はじめての精神科 受診を考えてるひと向けのQ&A


84cda44087137601f7e43e3f5ee2b762_s


こんにちは、ふぇにたんと申します。

はじめて精神科に行った時、わたしの心はドキドキで、様々な不安や疑問ありました。この記事では同じような「はじめての精神科」に悩む方に向けて、少しでも疑問や不安にお答えできたらと思います。

 

①本当に病気かわからない。なのに精神科に行っていいの?

精神科で扱う病気は、目に見えない心の病気です。
そのため、素人にはなかなか病気かそうでないかの判断が難しいと思います。

でも、あなたが精神科に行きたいと思うほど追い詰められたり、辛かったり、なんらかの精神的な部分から来ているであろう症状に困っていたりするならば、精神科にいってもいいと私は思います。

これはのどが痛ければ内科に行く、腰が痛ければ整形外科に行くのと同じことです。単に痛みの発信源が「心」という目に見えないものだから、行っていいのかと戸惑ってしまうだけです。

もし仮に精神科に行って、「病気ではない」と診断されても、ほとんどの先生は怒ったりせず、今のあなたの心の痛みに合ったアドバイスや治療をしてくれます。もちろん病気なら、その病気の種類や深刻さにあった治療をしてくれます。

心の痛みは目に見えなくとも立派な痛みです。

なので痛みを感じたら、躊躇わず、とりあえず病院に行ってみましょう。

 

②薬漬けにされるんじゃ、、

私はあまり薬に対して抵抗がありませんでしたが、このように感じる方もいるかと思います。もし精神科の薬に抵抗があるなら、初診の時に「あまり薬は飲みたくない」と言ったり、「薬漬けにならないか心配だ」という旨を伝えれば、病院の方でも希望に沿った対応をしてくれます。

例えば薬をなるべく減らしてくれたり、代わりに漢方を出してくれたり、心理療法などの薬を使わない治療を紹介してくれたりと、対策は色々です。むしろ強い薬で薬漬けになるどころか、私のように弱い薬しか出してもらえずなかなか眠れずに困ることもあります。「精神科に行くと薬漬け」というのは一部の極端なイメージだと思います。

もし、異常だと感じるほどたくさん薬を出してくる医師に当たったなら、セカンドオピニオンを受けるなどしてその投薬が妥当なのかどうか他の医師に判断してもらいましょう。その結果、転院という選択肢をとることも可能です。治療は医師との信頼関係が大切だと思います。

 

③メンタルがどん底すぎて病院に行く気にもなれない

そういう時は無理せずに休んでおきましょう。そのかわり、その時の辛さや休んでいる時間帯、長さ、辛かった症状などをメモしておきましょう。メモさえ辛ければなるべく覚えておくようにするだけでも良いとおもいます(これは沈んだ時だけでなく調子のいい時やなにか心身に変化があった時もしておくといいです)。

そしてその後、少し調子が良くなり病院に行けるくらいになったら、医師の当時のメモを渡したり、辛かった時のことを話しましょう。精神科は基本的に患者からの情報でしか診断が出来ないので、このようにしっかり情報を伝えることが適切な治療に繋がります。

 

④精神科の費用ってどのくらいかかるの?

私の今まで行った精神科では、初診が4000円弱、普段の診療が2600円位です。未成年は金額が少し加算されるらしいので、未成年でない方はもっと安いかも知れません。

金額の点は私の通うところより安い所も高いところもあると思うので、一度病院の方に問い合わせてみるのも良いと思います。でも基本的にそこまで多額の費用はかからないと思っていいでしょう。

 

⑤先生やスタッフの人がどんな人が不安、、

私は過去何回か引っ越しを経験した関係から、複数の違う先生に罹ってきました。
その経験から、医師も人によって色々だなぁと思います。

でもほとんどの先生が穏やかで、「うんうん」と私の辛さに耳を傾けてくれましたし、病状がよくなると一緒に喜んでくれ、悪くなると悲しみ対策を考えてくれる、癒し系の先生でした。

もちろん少数ですが、少し威圧的な先生や怖い先生、あまり話を聞いてくれない先生、決めつける先生もいました。自分が嫌だなと思う先生は、通っていてもなかなか病状は良くなりにくいと思います。

だからそのような時は病院を変える、または出来るなら先生を変えてもらいましょう。先生や病院を変えるのは少し抵抗があるかもしれませんが、「通院にかかる時間の関係で〜」と言ったり、看護師さんや受付の人に伝えるなどすればなるべく負担を感じずに転院できると思います。

ちなみに受付の人や看護師さんは普通の内科などの病院と変わりません、むしろ皆穏やかで優しい雰囲気の方がほとんどなので、ここは心配いりません。

 

まとめ

精神の病気は、目に見えない心の痛みを扱います。なので「本当に病院に行ってもいいんだろうか?」と通院に抵抗を持ったり「他の病院と違うんじゃないか」と不安を感じたりする方も多いと思います。

しかし実際に行ってみると、拍子抜けするほど普通の病院と変わらないですし、先生も優しいです。私の場合、精神科に行かず、心の痛みを放置していたら今よりずっと辛かったと思います。

精神科に行くことで、今の自分の心の状況を客観視してもらうことができ、自分にどのような休養や治療が必要なのかをプロから教えてもらえ、自分の心の状態をよりよく知ることができます。

「精神科に行ってみたいけど抵抗がある」という方が、この記事を見て少しでも楽になってくれたらうれしいです。


【投稿者】
ふぇにたん さん

【プロフィール】
小学校から不登校を経験し、今は高校一年生。精神科通院5ヶ月目にしてメジャーデビュー(エビリファイ)しました。好きな食べ物はレキソタンとエビリファイです。

Twitter : @pheni_bzd


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


The following two tabs change content below.
読者投稿コーナーに応募してくださったみなさんです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)