「死にたい」と検索したら「死んではいけません!」と言われるのが嫌だった

men1

現在Googleで「死にたい」と検索すると、まず最初に目につくのは「こころの健康相談」の電話番号。

次に出てくるのが自殺問題に取り組むNPO法人の連絡先で、3つ目が「死んではいけません!」みたいな内容の個人ブログ。

とりあえず「死にたい」と検索窓に打ち込むと、全世界から「死んではいけません!!!!」と絶叫されるのが2016年の現在の日本語ウェブの状況らしい。

 

当たり前の話だが、「死にたい」というキーワードは「検索」ではない。

「死ぬ方法」ならわかる、検索だ。「死にたい気持ち うつ病」も検索だ。検索とは何らかの知識を得ようとする行為であり、よって当然すべての検索には(曖昧な場合もありうるが)目的というものが存在する。

 

しかし、繰り返すが「死にたい」は検索ではない。

それは単なる感情の吐露だ。知識を検索することを目的とした文字列ではない。どこにも吐き出せない感情が、検索エンジンの検索窓という虚空に表出したものだ。

つらい感情を抱えつつも、それを友人や知人や公的機関に吐露できない者だけが「死にたい」と検索エンジンに打ち込む。

現在、Googleという虚空に「死にたい」という言葉をぶつける者は、日本だけで1日約25万人存在する。

 

ところで皆さんは検索窓に「死にたい」と打ち込んだことはあるだろうか。

毎日25万回「死にたい」と検索されていることを考えれば、1年間で9125万回も検索されているわけで、意外と国民の8割くらいは検索したことあるのかなと思わないこともないのだが、一部の人がめちゃくちゃ検索しまくっているであろうことを考えると経験者数はこの1/30、300万人くらいになるのだろうか。

ちなみに僕は概算300万人くらいのうちのひとりであり、かれこれもう30回くらいはGoogleに「死にたい」と打ち込んだことがある。

とりあえず身体が動かす指くらいしか操作できない時、指しか動かないので大抵スマホをいじっているのだが、ソーシャルゲームもSNSも全くやる気が起こらず、とりあえず画面を見つめているうちになんとなく検索窓に「死にたい」と打ち込む。

この時ぼくは何も考えておらず、完全に自動で指が動いている。恐らく独り言のようなものなのだろう。インターネットにあまりに長くハマりすぎると、口を動かすよりスワイプで文字を打つ方が楽になるのだ。

そして「死にたい」と検索すると、「あなたはかけがえのない、大切な存在です」だの「日本の自殺・うつ問題を解決したい」だのの文言が目に飛び込んできて、なんとなくイラッとするのである。

これはメンヘラならわかると思うのだが、「死にたい」という独り言は「私は今すぐ自分の生命活動を停止させたいです」という意味の言葉ではない。

「つらい、きつい、だるい、身体が動かない、仕事したくない、学校いきたくない、恋人と別れてつらい、自分が嫌だ、もう酒をやめたい」

そんな感じの「負」の感情が、言語化できないまま脳の中を駆け巡り、臨界を超えたとき出てくる言葉が「死にたい」という言葉だ。なので、「死にたい」という言葉に対応する正しい慰めの言葉は、人の苦しみの数だけ存在する。それは「あんなやつ別れて正解だったよ」かもしれないし「学校なんか行かなくてもいいじゃん。ホームスクーリングとかあるよ」かもしれないし「まぁ今日のところは有給取って休もうや」かもしれない。

ただ少なくとも言えるのは

「死んではいけません!生きてください!!!」

みたいな、健常そうで正義感に燃えた人からの説教が、正しい慰めの言葉である可能性は極めて低いだろう、ということだ。

 

勘違いしないでほしいのだが、僕は自殺対策におけるゲートキーパー活動を否定しているわけではない。

「こころの健康相談」のことも評価してるし、そこに従事している人たちのことは尊重している。

ただ、負の感情の吐露に対して上から目線で説教してくる人はウザいし、そういう人たちの活動は(おそらく)希死念慮に対して極めて限定的な効果しかないのではないか、という個人的な感想を呟いてるだけだ。

だいたいゲートキーパー活動は基本的に傾聴と共感をベースにしているわけで、「死んではいけません!」「あなたは大丈夫!」みたいなウエメセのメッセージはゲートキーパー活動の主旨から完全に外れる。あえてキツい言い方をすると、他人に対する共感能力のない人の自己満足だなぁと思う。真剣にキツいときに「死にたい」と検索してそういう人たちの絶叫が流れてくると、メンヘラとしてはてめぇが死ねクソが、と思ってしまうのである。

 

さて、じゃあ「死にたい」と検索するようなメンヘラには何をくれてやればいいんだ、という話になるわけだが、僕はこれは「暇つぶし」と「共感」だと思っている。

死にたさには波みたいのがあって、例えば死にたさMAXの時にはベランダの手すりをじっと見つめていたりするわけだけれども、その5分後にはその感情は薄れてエロサイトとか見てたりすることもある。極度の「死にたさ」の波をなんとかやり過ごすことができれば、あとは結構自然に回復したり、死なずに済んだりする場合も多々あるわけだ。※1

なので「死にたい」と検索したときに、なんとなく暇をつぶせて共感できるようなメンヘラ向けコンテンツが出てくると、まぁメンヘラとしては大変ありがたく暇をつぶせるなぁと。そして結果として自殺する機会が減るのかなぁと。そんな感じの思いつきに行き当たった。

そして共感というのはまぁ、馴れ合いである。経験則ですけど馴れ合いは大事ですよ。馴れ合いが下手なメンヘラから死んでいく。人間は社会性動物ですからね。

もちろんリアルな人間関係が豊かなのが一番いいんだけど、豊かなリアル人間関係を構築できる人間がそうそうメンヘラになるか、という話でもあり、まぁ難しい。ただ疑似的なコミュニティとして、各種メンヘラが共感可能なコンテンツが置いてあるというのも価値があるのかな、と思う。ということでので、暇つぶし兼共感できるようなコンテンツとかを置いとくと良いのだろう。

当然「死にたい」と検索するようなメンヘラ向けのコンテンツなので、ダウナーで、テンション低めで、だけれども脳にスルッと入るような、そしてほんのちょっとだけ前向きで共感できるような、そんなコンテンツだと良いかなーと思う。

なんかネットのおもしろ記事ってテンション高くてメンヘラには読みにくいですよね。多少ダウナーな方が半分脳が死んでるときとかに読みやすいのではという気がしてる。※2

 

というわけで「メンヘラ.jp」などというメンヘラ専用サイトを立ち上げてしまったのは、こんな思惑に依るのですというお話でした。

まぁウエメセの説教が検索上位にガンガン出てきてムカつくというのと、メンヘラが死にたい気分の時に気を紛らわせて共感できるコンテンツって必要だよなというのと、自分がそういう系のコンテンツを書きたくなったというのと、あとノリと勢いなど色々な事情が混ざり合ってこんな企画(つっても個人企画だが)が実現してしまったわけではあるのだが、言語化すると多分こんなことを考えてこのサイトを作った気がする。

とりあえず2カ月くらい毎日更新して、需要がありそうだったらそっからも更新し続けるんでよろしくお願いします。

かしこ。

 

【追記】

どうも需要が多少あるみたいなので、これからも更新していこうと思います。

基本は1日1記事、朝11時に投稿です。メンヘラのみなさんの体験談や、闘病生活に少しでも役立つようなライフハック、そして死にたみが多少は薄れてくれるような暇潰しのコラムなどを毎日更新しています。

誰かのお役に少しでも立てれば、良いなと思っております。

 

※ 1これはもちろん医療と周囲のサポートが何より大切なことはが前提だけど、メディアを通して可能なことは何かという話です。

※2これは早いうちから明言しておきたいんですが、僕は「メンヘラ神」系は目指しません。自傷や自殺未遂をコンテンツ化することは忌避します。病を受け入れることと病を肯定することは違う。




The following two tabs change content below.

わかり手

メンヘラ.jpのライター兼編集者。 メンヘラなりに前向きに生きていきたい。好きなメンヘラ作家は永田カビ先生。

36 件のコメント

  1. 回避性人格障害者 返信

    心の底から記事に同意します。
    唯の呟きなんです。
    ツイッターとかでうっかり呟こうものなら面倒くさいことになりますから…

    あと、検索画面で出てくる中に死んだら地獄ガーとか死後の世界ガーとかありますが本気で気持ち悪い。
    私は無心論者ですのでこういう文言を見ると死んだらダメだょ><よりも更にムカつきます

  2. 内緒です 返信

    私も一日1回は「しにたい」で検索してます。しぬしかないと考えるくらいつらい、ということが周りの人に理解してもらえないのがつらい。
    私の気分をまぎらわせてくれるコンテンツ、ありがたいです。

  3. ヲったん 返信

    昔、「死にたい」の答えは、死にたくなるくらい恥ずかしい失敗を書き連ねるサイトでした。
    あのサイトどこ行っちゃったのでしょう・・・あれを読むだけで元気になれたのに。

  4. noname 返信

    ヲったんさんへ

    もしかして、
    webヤギの目 の 死ぬかと思った ではないでしょうか。

    リンク貼っておきます。

  5. touma 返信

    メンヘラの心境がリアルに分析されてて、感動さえ覚えたくらいです
    こういうこと世間の人達ももう少しくらい理解してほしいなーとか思ったりします
    死んじゃダメだよとか百も承知なんだから

  6. 共感しました 返信

    素敵な理論だと思うので
    意思表示をしようと足跡を残します。

    記事ごとに毎回コメるのはしんどいので
    SNSと連動しない
    web拍手的なイイネボタンほしいです。

  7. エリ 返信

    今日初めて「死にたい」で検索しましたが、死にたいの定義がまさにで驚きました。本当にそうなんです。
    今まで、何でもぶちまけさせてくれるありがたい親友に甘えて死にたいと冗談ぽくLINEしたりしてました。
    今日まじ悲惨過ぎてほんと死にたくなった。みたいな
    が、軽々しく死ぬという言葉を使うことに後ろめたさを感じてもいましたので、ちょっとスッキリしました。ありがとうございます。

    • koha 返信

      とても共感しました。
      悩みは違っても似たような気持ちの方がいることに気付けて良かったです。
      これからも応援しています。

  8. えど666 返信

    初めて「死にたい」って打ってみたんだ…
    だってさ、癌が再発して人生3度目の手術しなきゃなんない人間だよ
    親から「めざわりだから出てけ」
    って言わてさ、ポジティブになんかなれねーよ…
    自分ほっときゃ死ぬからほっときゃいいってマジ思ったよ
    そんな時に「心が傷ついたらあーしましょこーしましょ」とか欲しくないんだよね
    ただ吐き出したいだけ
    ネガティヴだっていいぢゃん

  9. 病みくん 返信

    本当にあのサイト見る度に死んだらだめ何てあんたらが決めることじゃない。なんであんたらみたいな会ったこともない他人に決められなきゃいけないんだという言葉しかでてこないです。
    自分的には人生を後悔ではなくて生まれた事を後悔、というより憎んでます生まれるなら犬や猫が良かったです。学校なんて行きたくないです学校にいくのが当たり前なんて誰が決めた?あんたらは社会の目や社会のルールに縛られてて良く生きていけるよななんて思います。色んな大人(親等)が小中高生に学校に行くのが仕事とか言いますけど給料は何時渡されるんですか?何て思います。僕はお小遣なんて1度も貰ってないんですが?家の事やれば何か買って上げる何て言っても買って貰った事なんて1度もないんですが?本当親はサイコパスだな、なんて思ったりします。世間は洗脳の様な事をしているようにしか思えなくなってきます。何で何もかもあなたに言わないといけないんですか?一つや2つ言いたくない事だってあるじゃないですか?あなたには無いんですか?あなただって言いたくない事はあるんじゃないんですか?もしかしてあなたは自分の事を全て話して共感を求めるような人間何ですか?。こんな事をこの場所で言ったら僕も同じ様に思うかも知れませんが僕は『怒り』として言っています共感なんて要りません求めてもませんですがこう思う人は少なからず居ると思っています。    この辺で僕の愚痴はやめておきます。中学生の様な文になってしまって申し訳ないです実際中学生なんで許してください。そしてこのコメントにイラついて、しまってもなるべくその言いたい気持ちは抑えて貰えるとありがたいです     長文失礼しました

  10. s.l. 返信

    私とおんなじ気持ちの人がこの世にいるってことがわかりました。

    家でも学校でも居場所がなく、毎日どうやって死のうか考えてますが、まだまだ先は長そうです\(^-^)/

  11. ありがとうございました 返信

    しにたい、と検索窓に打ち込むことは昔からよくありましたが、これほど共感できる記事に出会えたのはこれが初めてです。

  12. たまにうつ、たまにしにたい 返信

    すごい共感できて、ちょっと毒のある、でも昔からの馴染みの友達ようなこの文章が、私にとって最高の「死にたい」ときの暇つぶしになりました。
    応援してます。暇つぶしコンテンツ、続けてください。読みます。

  13. あたまからはな 返信

    厳しい言い方ですが、「死にたい」なんて検索する人間は弱すぎると思いますね。
    私が「死にたい」と検索してこのサイトにたどり着いたことは絶対に言いませんがね。

    私としても、「死にたい」と検索したとき、何か楽しいコンテンツが出てきてくれると嬉しいです。

    前のことですが、半年間くらい、かろうじて学校には通いながら、死ぬ計画を立てていたことがあるんですよ。いろんな本を読んで、最高の死に方を探してたんですね。
    そうしたら、ある作家の本が気に入ったんです。
    で、死のうと思っていた一ヶ月前に、「あ、◯日に死んだらこの作家の新刊読めねえ」と思って、計画を練り直したんですよ。
    全部練り終わった後に、自分の馬鹿さに気づいて、死ぬこともやめたんですけどね。

    「着物が送られてきた。これは夏物であろう。夏まで生きようと思った」というような一節も有名ですね。

    人間の決意など、ささいなことで単純にひっくり返る虚しいもので、ですから「娯楽」を与える方法は有効かと思います。

    ただ、そんなふうに、与えられた娯楽を消費し続けるだけの人間に、果たして生きる意味はあるのか、という悪循環に陥ることもままあります。

  14. ここ 返信

    はじめまして
    将来への不安から夜も寝れなくて、寝てもすぐに目が覚め、死ぬ事ばかり考えています。
    死ぬのは怖いし、自殺は駄目なのは分かってますが、家族にも相談出来ないので精神的に辛くてキツい。
    毎日毎夜死にたいと「検索」してる私がいます。
    上目線のサイトが多いなか、このサイトを読むとしっくりきます。
    このサイトをつくってくれてありがとうございました。

    • おっとこぬし 返信

      ここさん
      わたしも同じです。毎日死ぬことばかり考えていますが、死ぬ勇気もなく、ただ辛いだけ。

  15. さこ 返信

    死にたいって検索するくらい病む時期と、そうじゃない時の波がすごくて、今は前者の方です。死にたい。
    でもここさんとかおっとこぬしさんと同じく、死ぬ勇気はないんですよね…
    なんか、ここの文にすごい納得しました。
    また暇つぶしに来てみます。

  16. 返信

    ふと会社で失敗してしにたいと検索かけてここを見つけました。
    今まで気付かなかったけどもこれを読んでそうかもしれない。当てはまってると共感しました。

    他のサイトを見てもネガティブになりすぎるな、失敗を自分のせいにして責めるなみたいな言葉がありましたが、完全に私一人で改善しなくてはいけないことですごく凹んでいたのでそれを見て、自分は普通の人よりダメなんだって更に感じてしまって。
    そういう人を励ますということを求めていたのではないと感じました。

    これからも困ったら読ませていただきます。ありがとうございます。

  17. 返信

    「しにたい」と検索して、この記事を見つけて、メンヘラ.jpの存在を知って。なんだか救われました。
    ありがとうございます。

  18. KND 返信

    今まで自分がメンヘラとか思った事も無かったが、とても共感した自分はメンヘラなのだろうか。
    その様な事は置いておく。しかし、画面を見つめるだけでSNSもソーシャルゲームもやる気がなくなるの1文に、その行為、気持ちは自分だけじゃなかったのかと少し落ち着いた。傍から見たら、携帯を見てる=遊んでるにされるのだけど別に弄ってる訳ではない。生きてたら良いことあるかもよなんて、響かない。
    言いたい事はたくさんあるけど、自分だけじゃなかった。それだけで少し楽になった。

  19. そうだ! 返信

    デリピザ頼んで待ってる間に洗濯しながら「しにたい」って検索したらここにきた。本当にそう。「力になるょ?」とか「なんかあったら聞くょ?」だの熱量多くて、しかも上からめんどくさいこと言われるのやだから独り言にしてるのにさ。検索で返ってくる結果までうざいわと思ってた。すごくいい、救われる。

  20. 前田 返信

    ありがとうこれ書いてくれた人( T_T)
    まさに今「死にたい」と検索してこのサイトに辿り着きました。
    まだ今も気持ちは塞がれた状態だけど、記事にまさに共感。というか代弁してくれていて、
    とても嬉しい( T_T)

  21. noname 返信

    このサイトが立ち上がる直前くらいからSNSで知り、大抵の記事は読んでいるものです。
    自分がれっきとした(?)メンヘラかどうかはともかく、何となく読んでいるだけで少し荷が下りるような感覚に癒される自分がいます。
    自分としてはメンヘラを名乗るとメンヘラの方にも申し訳ないと思ってしまうようななにもない人間なのですが、
    それでもいつも気持ちを吐き出せないときに「しにたい」と打っては、この記事へ飛んで何度も何度も読み返しています。

    記事を書かれた方も自分も読んでいるみんなも、しにたい気持ちをなんとかやり過ごして生きているのですね。
    わかっていたことでも、すこしだけ寂しくなくなります。

    手広くメンヘラなどの事情を紹介してくれてありがとう。
    いつも読みやすい記事を書いてくれてありがとう。
    これからもよろしくお願いします。

    ついでに。
    もし寄付(クラウドファンディング?)が出来るなら少額ですが真面目に考えるので宣伝してくださいね。ほしいものリストでもいいけど……

  22. みゅー 返信

    ただたんに疲弊して死にたいよー、と吐露したいだけなのに
    確かにそんなときには「死んではいけません」が出てくるのは辛い。
    匿名なネット上だけでも愚痴弱みを言わせてほしいよね。

  23. いいこ 返信

    この記事が2016年のわりとリアタイなの驚いた
    前はこの記事の死にたいだった木がするけど今はそのままの意味で死にたい
    好きな作者の新刊読むまでは死ねないなと思ってたけど今はもう楽しみにすらならなくなってきた
    自分かわいそう語りごめんなさい

  24. yo 返信

    死にたいは何度か検索しました。しばらくおさまっていたのにまたぶり返してしまって、惨めで死にたくなりました。昔友達に限界につらくて死にたいと言ったとき、死んだら駄目だと言われました。弱いとも言われました。私を思って言ってくれてるのは分かってました。でもただ共感がほしかっただけかもしれません。
    そんなことしたら駄目って百も承知なんです。でも消えたいし、簡単にいなくなれたらどんなに楽かと考えました。
    でも勇気がないです。
    自分がいる意味が分かりません。死にたいと検索するしかできません。
    甘えとか寝てるだけとか言われるのは本当につらいです。
    私だって昔は普通の人間でした。普通に当たり前に生活できる人たちがただ羨ましい。
    甘えと言うなら代わってほしいです。
    長くなりましたが、この記事には激しく共感しました。同じように考えてる人がいて少しすくわれました。ありがとうございます。

  25. 元宝塚 返信

    私は難病を患っています。そのせいで定職に就けず、経済的にも困窮した生活を強いられています。実親からの嫌がらせで体調も悪化しています。この先良くなる見込みなど全くなく、お先真っ暗。

    合理的に考えて、この先せめて人並みにやり直せる見込みがないから死にたくなるんです。
    頑張ればどうにかなりそうな事。
    努力ではどうにもならない事。

    この境遇は後者であると、自分が見極めたから死ぬべきだと。
    ちゃんと理由があります。

    それを、頭ごなしに「死んではダメです!」と言われてるようで、そういう論調のウエッブ記事は自分も前々からから不愉快でした。だったら見るなと言われそうだけど、「死にたい」で検索上位に来るのだから仕方ない。

    価値観の押しつけ的なものに対して、皆さんもイラッとする事があると思いますが、「自殺ダメ!」はその最たるものだと思うんですよね。
    ましてなんで自分の命の事を他人にとやかく言われなきゃいけないんだってね。
    いのちの電話でも、話を聞くより自分が喋りまくり、結果ズレたアドバイスを私に下さった方もおられます。早計な価値観の押しつけだけは本当イラッときます。

    話を聞いて受け止めてくれる人、傾聴ができる人を自分は求めています。解決なんて求めてない、何故なら解決なんてできない事を、自分が一番良く分かっているから。

  26. 森のくまさん 返信

    自分は「死にたい」と「死ぬ方法や安楽死」両方検索した事が有ります。
    確かに、心情は異なりますね。
    個人的な気持ちで自分でもよく分からないですが、「死にたい」と入れる時は共感出来る何かや気の紛れる何かを探しているのかもしれません。
    そこへ来て偽善的な言葉は何も入って来ないし、スルーしてますね!

    本当に死にたい時は「方法」を探しているので、そう言うサイトも無いのかな?目に入って無いだけかもしれませんが。

  27. 返信

    教えてもらった
    ツイッターは独り言をつぶやく場じゃなくて、
    自分を知ってもらうための
    “コミュニケーションツール”だそうで。
    勘違いしてたよ…共感を得る場と思ってた。
    やはりフォロワーとかの空気は読まなきゃ駄目だったのね
    それでもわかってほしいと思っちゃったり、これは甘えなのかしら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です