双極性障害の寛解とは?私の診断と現状とこれから


1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s


はじめまして。メンヘラ.jp愛読者のsyyと申します。
推し記事は「鬱という台風に備えよう」です。

むずむず脚症候群という聞き慣れない病気を患っています。それと、不安障害、うつ病と診断されて6年ちょっとののち、最近になって双極性障害Ⅱ型に病名が変わりました。その間転院2回。

 

■双極性障害と診断されるまで

医者が精神状態を悪くして、受診しようとしたら突然閉院のお知らせが張り出されてたのが1回目の転院。まぁまぁ深めに手首を切って、血が止まらないと泣きながら心療内科に行ったら、外科に送還されつつ「僕じゃ面倒を見きれない」と紹介状を手渡されたのが2回目の転院。

そしてその日は突然訪れました。

医者「双極性障害って知ってる?躁うつとも言ったりするんだけど。それのⅡ型だと思うんだ。ググってみて?きっと当てはまる項目たくさんあると思うよ」

えぇ〜!?!? 医者が、ググれとか、言う〜!?
若い先生ならまだしも、60代ですよね……?いや、それは偏見か……?
ネットって間違った情報もたくさんありますよね!?そういうのに惑わされないために医者から説明すべきなんじゃないですかね!?

そんなことは言えるはずもなく、診察が終わってからすぐググり、ようやく決心がついた2回後くらいの診察で、「当てはまりすぎました……双極性障害かもしれません……」と申告し、無事双極性障害Ⅱ型になりました。

双極性障害と診断されてから思い返せば、思い当たる躁エピソードは多くて、特に私は躁状態の時の浪費癖が尋常ではなく、過去のリボ払いに呪われながら生きています。カード審査通りません。

双極性障害といえばメンヘラ.jpではおまえさんの記事がたくさんありますね。
ちなみにこの記事を読んで光トポグラフィーをやりたいと医者に申し出たところ「値段が高いし僕はあまり信用してないので」と断られました。

 

■双極性障害の症状 ~私の場合~

私の場合、躁状態の時は脈がはやくなり(本当にはやいのか、そう感じるだけなのかわかりません)、脳内麻薬がドバドバ出る感じがします。いつもより視力が良くなる気がしますし、無意味にバンザイしたくなります。気持ちが浮かれて楽しいばかりかというとそうでもなくって、心臓が動きすぎて死にそうに思えます。脳の動きに体がついていけないのか、滑舌が悪くなります。

診断が変わってから、お薬も変えたんですけど、より双極の波が酷くなってる気がします……。あ、でも、自傷とかしなくなったから、それは効いてるのかな。

うつの時は皆さん同じような感じでしょうから割愛で。笑
死ぬのは怖いけど、苦しくて死にそうな気持ち。なにもかもやりたくなくて誰にも会いたくない。体感的に躁3日うつ6日くらいの周期で行ったり来たりしているでしょうか。うつの時は躁が来るなんて信じられないくらい闇の中ですけれど。

 

■双極性障害を持ちながらの仕事

大学中退後、今はなんとか必死で週5日フルタイムの事務をしています。躁うつは本当に厄介で、うつのときは気持ちが落ちすぎて集中できずミス多発、躁のときは集中できるものの全てにおいて乱雑になってしまうので結局ミスばっかりです。

会社の人には病気は打ち明けてません。同年代の子がいい感じにメンヘラなのでその子には軽く話してますが(ありがたい)。会社の理解があるというよりは、全員の個性が強すぎて見逃されている感じです。そういう個性を持った子なんだなと思われてると思います。幸運なんだと思います。

体も精神も悲鳴をあげているけれど、これ以上の職場環境に出会えないのではないかという不安から辞められません。

 

■診断と治療とこれから

双極性障害と診断された時はかなりショックでした。まぁ、自分でもそうじゃないかなーとは思ってたんですけど。

今まで「調子いいとき」と「調子悪いとき」だったのが、「躁」と「うつ」だったなんて。今まで調子のいい時と悪い時を繰り返しながら良くなっていってるって疑わなかったのに。今までの治療はなんだったのか。

それから、躁のときはとにかく浮かれた自分を押さえ込み、行動を抑制して周りに迷惑をかけないようにしています。うつのときは落ち込む気持ちをどうにかやりすごし、ネガティブは病気のせいだと言い聞かせて。そうやって過ごすうちに、「私」ってなんなんだろうと、わからなくなりました。躁やうつに左右されない自分の考えや感情ってどこにあるのか。

双極性障害の治療のゴールってなんなんでしょう。寛解ってどんな状態なんでしょう。躁うつの波を穏やかにすることでしょうか。認知のゆがみだということは承知の上ですが、心がどのような状態でも間違っていると否定されている感じがします。この認知のゆがみがなくなり、双極性障害が寛解したら私はどんな考え方をしてどんな風に生きているんでしょう。まだ、想像すらできません。

対症療法的にお薬を飲んで、グズグズの体調のまま仕事を続けてる今の状態が良くないことはわかっています。治療に専念しないといつかは破綻するんだろうなと。でも、わたしは、一般社会に属す最後の砦である「会社」を辞めることができません。「辞めたい」と申告して、仕事を探して、今までの仕事の引継ぎをして、という辞めるまでに起こる環境の変化がしんどくて現状維持を選択し続けてしまいます。

 

■おわりに

今は自立支援しか利用していませんが、今後障害者年金やお手帳などを申請していけたらなと思っています。金銭的な保証が生まれれば辞めて治療に専念しやすくなるかな?という考えです。あと、最近わたしの住む地域の交通機関にお手帳割引が導入されたので、通院の負担が軽くなるかなと。

それと、医者に現状報告するのがあまりに下手すぎるので、カウンセリングも受けたいなと思ってます。いま週5で仕事があって平日は通院できないので、なんとか週4とか3に減らして治療に当てる時間を増やしたい……。

私みたいに、仕事や学校など、一般社会を辞めたいけど辞められない人たちに向けてリアルタイムに発信できたらと思います。辞められた人の体験談とか見ても、私は「この人は辞める才能があったんだな」と受け止めてしまうので。苦笑


【投稿者】
syy さん

【プロフィール】
20代半ば。社会人になってついたあだ名は「メレンヘラー(心優しいメンヘラ)」。メンヘラ2人でシェアハウスして生活中。
Twitter:http://twitter.com/lovers16g


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


The following two tabs change content below.
読者投稿コーナーに応募してくださったみなさんです!

2 件のコメント

  1. 愛蘭 返信

    これ以上の職場環境に出会えないんじゃないか。それ、分かるなー。辞めるまでに起きる環境の変化が怖いというのも。そう思ってコメント残すことにしました。
    私自身、辞めたいけど辞めたくないけど辞めたい、みたいな感じです。こんないい環境なのにと思う一方、続ける自信がもてなくて。
    syyさんの記事を読んでいたら、ふと、会社という所属があることで、ある意味での安心感が得られているのであれば「辞めることができない今の自分」も正解なんではないかと思えてきました。自分を客観的に見られたのかも。ありがとうございます。

    専門家ではないし自分にも不安定なところがあるので人になにか言える立場ではないのですが、思うに
    「自分の状態を受け入れる(認める)」のがゴールかもと思います。自傷しても自殺未遂してもいいと言うことじゃなく。他人より波がありすぎるのが自分なんだな、とか、ミスばっかなのが自分だなって思えるって意味です。そう思えたら、その部分をカバーしようと自分なりの対策たてられるかもしれない。
    的はずれかもしれないですけど。
    今は閑散期のせいか落ち着いているけれど時々、抑うつ状態になる20代半ばの人より。

  2. 通りすがり 返信

    初めて精神科にかかったとき、私は双極性障害なんじゃないか…と思ってました。だけど、診断結果は気分変調症だった。
    ただし、自傷行為があるのでバルプロ酸服用。
    それから、気分が安定したので勝手に投薬中止(厳密に言うと病院に通う程休めなかった)
    7年経過してまた酷くなって心療内科来たら、過去に躁エピソードがあったか?(いきなりこうは聞いて来ないのですが、聞いてくる内容で躁エピソードを聞いてるな!?と思った)
    これからドクターと話しますけど、多分双極性障害なんでしょうなぁ。。
    生活リズムを…とか言われても、私の今の仕事は生活リズムがぐちゃぐちゃだから、完治するのかなぁ…と不安に陥ってます。。
    あと、同感したのは、躁状態もうつ状態も病気だとどこが本当の「私」なんだ!?ですよねぇ。
    というわけで私も頑張ります…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)