アセクシャルから見た恋愛観




こんにちはみなさん、かわいい乞食おまえです
Amazonほしい物リスト)

今回は以前から書いている、アセクシャル、Aセクについて書いていきます。

 

■LGBTの基本の説明

みなさんは、『LGBT』という言葉を目にしたことがあるでしょうか?
見聞きしたことはあるけどわからないなあ、という方向けに、まず説明させていただきます。

LはレズビアンのL
GはゲイのG
BはバイセクシャルのB
TはトランスジェンダーのT

…と、このような意味を表しています。

そして、このLGBTと一緒に、虹色の画像などを目にしたことはないでしょうか?
8色で構成された虹のひとつひとつに意味があります。

ピンク:セクシャリティー
赤:生命
橙:癒し
黄:太陽
緑:自然
ターコイズ:魔術 / 芸術
藍:平和 / 調和
紫:精神

と、様々な意味を込められて、所謂、性的マイノリティーの人たちによって作られたものです。

ちなみにAセクはLGBTには含まれません。LGBTsという記述ならば、Aセクが含まれることもあるかもしれません。※

Aセクって何?という方は過去記事を読んでいただけると幸いです。

*過去記事
・わたしはどうやらアセクシャル?自分の「無性愛」に気づくまで
・アセクシャルで双極性障害持ちの私が「結婚が怖い!」と思う理由

※読者の方からご指摘を頂き、一部修正致しました。(2017/2/16)

■カミングアウト?隠し通す?

アセクシャルの人は、同性愛者の方や両性愛者の方、全性愛者の方ように、バレないように!と気をつけるのが、比較的楽なのではないか?と思っています。確かに年齢を重ねていってしまうと、周りの心配などで隠し通すことが難しくなってきますが、誰かに知られるということが、カミングアウト以外であるのか?と思います。

「あー、彼氏欲しいな〜!」

という言葉に、同意して、

「あ、わたしも彼氏欲しいな〜」

と言えば、だいたいの人が気づかないのではないでしょうか?

恋愛遍歴も、自分で作り上げてしまえば、余計に、あれ?どういうこと…?と、思われる可能性は減っていきます。それが、アセクシャルにとってとても息苦しいものであっても、表面上それらしい表情を作ってしまえば、バレることはほとんどないと言えるでしょう。

普通の人にとっては「恋愛感情を抱かない、抱けない」ということを少しも、これっぽっちも想像や想定をしていないからです。初恋があって当たり前、今誰かを好きでなくても、好きな人がいたことがあるのが当たり前、ある程度の年齢だと誰かと付き合ったことが当たり前だと疑うことなく話されます。

わたしはカミングアウトしている相手が多いので、その人の恋愛話を話しても、わたしが聞かれることはないです。

カミングアウトしていない方は、いちいちぼんやりとした嘘をつき、グイグイ来られた日には、とても疲れることだと思います。そしてこれは、LGBTの方皆さんが悩むことではないかと思います。

 

■わたしのカミングアウト

わたしがカミングアウトした時は、まず、

「何?Aセク?アセクシャル??」

ということから、始まりました。それほどに、Aセクというものが、知られていないんだな、と実感します。

「好きな人いない!出来たことない!恋愛わかんない!」と普段から言っていたので、カミングアウトした時も、あーだから前から言ってたのか!と納得されたりしました。しかし、「でもそのうち好きな人もできるんだろうし、いま好きな人がいないだけじゃない?」というリアクションが多いことも確かです。状態を否定されなかったことは、わたしにとってとてもありがたかった覚えがあります。

しかし、いずれできるだろう、と当たり前のように言われると、少し傷ついたりします。当たり前を眼前に見せられるからです。その時に、ああ、これは普通ではないのか、と突きつけられてしまうのです。

もったいない!と言われるのもしょんぼりします。自分にとって、恋愛が当たり前のことではないので、少しももったいないなどと思っていないからです。恋愛をしなくても、楽しく生きているからこそ、何故もったいないと言われなければ…という思いも強くなるのだとおもいます。以前書かせていただいたように、家族愛や友愛などは、あります。それで十分に満足しているのです。

Aセクだけでなく、レズビアンの方にもったいない!といっている場面に遭遇したこともあります。なぜ、異性愛者でなければ、もったいないと思うのか、なぜその言葉を直接その人に言えたのか、わたしは分かりたくなかったですし、分かりませんでした。言えることがあるとするならば、じゃあ、あなたも異性だけ愛するのはもったいないから同性、全性を愛してみてよ、という思いでした。

カミングアウトしようか、と考えている人は、いろいろ考えて不安だと思います。まず否定されないか、普通じゃないと言われてしまわないか、家族や友人から変な目で見られないか、考えるとキリがないと思います。

なので、わたしは、皆が皆カミングアウトをする必要はないと思っています。ぼんやりとさせたままでも、友人の話に同調していれば、割とどうにかなると思うからです。そこで、自分から絶対に言わなくてはならない、とは思いません。言わないという選択肢もあります。

 

■わたしの願い

しかし、時々、わたしは願ってしまいます。性的マイノリティー、少数者だと振り分けられるのが当たり前ではない世界を。当たり前になっていることが、時々とても悲しくなるのです。自分にとっては当たり前でも、あなたは、少数の人間に入るから普通ではない。と言われているように感じるからです。

インターネットの普及でLGBTの認知度も広がったかとは思いますが、日本での知名度は、まだまだとても低いと思います。たくさんの人が生きていて、たくさんの性格があります。十人十色というように、もっと変わった特殊な人ではなく、ああ、そういう人なのだなあと、ただ受け止めて普通に接してくれる人が一人でも増えたら、と願っています。

この記事で、はじめてLGBTという言葉を知った人もいるかもしれません。そんな方達の知るきっかけの記事になれば良いなと思っています。

自分たちと違う人間を受け入れるということは、メンヘラにも通じるところがあると思います。同じ病気だとしても症状が違ったり、様々な病名が、病気があります。それを完全には理解できないけれど、分かろうと、ただそう思うだけで、少し世界は変わるのではないかと、そう感じます。

 

■まとめ

いつか、今よりももっと、自分はこういう人間ですと言っても、そうなんだね、と当たり前のように会話できる世の中、日本が来ることを願っています。そしてマイノリティーで括らないで済むような日が来ると良いと思います。

とても難しいことではあると思います。しかし、インターネットの普及で、順応性が高くなった人もいるのではないかと思うのです。一気に変わらなくて良い、次第に変わっていけば良いと思うのです。とんだ綺麗事だと笑う人もいるかもしれませんが、わたしは、本気でそう思い、願っています。誰もが生きやすい世の中、それが理想です。理想にたどり着くにはたくさんの壁がある。しかしこの記事を読んでくださった、あなたが、ほんの少しでも今までと少し違う考えを受け入れてくださると良いなと思います。そうすれば、たくさんある壁の1つが消えるんじゃないかなあ、と。

どんな人でも、LGBT関係なくとも、素敵な人はたくさんいます。
そんなたくさんの素敵な人たちが繋がり、笑顔が今より多くなって欲しい。今、こんな景気の日本だからこそ。まだまだ若いみなさん、日々の笑顔を忘れないでくださいね。

それでは、今回は、おまえというAセクの人間から見る恋愛と、ちょっとした願いでした。

読んでくださった方々、ありがとうございます。
それではまた、このメンヘラ.jpでお会いできる日を楽しみにしております。

今日も笑顔多めの、ひきこもりニートの双極性障害、おまえ

 


【執筆者】
おまえ さん

【プロフィール】
20代無職メンヘラオタクで腐女子。あと乞食。
ひょんなことからメンヘライターに。躁鬱持ちは今日も今日とて生きてます。皆さんお薬ちゃんと、飲みました?
Twitter:@ideograph89

 


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


2 件のコメント

  1. 菜梨 返信

    お節介かもしれないし、既に同じようなコメントがあるかもしれませんが、LGBTのTはトランスジェンダーのTです。

    LGBTは性的志向の要素であるLGBと性自認の要素であるTが混ざっていて、分かりづらいですがアセクシャルは前者、性的志向に関するマイノリティに属します。

    今ではLGBT(レズビアン、ゲイ、バイ、トランスジェンダー)に含まれないセクシャルマイノリティも含め、LGBTsという呼ぶ方もいます。
    アセクシャルはsの部分に入りますね。
    こちらの呼称を使うのはいかがでしょうか?(個人的にはLGBとTを一緒くたにしてしまうLGBT及び、LGBTsの呼称は、勘違いや誤解を生むので好きではありませんが)

    もしかしたらあなたが性違和も感じていて、Tの要素も持ち合わせているのかもしれませんが、この記事の書き方ですと知らない方が見れば
    アセクシャル=トランス
    という勘違いの原因になる可能性もあります。
    訂正をお願いいたします。

  2. はちろう 返信

    20代男です。
    おまえさんの記事を読んで、子供の頃のことや、恋愛に対する考え(特に浮気など)について共感するところがあまりにも多く驚きました。
    自分も恋愛はいずれ勝手にできるもの…と思いつつ、今まで恋愛感情を抱かず生きてきました。一時期は女性ではなく男性が好きなのかと思った時期もありましたが、男性にも全く恋愛感情も性欲も出ませんでした(カッコいい男性に対して憧れの感情はありましたが)。
    友達と恋愛の話をして想像しようにも、味の無い飴をなめているようななんともいえないモヤモヤばかりで共感もできず…。
    自分はどこかおかしいのか、それともたまたま俺の好みに合うような人間に一切出会わなかっただけなのか、と考えてましたが、アセクシャルのことを知りなんとなくすっきりしました。

    とてもわかりやすい記事だったのと、共感することが多すぎて衝撃を受けたので、思わずコメントしてしまいました。

    こういったところにコメントするのは初めてなので、変なところがあったらすいません。

    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)