家族に相談できない。

PP_danchinoberanda_TP_V

まず私の学校生活の遍歴について語りたいと思う。

小学校3年生までは毎日学校へ行っていた。小学校4年生2月から小学校卒業までは月に1度休むようになった。進学塾へ通い出したことや引越しをして越境通学を始めたのが小学校4年生2月なのだが、関係があるのかは分からない。引き金にはなっていたのかもしれない。

中学校は私立の中高一貫校(共学)に進学した。家はとても裕福ではない。ただ勉強ができたから、進められるがままに上流階級(成金に近い)の集まる学校へ進学してしまった(学費免除制度はない)。その為、とにかく話が合わなかった。それ自慢?と思うような事が周りは普通なのである。また、「みんなで遊ぶ」といった事にも凄いお金がかかったので、夏休みを境に同級生とのお付き合いを辞めた。

お付き合いを辞めるきっかけになったのは他にもあって、それは部活である。私は化学部に入りたかったが、部員が男しかいなかったので諦めてしまった。そして何を間違えたのかとある運動部に入部してしまった。

その部活で何故か私は高校2年生の先輩方に好かれた。そして中学2年生の先輩方にとても嫌われた。中学2年生のリーダーにあることないこと言われた。挨拶をしているのに「していない」だとか、いろいろ。正式には罪を擦られていた。それを他にしている人がいたのだが、私が中学2年生の先輩方に嫌われていたために「(それをやったのは)全部○○(私)だよ~」という事にされていたのである。

怪我もしてしまったし、それを理由に夏休みで部活を辞めた(他2人に罪を擦り付ける行為をした後中学2年生になる頃には私の代は崩壊した)。

そんなこんなで誰とも関わらず中学1年の冬休みになった。成績だけは良かったので人と関わらずともガリ勉みたいなポジションで収まっていた。しかし、面倒くさく感じてしまった。嫉妬疲れしたのである。自慢に感じる話が当り前のように飛び交ってる空間に。聞かなきゃいいと思っていても聞いてしまうのである。そして教室へ行くのを辞めた。

学校ではなく教室?そう。保健室登校というものを始めたのである。保健室では基本的に好きな事をしていた。勉強もしたが私は読書が好きであったため本をよく読んでいた。そして英語が訳分からなくなった。

中学2年生になった。

「環境が変わるかも」と保健室の先生にも言われたし、仕方なく教室へ行った。しかし、夏休み明けからまた保健室登校になった。そして、中学3年生のGW開けに学校へ行くことを辞めた。

 

ただひたすら引きこもっていた。唯一の取り柄であったであろう勉強をする事も辞めた。中学3年生は何をしていたかも覚えていない。そして通学型通信制高校に入学した。

学校になど行きたくもなかったのだが、高校くらいは…と押されたからである。通信制といっても通学型であるため毎日学校へ行く。朝が遅いのだが、長期休暇は存在しない。登校日数でいうとかなり行っていた。滞在時間は短かった。

そして私はアルバイトを始めた。中学時代が金金金であったためにお金が欲しかった。夕方4時間を週5で8万近く稼げる事にはびっくりした。しかし、人間関係が面倒くさくなり高校1年生の2月で辞めた。特に趣味なく、人と係わっていないため家に生活費を収めるくらいだったので貯金はたくさんできた。辞めた時にクロスバイクとi pod touchを買った。

その後、短期アルバイトを転々とした。短期アルバイトはとても良かった。時給はあまり良くはないけど、期限付きだと人付き合いもなんとかできた。家にいたくなかったので自分には合っていた。

高校2年生になった。短期アルバイトを転々としているのは続いている。この頃には学校の滞在時間も増えた。そして家でも勉強をしようと思ったのだが、2年も勉強していなかったのである。家の空気が悪くなった。やってけばマシになるかなとか思ったけどそんな事はなかった。空気に耐えられなくなり本格的に勉強することを辞めた。自室などは存在しない。

高校3年生になった。転々としていた短期アルバイトも辞めた。

とにかく学校という場所が嫌いであったために、どーせ家で勉強もできないしと大学へ行くつもりは無かった。今もない。
しかし、どうするんだと言われるものである。そして10月から通信制高校に行くことさえも辞めた。引きこもりに戻ったのである。

そして引きこもって2ヶ月経った今、専門学校行ってみようかなとか考えはじめた。とにかく学校という存在が嫌なので悩み中ではある。しかし、私みたいな存在は例え良い大学へ行けても就職で躓くのである。どんなルートで行こうが上手く行かないのであれば、やりたい事やってからにしようかなとか思ったのである。バイト代の貯金やりたい事に使おうかなとか。

 

さてここで。これだけ道から外れているのに病院には行かなかったのか?と思う方がいるかもしれない。そう。行ったことなどないのである。

父親はDVというものだろう。暴力。物を撒き散らす。人をバカにする。何故こんな人の機嫌を害さないために必死にならないといけないとかと思うが、人間やっぱ暴力嫌。しかし物凄く神経を使うので父親の就寝後1時間は深呼吸をして心を落ち着かれるので精一杯である。

そして、保険証の管理は父親である。とても、病院に行きたいと言えない。普通の会話でさえできないのだから。
母親だって同じように疲れているだろうから言えない。中学校の学費を払ってくれたりしていた為これ以上の苦労をかけたくない。

何故、病院に行きたいのか。
病名があるのかないのかそこをはっきりしたいわけではない。誰かに話を聴いてもらいたい。認めてもらいたい。

こんな私だけど頑張ったねと言ってもらいたい。


【投稿者】
白布 さん

【プロフィール】
高校三年生。1日3食の食事も着替えも歯磨きも入浴も規則正しい起床就寝も暴力が無かったらやらない、座ることも疲れるから1人の時はソファーで寝っ転がってるくらいの人です。




3 件のコメント

  1. 五指ナマケモノ 返信

    部活動のところ、うちの娘の中学時代にそっくりで泣けてきます…

    もしPCやスマホのプログラミングに興味があるなら、その道もありますよ。
    適性があれば専門学校に行かなくても大丈夫です。高卒でなくても大丈夫。
    コミュ障の多い業界なので、人付き合いが苦手でも浮きませんし、在宅での仕事もできます。

    • 五指ナマケモノ 返信

      補足です。
      プログラミング自体は、普通の小学生でもできます。
      一輪車やアヤトリのようなもので、できない子にはできませんが。

      もしプログラミングができるタイプなら、あとは仕事で必要になる知識・技術の訓練をすればOK。
      数カ月程度の独学で十分です。(複数の分野から1~2つを選択)
      これは一生ものの知識にはならず、その後も独学で最新知識を得ていく必要があるので、それが苦になるタイプだと、長続きしません。
      また、知識の陳腐化が早いので、専門学校に行くのはもったいないです。

      履歴書に高卒と書けなくても大丈夫です。家庭の事情で中退しました、とか説明すれば十分。
      確認されるのは「取得している技術」です。
      業界に入ったあとは「どんな仕事をやってきたか」という経歴書を作ることになり、学歴よりこちらのほうが重要視されます。

      中小のソフトハウスに就職して、元請けへ派遣される勤務形態だと、採用条件はかなり緩いです。
      経験が浅くコネも無いうちは、このコースが楽です。
      収入は地域や就職先に大きく左右されますが、経験が浅くても月収20万円を下ることは少ないと思います。
      おなじ勤務形態でも、経験を積んで都市部に移れば、30~40万ぐらいまでは普通に目指せます。

      転職や独立も簡単な業界なので、もっと上を目指したり、のんびりやったり、独立してみたり、選択肢の自由度はとても高いです。
      一方で「異常な激務」「長時間拘束」「パワハラ」「スキルのミスマッチ」等々で、精神や体を病んでリタイアしていく人もいっぱいいます。
      『IT土方』と揶揄されるように、仕事は泥臭く体力勝負なところもあります。

      プログラマをリタイアしても、事務系職種への転職は有利になりますので、もし自分に適性があるかなと思ったら、検討してみてください。

      ここまで白布さんは相当タフな経験をされてるんで、社会に出ても簡単につぶれるとは思いませんけど、常に逃げ道を残しながら、なるべく気を楽に持って先に進んでください。
      がんばれ~(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です