虚言癖 愛されたいが為に嘘をつく


896a6f9874053c6b8952428eb6759517_s


虚言癖って知ってますか。
虚言癖…どうしても嘘をついてしまう人間の行動です。

私は、幼い頃から虚言を繰り返す癖がありました。

例えば学校のテストで自分だけ悪い点数だったのに、母親には『◯◯ちゃんも、悪い点数だったの』と言うとか、旅行の話題で行ったこともないのに『私も、◯◯に行ったことあるよ〜』と言ってしまうとか、ついつい衝動的にこういった嘘を繰り返してしまいます。

そして嘘をついた後は、必ず罪悪感に振り回されます。
しかし、それでも何故か口からは嘘が零れてしまいます。

なぜ、そうなってしまったのか。自分なりに原因を考えてみました。

 

①注目されたい

人は誰でも、注目されたい願望があると思います。
私の思考では、

「注目される=愛されてる」

ってなります。私は、両親から愛されたい願望がとても強く、そのあまり学校の試験など等で悪い結果が出ると、それに対して嘘をつくことがありました。全ては親の注目を引くだめだったと思います。

 

②自分に自信がない

本当そうです。私は自分の全てに自信がありません。

自信がないので、嘘をついて自分を他人と同じレベルに引き上げたい、他人と同じレベルだと見られたいという願望があります。それで、嘘で自分を膨らませる=他人と同じレベルに引き上げるようなことをするのだと思います。

③寂しさがある

寂しいのです。
構って欲しいから、嘘をついてしまいます。

悲しいですね。嘘をつくことで寂しさを、紛らわしてる気がします。

私は、他人と同じよう色々なことができるようになりたいのです。私は何をやっても、他人と同じように、色々なことを器用にこなすことができません。それを認めたくないから、今までずっと「私も○○ができる」「私も××をやったことがある」といったような嘘をついてきたのだと思います。

しかし、嘘をついても、本当の私が変わるわけではありません。私が望むよう、他人と同じレベルになれるわけではないのです。

今の私は、ちっぽけな私自身をそのままで認めていくことが、虚言癖を治す一歩かなと思っています。


【投稿者】
みーちゃん さん

【プロフィール】
22歳。2016年の3月に大学を卒業し金融機関に入社するも、仕事覚えの悪さや人間関係の地雷を踏んだことが原因で、休職と復職を経て退職。
死ぬことに執着していたが、今は流されるままに生きています。
人から愛されたいと思う余り、虚言癖を持つようになりました。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


The following two tabs change content below.
読者投稿コーナーに応募してくださったみなさんです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)