衝動性がヤバいメンヘラは、クレジットカードを捨ててデビットカードに変えよう




「借金だけは絶対にするな」

これは我が家の父(ADHDにして身障者2級)の教えであります。

・家や車は一括で買えないなら買わない
・クレジットカード不可

というのが我が家ルール。でもカードがないと通販などの支払いが不便ですよね。家の中で買い物がしたいひきこもりにはつらい。

なので今回は、カードはカードでもちょっと例外なデビットカードのお話をしようかなと思います。

 

■そもそも、クレジットカードとメンヘラは相性がよくない

まず「クレジットカードとはなんぞや」という方のために、ざっくり説明します。

1.基本的に、安定した収入がないと作れない(審査がある)
2.収入に応じて毎月銀行から借金ができて、どこでも気軽に使える
3.預金額よりも大きい金額の買い物ができる
4.一括払いなら手数料は無料。分割払いは手数料がかかる
5.入会金が必要になる場合もあるが、ポイントや還付金で得する場合もある

ここまで読んでいかがでしょうか。

躁状態になってついコンビニで散財するみなさん、衝動性が抑えられずついHMVで中古CDを買い漁るみなさん、セールをしているからとプライムセールやZOZOTOWN・ネットスーパーで通販をするみなさん、そんなみなさんにとって非常に危険なカードであることがなんとなく想像つきませんか?

ちなみにわたしのクレジット限度額は月20万円(収入は月10〜15万円)ですが、22日現在限度額いっぱいいっぱい使ってしまい、来月11日までカード使えなくなりました。なんてこったい!

 

■どうしてもカードを使いたい!デビットカードのススメ

では、そんなみなさんにデビットカードについてざっくり説明します。

1.銀行口座を持っていれば安定した収入がない人でも作れる
2.提携している店舗において、口座に入っている金額内で買い物ができる
3.借金ができないため身の丈に合った買い物しかできない
4.一括払いのみなので手数料がかからない
5.入会金は基本不要。ただしポイントや還付金は少ない

わたくしは大学時代からスルガ銀行にお世話になっていてVISAデビットを使っているのですが、先日年金をクレジット払いにする必要が生じたのでクレジットカードも取得しました。それでクレジットカードとデビットカードの違いに気づいたのです。

ちなみに私の買い物のしかたは、ローゼンメイデンの主人公のように沢山通販してちょっと買って沢山返品というものなのですが、この買い物のしかたとクレジットの相性が悪いのなんの!

実際にどちらのカードも使ってみて分かった違いをざっくりご紹介します。

■クレジットカードとデビットカードの違い

1.お金が引き落とされるタイミングが違う
2.お金が返金されるタイミングが違う
3.1年間に利用した額に応じて貰えるポイントの倍率が違う
4.クレジットはカード会社に連絡して一括払い手続きをしないと、返済手数料を取られる
5.デビットは即時引き落としなので、残高が足りないとその場では買えないことがある

特に1と2が衝動買い&衝動返品をせずにいられない人間にとっては非常に不便です。おまけに4を忘れると、いつのまにか実際の買い物以上に手数料を取られることになり、忘れっぽいシングルタスクのみなさまには非常にめんどうなシステムと言えます。
逆に5は不便といえば不便ですが、衝動を抑える物理的なストッパーになってくれます。借金してでも買いたい?それは、うん、ご利用は計画的に。

銀行預金は資産ということになってしまうので生活保護を受けている方には勧められませんが、例えば20日で50万円使い切るなど「自分の衝動がやばい」という自覚のある方には、ぜひクレジットよりもデビットを勧めている次第です。というか、かなり返品もしているから20万円も使ってないはずなんだけどなーおかしいなー。

では、本日はこれにて。失礼いたしました。


【投稿者】
minami さん

【プロフィール】
お手帳とりたて、20代フリーター。
新卒で正社員になるも、大人の発達障害発覚からの適応障害で退職。
飲食、風俗、教育、人材、いろんな業界をつまみ食いしながら生き方模索中。
Twitter:https://twitter.com/sud_du_shonan/


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)