メンヘラ彼氏と付き合ってしまった時の対処法




「メンヘラ・サディスト・バンドマン」というのは今や地雷男の代名詞と言えるでしょう。

しかしどういう因果なのか、そういう人種に憧れてしまうサブカル系女子という生き物も、また存在します。今回はそんな人のために「メンヘラ彼氏と付き合うときの注意点」とつらつらと書き綴っていこうと思います。もし何か疑問・質問・抗議・誹謗中傷等ありましたらTwitterの@dwish226までどうぞ…

 

メンかのデビュー!

長年の片思いが叶って、好きだったあの人(メンヘラ)に告白されて、まあいろいろあってあなたはメンかのデビューを果たします。おめでとうございます(パチパチ)。

しかし、あえて申しますとメンヘラ男と付き合うのは想像以上に面倒くさいというか、辛いです。この先は禁じられた茨の道、みたいに表現するとむしろ俄然燃えてくるようなタイプなのが貴女かとも思いますが…。

まぁキャパオーバーになって、うつ病とかにならないようにだけは気を付けてください。

お大事に!

 

メンヘラ彼氏の習性

あなたの愛するあの人、つまりメンヘラ男子には「習性」とでもいうべき、いうなればヘンなところがあります。そこを何とかケアするのが最初のあなたの仕事です。頑張ってください!

まだ付き合って日も浅いうちは、メンヘラ男子な彼の中には「もしかしたらすぐ嫌われてしまうかもしれない」とか「すぐ飽きられて捨てられるかもしれない」みたいな不安が多くの場合存在します。たとえば、「私の彼氏、毎日『今日何してたんだ』とか尋問みたいなこと言ってくるの」みたいなのはこういう不安の現れです。

こういう時の対処法ですが、メンヘラといっても人それぞれなのでこうすれば確実!みたいな手段はありません。とにかく安心させてあげてください。もしどうしようもない…と思ったら、そうですね、諦めましょう。

 

メンヘラ彼氏の生態

見事に彼の不安をなだめたそこのアナタ、よくやりました!

そうするとメンヘラは次の段階に移行します。彼の中の不安は「僕の彼女は絶対に裏切ったりしない」という確信に変わります。なぜならそうすることで不安を心の内からポーイと消し去ることができるからです。臭いものにする蓋、それが「絶対に裏切ったりしない」確信です。

この段階になるとあなたの彼氏の態度がだんだん雑になってきます。だって「絶対に裏切らない」のですから。別に目をかけなくてもいいというわけです。一体何様のつもりなんでしょうか。

しかし、「絶対に裏切ったりしない」というのはあくまで耐え難い不安への蓋に過ぎません。いくら彼氏の態度が雑だからといって変なこと、例えば他の異性と出掛けたり(2人きりでなくとも)しようものなら、ものすごく文句を垂れてきたり、場合によってはキレたりDVになったり…なんてことも。

でも大丈夫です!対処法は簡単。こんなに面倒くさい人とは別れてしまいましょう!

 

どうしても別れられない人のために

こんなことになってもまだ別れられないのですか。物好きな人ですね。そんな人へひとつアドバイスです。

こう考えてみましょう、そもそも、どうしてあなたは彼との関係が断ち切れないのでしょうか?「彼、私がいないとダメみたいだから…」なるほど、もしかしたら負の瘴気に当てられて共依存になっていませんか?

共依存とは英語で’co-dependence’といいます(だからなんだ)。定義はざっくり言うと「こんなダメダメな彼を助けられるのは私しかいない」と思い込むことです。これは大変危険な考えで、場合によってはあなた自身がすでにメンヘラに片足を突っ込み始めている可能性もあります。

本当に「こんなダメダメな彼」を助けられるのはあなただけですか?彼には他の人間関係はないのでしょうか?他にも女性関係があったりしませんか?なによりも、あなたは今のこの関係に耐えられていますか?

共依存にハマると抜け出すのが難しくなります。もしかしたら…と思ったらさっさと別れましょう!最初のうちは躊躇いもあると思いますが、別れても別れなくても辛いなら別れたほうがマシに決まってます。勇気を出しましょう。

 

メンヘラ彼氏の暴走

さて、めでたくメンヘラ彼氏と別れられたあなた。しかし、彼はこの裏切り行為に対して様々なアグレッシブな反応を示すかもしれません。例えば、怨念のうように延々とLINE・メールを送り続けたり、SNSであらぬ中傷記事を載せたり、最悪の場合殺害予告をしてくるかもしれません。

しかし、諦めてはいけません。延々と続く怨嗟の声はとりあえずスパブロしたり受信拒否設定をしたり、SNSとかは名誉毀損・脅迫罪で訴えるぞとかすれば相手は黙ります。まあ、とりあえず相手にしないこと、無視し続けることが無難だと思います。

ところで、もしあなたの元カレ(メンヘラ)が「こんなこと本気でいうわけ無いだろうははは」みたいな思考の持ち主だと事情は少し変わってきます。彼は怒りを爆発させることはないでしょうが、事態は悪化します。察しが良い方なら分かるかもしれません。そうです、ストーカー化します。これは付き合いが長ければ長かったほど泥沼化します。よほど悪質であれば、警察に被害届を書いてしかるべき施設に入ってもらいましょう。

アドバイスがあるとすれば、警察に届けることを躊躇わないでください。ストーキング行為はれっきとした犯罪です。同情の余地はありません。彼のせいで不幸になる必要はどこにもありません。どうか、あなたが幸せになれますように…。

 

なぜメンヘラ男子の私がこんなことを書くのか

ところで、こんな文章を書いている私はメンヘラを自称するメンヘラ男子です。どうしてそんな私がこんな記事を書いているのか、気になった方もいるかもしれません。

実は、僕もかつては上に書いているようなメンヘラ彼氏でした。今まで付き合った元彼女たちにはすごく迷惑をかけてきたと今では思います。詳しくは書きませんが、思い返すたびに申し訳無さと自分の未熟さで泣きそうになります。

実際にはメンヘラの方とうまく付き合っている人もいます。しかし、ほとんどの場合は双方ともに精神的・身体的に疲れ果ててしまうケースが多いのではないかと思います。なぜなら博愛心だけで、はメンヘラと付き合うことは出来ないからです。どうして精神科医や心理カウンセラーがいるか分かりますか?メンヘラとはそれだけ特殊な人達で、それゆえ専門知識や特殊な面接テクニックが必要になるからです。

だから僕は一貫して「メンヘラ男子とは付き合わないほうがいい」と言いました。もちろんあなたが専門知識とテクニックを持ち合わせているならばその限りではありません。しかし、大多数の人はそんなことを知らずにメンヘラの「わけの分からなさ」と対峙しているはずです。このことは社会の中での精神障害者への理解があまり浸透していないことに原因があると個人的に思っています。これ以上誤解やそれによる憎悪が広まるくらいなら関わらないほうが無難です。

少し極端になってしまいましたが、僕はそういうことが言いたくて、また自戒を込めてこの記事を書きました。この記事を読んで、どう思うかは読者の自由な考え方に委ねたいと思います。


【投稿者】
たまがわ さん

【プロフィール】
玉川上水からどんぶらこって流れてきました。Twitterで色々やっております。詳しくは@dwish226を見てください。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)