承認欲求を改善!自己肯定感養成ノートを作ろう!




皆さん、承認欲求って知ってますか?

多分、皆さん知ってるし持ってるし、それを持て余している人も多いと思います。私もその1人です。

承認欲求が大暴れして、恋人や友達に利用されてるとわかっていても付き合っていたりしてませんか?認めて欲しいがために誰かに縋ったりしてませんか?
私はそうでした。お金を取られても、陰口を言われても、暴力を振るわれても、恋人であると、友達であると、認められたくて、酷い目にあっても縋りついていました。

承認欲求を他人に求めるのは、自己承認が出来てないからだと、今の主治医に教えていただきました。自己肯定感が低いので自分を認められない。自分で認めてあげれないから、それを他人に求めてしまう。

他人に求め続けると、結局は自分を傷つけてしまうことが多くあります。ので、まずは自分で自分を認めてあげましょう。

……なんて急に言われも無理です。だって、今まで自分嫌いだ死ね!!!って思っていた自分を認めろとか無理に決まってんだろクソが!!!ってなると思います。

自分を認めるために必要なのは、自己肯定感を高めること。そのために何をするといいのか、というと自分を褒めてあげることです。ので、自分を褒めるクセをつけてみましょう。

そこでタイトルに戻ります。自己肯定感養成ノートを作ってみませんか?

自己肯定感養成ノートに何を書くか、というと自分ができたことや気づいたことを褒めまくります。
褒めることは何でもいいです。お風呂に入ったこと、歯を磨いたこと、夜に眠ったこと、疲れたから休んだこと、それ褒めること?ってこともガンガン褒めます。

書き方は

【自分がした、自分に起きた良いこと】【褒める形容詞】

です。

例を挙げると、

美味しくご飯を食べれたこと素晴らしい
疲れた時に休みを取ったのは良いこと
人に道を聞かれて教えてあげた私優しい

などなど。本当に簡単なことをドンドン褒めてあげちゃいましょう。

注意点は、きちんと出来た、ちゃんと出来たを意識しないことです。結果より経過を褒めましょう。出来たことはもちろん褒めていいけれども、出来なかったこともチャレンジしたことが偉い!など褒めていきましょう。

例えば、

・自傷してしまったけど、次どうしたら自傷せずにすむか、考えようとしているのは素晴らしい!

など、起きたマイナスなことでも、考え方を褒めちぎったりしましょう。

それから『毎日』、『手書き』で書くことです。継続して手書きで書くことで、脳に褒めるクセが出来ていくそうです。

いかがでしょうか?

私はこれを主治医に教えてもらい、書いている真っ最中なのですが、毎日続けることで少しづつではありますが、褒めるクセがついてきたような気がします。

毎日、一つでも、昨日と同じことでも全く問題ないので、試してみてはどうでしょうか?書いてみたら、作ってみたらその事を思いっきり褒めてあげてください!


【投稿者】
うつこ さん

【プロフィール】
メンヘラそろそろ10年目。
無職でお金が無いのに物欲だけはある。
Twitter:@shiushiussss
ほしい物リスト:こちら


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)