宙ぶらりんな私の病識 双極性障害を受け入れきれない


f0360ca33253070b5e482d262a0297fc_s


メンヘラ.jpをご覧のみなさま初めまして。
メンタル拗らせながら自宅療養と言う名のニート生活中、20代女、こむぎこです。

投稿しときながら言うのもなんですが残念ながらユーモアのセンスとか壊滅的なので堅苦しいかもしれないです。それでも誰かの暇潰しにでもなったら良いなーなんて。

いきなりですが私は自分自身が「メンヘラ」というものに属しているか否か自分でも未だに受け入れきれていなかったり、やっぱりそうだと思ったり、日によってマチマチです。

ここに投稿されている方々はきちんとご自身の障がいと向き合ったり、対処できていたり、私より一歩も二歩も進んでいる方が多いような気がしました。

だからこそ、ある意味宙ぶらりんで、メンヘラをまだ受け入れきれていない私もいるぞ~それでも何とか生きてるよ~死にてぇ~何とか前向こうとしてるぞ~おえぇ~

……という、宙ぶらりんな双極の私のお話です。メンヘラ.jpなのにこんな滑り出しで良いのかな。笑

今から遡ること十余年。
始まりは中学生の頃、思春期真っ盛りに少しずつメンがヘラり出します。

しかしこの頃から高校を卒業しフリーターになり一人暮らしを始めるまで精神科にかかることはありませんでした。

死にたい気持ちも自傷を繰り返すのも中二病、ただの甘えなんだとずっと思っていました。というか正直今でも思います。

早いものでメンがヘラり出してから10年くらいの時が流れ、ちょっともうこれ無理じゃね??とようやく精神科に助けを求めました。

病院でザックリ経緯を話し、様子見の安定剤をもらい、働こうと頑張りましたが駄目でした。晴れてニートの仲間入りです。うわぁい。そして、特別聞きもしなかったし聞かされなかったので自分の病名はずっと知らないまま薬貰って飲んでました。笑

当たり前ですがニートはお金がありません。医療費を削らねばならん。色々調べました。自立支援医療の存在を知りました。ありがとうグーグル先生。ありがとうスマートフォン。

で、私も自立支援を受けられないかと医師に相談しました。
(診断すらされて無いのに大丈夫なんだろうか…)と思いながら勇気振り絞ったのに返ってきたのは

「OK、じゃあ次の受診までに診断書用意しとくね~」とまあアッサリ。私の緊張返して欲しい。

次の受診で貰った診断書でようやく自分が双極性障害Ⅱ型だと知りました。

双極って診断されたことに驚いていますが過去を振り返ると否定もできない。最近でも思い当たるフシは何となくある。

でも疑う気持ちも消えず、自分でも処理しきれない部分もありますが、何年も「甘え」「弱いから」「何で?」と思っていた不調やアレコレの理由がようやく見つかった気がしました。

日常に出来ないことが沢山あっても、少しだけ、仕方ないと思えた。
半面、障がいがあると認めたくない、人並みになりたい、普通になりたい、そう思う自分もいます。

まだ感情の波をコントロール出来てなくて、薬も模索中です。お風呂もたまにしか入れません。家事も出来たり出来なかったり。元気だと思ってたら突然不安に襲われます。

明日の自分が元気かわかりません。でも何とかやってます。

似たようなメンヘラさんに、何となくでも「ひとりじゃないかも」って、「こむぎこってメンヘラも何とかしようとしてるらしいな、こんなやつでも生きてんだな、へぇ」と、届いていたりしたら良いなと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


【投稿者】
こむぎこ さん

【プロフィール】
20代女性、ニート、診断を受けたのは割りと最近ですが双極性障害Ⅱ型と診断されました。


The following two tabs change content below.
読者投稿コーナーに応募してくださったみなさんです!

1 件のコメント

  1. ノンノ 返信

    こむぎこさん、初めまして、読ませて頂きました。中2病って反抗期ですね…でもあなたは違う形ででたみたいですね…私は50代主婦、同じくメンヘラ、多分2でしょう。子供2人います。人生こんなになるなんて思っていなく苦しんでいます。受け入れ難いです、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です