10年間抜毛症なJKが語るカツラのリアル




はじめまして。ささみと名乗っている者です。

私は今17歳。Twitterで皆ありがたがるJKブランドの真っ盛りの年齢でもあります。

が、自分の髪の毛をぶちぶちぶち引き抜いては食って精神の安定を図っています。7歳から続けています。片手で素早く髪の毛を抜くのが上手いです。

髪の毛を抜くと幸せになれるのです。日常のクソみてぇなクソ環境とクソうぇーい野郎共とクソな自分とクソな事全て髪の毛を引き抜くと辛さが緩和され「明日も生きていこう」と思えるわけです。一種のストレス発散でもあります。

これは理解されづらく、カウンセラーに告白したら「えっキモイ有り得ない」と返されています。色々なメンヘラの体験談を聞いてるであろうカウンセラーですら引くレベルのものらしいです。

14歳のときついに抜毛症が悪化し前髪、横髪は全て無くなり、いよいよカツラが無いとダメだと両親に言われ作ることになりました。

まずはカツラを作ってくれるところを探さなければいけません。

「医療用ウィッグ (地名)」で検索すると作ってくれる美容室やアデランスが出てくると思います。
私は近所の美容室がそれをやっていたのでそこへ行きました。お値段は一万五千円。安いほうです。髪色は?どんな前髪の長さは?と希望もに合わせてプロが切ってくれます。

 

カツラの長所

・お手入れすればいつでも髪はつやつやストレート。
・客観的に髪型のチェックが出来る。

 

カツラの短所

・髪が縛れない。
・すぐに絡まる。
・つむじがないのでカツラだとバレる。
・どうせ隠れてるからと髪の毛を抜きまくる(前と変わらない)

最後の短所がひどく、安心して髪を抜くようになり16歳で丸ハゲになりました。髪の毛がほぼ無くなりました。親がブチ切れてカツラを取り上げられしばらく丸ハゲで外を出歩いていました。
最近は少し戻ったのでカツラが戻ってきましたね。カツラは便利だけどあんまりよくないぞ。(ガルパンおじさん感)

普段のつらい、しにたい感情を抜毛と妄想で知らんぷりしてるのでいつかそのツケが来そうで怖いです。自分はクソブスで、鏡を見てはゲロり、男子から「早く自殺しろ」と言われ続ける人生なので髪の毛無くたって問題ないんです。あってもなくてもブスなんで。

それなのに両親やカウンセラーは可愛い可愛いと嘘をつきます。ブスに可愛いって言い、アホなブスが真に受け喜ぶのを見て「バッカじゃねーのw」と嘲るのが目的だと私はちゃんと分かってるので。

 

【編集コメント】
抜毛症すら知らず「キモい」とか言っちゃうカウンセラーはだいぶヤバいやつですよ…。
ちゃんとした臨床心理士のやっているカウンセリングルームや、心療内科・精神科なら99%そんなことは言われないと思います。ぜひプロに相談を…。つらい、しにたい感情も、少しはマシになるかもしれませんから…。


【投稿者】
ささみ さん

【プロフィール】
抜毛症歴10年のカツラJK


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


2 件のコメント

  1. 名無し 返信

    私も中学生の時に抜毛症で全ハゲして、その時買ったアデランスのかつらを医療割引で半額で買い22歳現在まで着けています。アデランスのかつらはつむじがあるし絡まりもしないので超自然で使えます。あとはスヴェンソンとか良いみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)