーズ第二弾、稼働しました。第一弾は簡易飯レシピでしたね。未読の方はぜひ読んでみてください。

面倒だけどお腹は空く…無気力でも作れる簡易飯レシピ

今回はそう、「やる気のないメンヘラ女子へ送る、手抜き最低限メイク術」なのです。

なんかここ最近、色々とうまくいかず、心も自律神経も身体もうまく連携してくれなくて困ってます。仕事したいのにしたくないよう。どうにか生きています。具体的には「ガス止まってお湯でないな~~水冷たいよふぇぇ~~」みたいな感じで生きています。そのくらい色々と切羽つまっている中々ヤバ目の現状なので、欲しいものリストから色々送って下さっていいんですよ…食材とか特にバジルペーストとかね!って訳で待ってます!

っていう定番の乞食が終わったので、本編に入ろうかなって思います。

 

■メイクって本来なんのためにするの?

人と会うのって、だるいですよね。わかる。

雨が降っていたり、凄くダルい時に人と会うのって更にだるいですよね。わかります。私もすっごくダルいのです。外に出る事すら億劫なのに、人に会い、会話をするという行為がさらに自分を億劫にさせますね。

漸く外に出るために布団を出ても、様々な事が待っています。顔を洗うなり、シャワーを浴びて、化粧水つけて保湿して、化粧して、服選んで…って凄く面倒くさいなぁ、って思ってしまいます。

 

どうして化粧ってしなきゃいけないんでしょうか?

「あんま変わらないし実際よくやり方わかってないしなぁ…」って思うかもしれないですね。「男性は髭を剃って、やってる人は化粧水とか塗るだけでいいのに…」って思う人もいるのではないでしょうか。メンをヘラっている時なら尚更しんどいですよね、まず起きる事からしんどいですし…。

一般的に、何故女性が化粧をしなければいけないのか、挙げられている理由を4点、挙げてみましょう。

・女性のマナー的な問題(男性で言うなら無精ひげを生やしたままと同義)
・化粧により違う自分になりたいという変身願望
・皆がしているから自分だけしていないと仲間外れになってしまうという心理
・他の女性より綺麗になって、異性の目を引きたいから

こんな感じの理由以外にも、医学的に見たら「皮膚の保湿効果」という面もあるようです。乾燥した皮膚に化粧水を与えて、水分を閉じ込めるために乳液を塗り、最後にファンデーションで仕上げをする、という事により肌の乾燥、肌荒れ、小じわ等を防ぐ役目があるらしいですね。とはいえ、「そんな事言われても、実際めんどくさいし、ニキビできたらどうしよう…」って考える人も多いのではないでしょうか。

 

実際私もそんな感じで、ほぼスッピンで大学に通っていたのですが、「周りが化粧しているのに、なんでせりは化粧しないの?」と言われて渋々始めた感じなのです。でもめんどくさい。なら、やらなくて良い行程を無視して、最低限の部分だけしっかりやればいいのではないのか?という方向にたどり着いたのですよね。

そんなわけで、「最低限しておくべき化粧」或いは「最低限の身だしなみ」をちょっと書いてみようかなって思います。化粧なんて、してるってわかればいいと思うのです。

「そんなこと言われたってどんな道具使うの?」「どうせ高い化粧品とか買わないといけないんでしょ?」とか思う人もいると思うので、色々道具から書いてみますね。

 

■必要最低限の化粧道具

これは実際私が使っていていいなって思ったものを挙げていきます。とはいえ、肌の強弱とかもあると思うので、参考にする位のノリで見て頂けたらって思ってます。

 

【化粧水】

私が使っている化粧水が、ロート製薬から出ている「肌ラボ」シリーズの極潤 ヒアルロン酸 という化粧水です。

私がこれを選んだ理由は簡単に言ってしまえば、凄く潤うからなのですよね。元々私の肌がほうっておくと乾燥してしまう、乾燥肌気味なのでできるだけ保湿効果があるものがいいな、と思って探している時に見つけたのがこれですね。この化粧水は弱酸性、つまり普通の肌の状態と同じ状態のものなので肌に対しての刺激も低いかと思います。

 

【クリーム/乳液】

乳液とかクリームとか、色々ありますよね。「何が違うの?」って思う人もいるかもしれませんが、それは後述をご覧ください、ちゃんと書いておきますので笑

098765

ほんで、私が使ってるは無難って言えば超無難の「ニベアの青缶」と呼ばれるものです。「なんだそれ?」って人に簡単に説明をしましょう。パッケージがそのまま、本当に青い缶なので通称青缶と呼ばれている…はずです。私だけだったら恥ずかしいな。まぁそれは置いておきますね。

簡単に言うと、保湿効果が強いクリームって感じです。個人的には下手に高いものを使うよりニベアの方が保湿力は高いので、肌荒れとかシミ、シワの原因になる乾燥を防いでくれますね。しかもこいつは結構ドラッグストアとかにおいてある位に安いので、おすすめです。

 

【剃刀】

09876543245

剃刀です。「なんでカミソリ…?」って思うかもしれないですが、これで眉毛の下部分のいらないところや口周りの産毛を剃りましょう。これ特にメーカーとかないです、すいません。某100円均一ショップで売っていたのでご参考までに。普通のカミソリと違い、滑り止めとかが付いているのでスパッといくことはないですが。

使い方も軽く説明しておきますね。「乳液orクリーム塗ってからそってください」終わり!これだけです。保湿してからの使用でないと、結構肌傷つきますし、そこから炎症起こす事もザラにあります。なので保湿してからのご利用をお勧め致します。ちゃんと用途に沿ってご利用ください…!

 

【ファンデーション】

はい、ここからやっと化粧品に移ります。

534567

肌をきれいに見せるファンデーションですね。今回私が使っているのは、ちふれという安めのブランドのもので、「モイスチャーパウダーファンデーション」という名前です。名前の通り結構つけた感じがしっとりしています。粉特有のサラっと感はあまりないかなぁ、って感じ。多分1000円しないですね。ほかにもUVカット効果もあるものとかあったり、肌質によって異なるものもあるので自分にあったものを探してみては如何でしょうか。

 

【アイライナー】

アイライナーですね、瞼に塗って、目を大きく見せる為に使うものですね。

6587679865

ペンシル(鉛筆タイプ)と筆タイプの2種類が主に使われていますかね。これはドラッグストアで適当に買ったものなのでちょっとメーカーが分からないです、申し訳ないです…。多分マジョリカマジョルカです。多分。ペンシルタイプと筆タイプは色々と使い分け用途があるようなので、ご自分の使いやすい方を使っていただければいいかな、と思います。

 

【アイシャドウ】

アイシャドウは基本、瞼に載せて目の立体感を出す為につける粉です。日本人の凹凸のない目元に対して、彫りを深く演出してくれる効果もあるのでいい感じに目を大きくさせてくれます。私、色々とシャドウは持っているので、比較的使いやすいのであろうかつ安いシャドウをご紹介しようかな、って思います。

97865423567

この写真のアイシャドウ、中を開けると目だけが映るくらいの小さな鏡がついていて意外と使いやすいのですよね。なんと3色入っているこのシャドウ、売ってるのは某大手100円ショップという素晴らしいお得な素晴らしい感じです。

 

【アイブロウ】

アイブロウ…そう、眉毛を書ける必需品ですね。このアイブロウはついているブラシの太い方で、薄茶色をつけて大まかに書いて、細い方の筆を暗い茶色につけて、眉尻を整えるかんじのやつですね。

ちょっと写真はお見せできませんが、私が使っているのはCEZANNNEという安めの化粧品メーカーから出ているものですので、他にもいい感じのコスメがあったらこちらのメーカーを使うのもありかもしれません。

【リップ】

これは結構色つきリップで済ましている人とかも多いのではないでしょうか。口紅はすぐ取れてしまうし、グロスはべたつくから嫌だって人は結構いるらしいですね。まぁ私もその1人なのですが。CANMAKEという、これも安めの商品メーカーから売られているものを愛用しています。多分600円前後かな?

私がCANMAKEのリップを愛用しているのは、口紅程度の鮮やかな発色を持ち、グロスより少し下げたくらいのツヤを出し、保湿もしっかりしてくれさらに言えばUVカットもしてくれる優れものだからですね。これは結構お勧めなので、リップ系でどれ買うか迷っている人は使ってみたらいいのではないでしょうか?

 

■化粧品、それぞれはどんな役割をしているの?

どんな役割って何?って思うかもしれないですが、色々と役目はあるのです。「何の為に化粧水塗るの?」みたいな感じなので、役割に合わせて手を抜いていいとおもうのです。

例えば「今日血行いいから、頬の血行をよく見せるチークは塗らなくていいや!」みたいなかんじですかね。先程私が使っている化粧品を載せましたが、実際あれも結構ハブいています。全部載せても、手抜きメイクにはならないので笑

本来使った方がよい化粧品って他にも結構あるので、見やすいように表にまとめてみますね。

hyo1

緑が保湿効果に使用、オレンジが肌を綺麗に見せる為、ピンクが普通のメイク用品って感じに分類していますので、「これ自分は○○いらなくね??」と思ったら手を抜いていいと思います。

 

■化粧で抑えるべきポイント

・保湿は役割を考えましょう

化粧水は最低限肌に与えるべき水分を与える事ですね、先述したように保湿の仕上げには乳液かクリームを塗りますね。これ、両方塗らなくていいって知ってましたか?

二つとも保湿の仕上げに使用するという点ではあっているんですが、乳液の方が水分が多く、クリームは油分が多いという違いが存在します。簡単に言えば、乳液の方がさっぱりしてて軽く、クリームは重くしっとりする、そんな感じです。

なので、使い分けたりすればよいかな、両方塗る必要性は特にないですね。夏の暑い時は只でさえベタつくから乳液、夜のこれから寝るぞ!っていうときにはクリームを使う等で問題ありません。

 

・化粧にもポイントがあります!

人と会ったとき、顔で一番最初に見るところって、何処だと思いますか?実はこれ、統計があるんですよ。

1位は目、2位は唇、3位は頬らしいのですよ。なのでアイメイクはしっかりとしたほうがいいですかね。ただ、ここのランキングには入っていないんですが、眉もしっかりしておきましょう。眉無しの人はなんか…ヤンキーみたいな感じしてちょっと怖い印象を持たれがちです。笑

 

なので最低限、目と眉、唇のメイクはちゃんとしておきましょうね。という訳で、今回は肌、目と眉、唇だけの簡単メイクの流れをさらっと書いてみようと思います!必要な人は見てくださいね!

 

■手抜き最低限メイク術

どうしたら化粧してるのとしてない事の差がちゃんとわかってもらえるかなぁ、と考えた結果迷走して半顔メイク(笑)をしました。

1.保湿します

2.ファンデーションを塗って肌をきれいにみせましょう。
左頬がファンデを塗っていなくて、右頬の写真が塗っている写真ですね。いいかんじに死んでいる顔色が普通の人っぽい感じになっています。

12

3.アイシャドウをグラデーションで、目の周りを塗ります。
先程載せた某100均のやつ、左から順に白っぽいキラキラカラー、中間色のブラウン、最後に濃い茶色を塗りました。ポイントとしていうのであれば、白っぽいやつは眉毛の下らへんまで薄く塗って、中間色ブラウンは眼球の上程度まで、濃い茶色は目元にパパッと塗りましょう。目が大きくなった気がしなくもないです。

キャプチャ

4.アイラインを引いて化粧してる感じを出します。
下の左画像が塗って目を閉じたところで、この状態で開くと右写真みたいになります。なので「手は抜きたいけど目は強く化粧したい!」という方はもうちょい幅を広くしましょう。どのくらいがいいかは各自で差があると思うので、そこは色々試してみてください。

キャプチャ2

5.眉毛をせっせと生やします。
理想の眉毛の形は、それぞれググってみてください。

キャプチャ3

6.唇に色を付けます。
おしまい!

私が手を抜いた化粧は本当にポイントしか抑えないです…。正直アイシャドウも面倒臭くて、アイラインを眉毛と唇だけの時もあります。

 

■まとめ

さて、なんか色々と書いていたら、長文になってしまってごめんなさい。

それぞれの役割を大体把握して、必要ない事は必要ないと判断して、めんどくさい人が大好きな時間短縮に対して何か効果があるといいなぁとか思います。実際化粧しなくてよくないか?とかは化粧している最中にも思っています。

化粧品1個1個は高くても揃えると高かったりしますしね…。意外と100円ショップとかの化粧品も使えるようなので、口コミを見たり自分の肌質に合うものを合わせて買えば、お得かもしれませんね。もし肌が弱いって人は無印良品の化粧品もいいかもしれないとか思ったりはします。そんなかんじでまとめでした、はい。

おまけにテンションあがってアイライン濃くしてキャバ嬢時代っぽい、いい感じに盛れた自撮り(でも半顔)をさらして終わりにしようかなと思います。ちなみにこれは加工アプリ使ってません。めんどくさいですし…

987654

アマゾン、待ってます。せりでした!


The following two tabs change content below.
せり

せり

眼鏡がおいしそうと言われた変態とメンヘラを引き寄せるメンヘラキャバ嬢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です