「ヘルプマーク」って知ってる?メンヘラでも使っていいんだよ


20161104_013831559_iOS


こんにちは、メンヘライターCyndiです。今回はヘルプマークについてお話をします。

目に見えにくい困りごとがある人が持ち歩くことで意思表示ができる「ヘルプマーク」。
東京都やその他6府県で頒布されているこちらのマーク、皆様ご存知でしょうか?

 

ヘルプマークって何?誰のためのもの?

「ヘルプマーク」とは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう(※1)、2012年に東京都が作成したマークです。

現在は東京都の他に、京都府・和歌山県・徳島県・青森県・奈良県・岐阜県・神奈川県でヘルプマークが導入されており、バッグチャーム型のヘルプマークが自治体の施設や駅等で無料配布されています。ヘルプマークの裏側には文字が書き込めるシールを貼り付けられるようになっており、所持者は裏側のメッセージを常に身につけられるようになっています。

東京都からは啓発のためのPR動画も作成・公開されていました。

このように、ヘルプマークは、全ての目に見えにくい困りごとを抱えた人のためのマタニティマークのようなものとして徐々に全国に広がりつつあります。まだまだ発展途上ではありますが、確実に認知度は高まってきています。

※1 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html

メンヘラも使っていい!もしもの時の意思表示をしよう

義足や人工関節を使っていなくても、このマークが役立つ人がいます。
そう、外出に何らかの困難を抱えているメンヘラの皆さんです。

「外出先でパニック発作を起こしたらどうしよう……」
「どうしても疲れやすくて長時間立っていられない……」
「いつトラウマがフラッシュバックするか分からなくて不安……」
「こういうときがあって、こうしてほしいんだけど……」

こんな風にもしもの時を考えて外出のハードルが高くなってしまっているメンヘラさんには、ヘルプマークにメッセージを書いて所持して出かけることを強くオススメします。

理由は2点。
1点目は、「もしも」の時の意思表示を自分ですることで、外出のハードルが下がり、安心感が生まれるから。
2点目は、実際に「もしも」の場面が来てしまった時に、周囲の人がヘルプマークを見て対処しやすくなるからです。

 

ヘルプマークをつけてみよう

それでは実際にヘルプマークで意思表示をしてみましょう。
バッグチャームの構造はこのようになっています。

表面:ヘルプマークの印が大きく載っている

20161104_014031167_iOS

ヘルプマークはシリコンのような素材でできており、水をはじきます。
ボールペンの大きさと比較すると、かなり大きめな作りになっていることが分かります。

チャーム部分:引っ掛けて留めるタイプ

20161104_013951661_iOS

留め具を穴に引っ掛けて留めるタイプです。
持ち運んでいて外れてしまうことはまず考えられないデザインになっていて安心です。

裏面:紙のシールを貼ってメッセージを書ける

20161105_021850000_iOS

(字が汚くてスミマセン!)
意思表示をするのは裏面です。バッグチャームと一緒に紙素材のシールが配布されているので、そこに自分でメッセージを書いてシールを貼ります。
チャーム自体は水をはじく素材ですが、シールは紙なので水濡れには注意してください!

 

ヘルプマークには「どんな時に何をしてほしいのか」を書こう

でも、いざヘルプマークを渡されても、何を書けばいいか分からない……
と言う方へ、参考までに私のヘルプマークのメッセージを解説します。

①うずくまっていたら助けてください。お願いします。
②私は不安障害です。発作でうずくまってしまうと、声が出ず、動けません。
③横になれるところまで連れていってください。
④(本名)
⑤連絡先:(電話番号)(母の名前)(母)

自分の困りごとと、配慮してほしいこと、緊急連絡先を書きました。
1つ1つ見ていきましょう。

①ヘルプマークを見てくれた方へお願い

「うずくまっていたら助けてください。お願いします。」
普通の人は、ただうずくまっている人と、不安発作を起こしてうずくまっている人の区別がつきません。しかし、私はうずくまるような状態の時には誰かに助けてほしいのです。
ですので、まず、私がどんな状態の時に助けてほしいのかを端的に書きました。

②症状・困り事の説明

「私は不安障害です。発作でうずくまってしまうと、声が出ず、動けません。」
①の状態の時に自分の中で何が起こっているのかを少し具体的に説明しました。
何が普段と違って何ができなくなるのか(してしまうのか)を記し、自分が助けを求めている時に一体どんな状態になっているのかを相手に理解していただけるようにします。

③してほしいこと

①や②の状態であることが相手から見ても明らかな場合、ヘルプマークを見た相手にどうしてほしいのかを端的に書きました。

④本名・⑤緊急連絡先

万が一のことがあった場合に役立つ情報です。

このように、メッセージ欄には「どんな時に何をしてほしいのか」を分かりやすく書いておくことで、もしもの時に相手に伝わりやすいヘルプマークになります。
(自分で症状を短い文にまとめることは、自分の症状を把握する練習にもなります)

 

自分はそんなに困ってないから、と遠慮してしまうメンヘラさんへ

「ヘルプマークがあったら確かに安心だけど、いつも席を譲ってほしいわけではないし……」
「私なんかがヘルプマークをつけてもいいんだろうか……」
とお悩みのメンヘラさんにも、私はどんどんヘルプマークを所持してほしいと思っています。調子がいい時は隠してしまえばいいからです。

私はトートバッグの持ち手にヘルプマークをつけて日々外に出歩いていますが、ヘルプマークはくるっと回してバッグの内側に入れ込んでしまうことがほとんどです。
いざ発作が起こってしまってうずくまってしまったら、その時に初めて周囲にヘルプマークをバッグから出し、周囲の人に助けを求めたいと思っています。

 

ヘルプマークの配布場所

以下をご参照ください。
東京都:東京都福祉保健局ホームページ
京都府:京都府ホームページ
和歌山県:和歌山県庁ホームページ[pdf]
徳島県:徳島県ホームページ
青森県:青森県庁ホームページ
奈良県:奈良県ホームページ
岐阜県:公表されていませんが、配布を行います。
神奈川県:公表されていませんが、配布を行います。

 

まとめ:ヘルプマークを「お守り」にして、メンヘラでも楽しく外出しよう

以上、目に見えにくい困りごとを抱えたメンヘラさんの外出時にヘルプマークがオススメです!という話でした。

現在は企業内でもヘルプマークのポスターが掲示されたり、Jリーグの試合のハーフタイムにヘルプマークのCMが放映されたり等、ヘルプマークの啓発活動が行政・民間問わずどんどん進んでいます(詳細は企業・事業者向けホームページをご覧ください)。今後はヘルプマークもマタニティマークのように認知されていくことでしょう。そしてメンヘラの皆さんはぜひそれをうまく利用してください!

ポイントはヘルプマークを「お守り」だと思って、重く捉えすぎないことです。
もしものことがあっても誰かがヘルプマークを見て助けてくれるから大丈夫!と、胸を張って外出しましょう。

この記事がもしお役に立ちましたら、Amazonほしい物リストからこっそり何か送ってくださるととっても嬉しいです!

*あわせてご覧ください*
ブログ『CindⅢ site』:http://cind-three.hatenablog.com/
Instagram: @ship.ala.night


1 件のコメント

  1. つむぎ 返信

    静岡県でヘルプマークの導入の検討が始まったそうです。
    早く、持ってないという一択から持っている/持たないの選択肢が選べるようになってほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です