髪の毛を抜くのがやめられない 「抜毛症」という隠れた自傷行為


bfc4d40eb79d001a11486a3f022a5189_s


すみそと申します。

私は自分のことを「自傷しないタイプのメンヘラ」だと思っていました。

腕を切ったり、大量に薬を飲んだりは、したことがない。

でも、それだけが自傷行為ではなかったようです。

最近気づいたのですが、私は小学生の頃から「抜毛症」という病気でした。

ちょっと珍しい疾患なので、wikipediaの記述を引用しておきます。

抜毛症(ばつもうしょう、Trichotillomania、トリコチロマニア)とは、正常な毛を引き抜いてしまう性癖によって脱毛斑が出現する精神疾患。抜毛癖(ばつもうへき)[1]とも呼ばれ、また主に頭髪を引き抜く症例が目立つことから禿頭病(とくとうびょう)とも呼ばれる。DSM-IVやICD-10では、衝動制御の障害に含まれる。本人が全く自覚せずに、無意識のうちに抜いている場合もある[2][1]。 人によっては症状が5.6年経っても治らない人もいる。

(引用:抜毛症 – wikipedia

簡単に言ってしまえば髪をぶちぶち抜くのがやめられない病気です。原因はストレスとか言われてますがいまいち分かってません。抜いている間はハゲるとか気にせずぶちぶち、あるいは気にしつつもやめられずふと我に返ってハゲになった箇所を見て自己嫌悪、以下ループ。

これ、自傷行為なんですって。

何故他人事のように書いているのかというと、私の奇行は抜毛症というれっきとした病である事、髪を抜く事が自傷行為だと捉えられている事を知ったのは20歳を過ぎた頃だったからです。

自分は「自傷をしないメンヘラ」だと思ってた。

でも自傷しないどころか自傷10年選手だったんですよ。

聞いてないよ。

精神科の先生も教えてくれなかったよ。

その結果が立派な落ち武者だよ。

「私ハゲなんですよ」と言われて生き辛さを理解、共有出来る人なんて中々いないでしょう。自傷画像を見せるのはそもそも褒められた行為ではないけれど、リスカ画像見せて慰めあえるのにハゲ画像ではそれが出来ない。ましてや自ら髪を抜いているなんて言えない。抜毛症は自覚症状を持ちにくい上に、気持ちを共有する仲間も持ちにくい病気だと思います。

いまも毛を抜きたい衝動と葛藤している方、読者の中にも居るのではないでしょうか。筆者もそうです。なのでもしこれを見た同じく抜毛症の方には、衝動と戦っているのは自分1人だけじゃないと思って頂ければ幸いです。

最後に。

髪はあった方がいいです、マジで。


【投稿者】
すみそ さん

【プロフィール】
ウィッグが必需品の落ち武者。最近白髪の固さと伸びの早さに感動

twitterアカウント @8sumiso2


The following two tabs change content below.
読者投稿コーナーに応募してくださったみなさんです!

3 件のコメント

  1. 返信

    私も抜毛症なのでひとつだけ、筆者さんにありがとうございますとお伝えしたいです。

  2. サツキ 返信

    小学生の頃髪の毛抜くのが癖になってしまい頭の後ろが10円ハゲになってて母親に心配されたのはそういう事だったのか。
    あの頃から自傷癖があったとは…

  3. なつ 返信

    私は抜毛症と食毛症があります。
    まさか抜毛症が自傷行為だとは思ってなかったです………。
    知れただけでも少し安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です