「電話占い」に依存してしまったメンヘラの末路




はじめまして。けろと申します。

以前付き合っていた元彼(以後、彼と表記します)との悩みで、電話占いに手を出してしまった愚か者です。

私は双極性障害Ⅱ型なのですが、彼がそれを認めることはありませんでした。
私が精神疾患を抱えているということすら、認めませんでした。
何故こんな二人が付き合っていたのか、謎ですね。

メンヘラさんには、自己否定感を抱える方も少なくないと思います。

ですが、彼はまずその「自己否定」を克服しろ、そうすればずっと生きやすくなる、全ての道が開ける!といった新興宗教の教祖みたいなことをのたまっていました。

実際、彼にはカリスマ性のようなものがありましたし、そういう関係の仕事をしていました(新興宗教関係ではないですよ!)。しまいには、飲んでる薬のせいでおかしくなってるんじゃないのか、とまで言われました。処方薬に口を出されてもねえ…。

数少ない友人や主治医、カウンセラーさんに彼のことを相談しましたが、皆さん「別れろ」の一点張りで。それでも一緒にいると楽しかったし、情もあったので別れられずズルズルと…最悪のパターンですね。

そんな時、「電話占い」の存在を知りました。時間を気にせず、占ってもらえる…。

元々占いに興味のあった私は、大した抵抗もなく利用してしまいました。
西洋占星術、四柱推命、その他もろもろ…(実はあまり知らない)

結果は、あまり良くない、別れた方が吉、とのことでした。それでも、もっといい結果を言ってくれる占い師さんがいるんじゃないかと思い、他の占い師さんに電話をかける始末。立派な占いジプシーの誕生です。

電話占い。当然無料のわけがありませんよね。あちらもお仕事です。

クレジットカードを使っていたのですが、どんどん料金が膨れ上がり、気付けば支払額が30万円以上になっていました。

この時の私、ほぼニートです(単発バイトで働く程度)

返済、どうするの…?

これが、私が目が覚めたきっかけでした。

今は、アルバイト(手帳持ちですが、クローズです)をしてなんとか生活しています。

ニートからほぼフルタイムのアルバイトはきついですが、自業自得ですからね。
今考えれば、なんて馬鹿なことをしたんだろうと後悔しています。
あの時の私は、電話占いに依存していました。

電話占い全てが悪いとは言いません。

節度を持って利用すれば、悩みや人生を開くきっかけ、ツールになると思います。
ただ、メンヘラさんは何かと依存しやすい体質だと思いますので、電話占いには手を出さない方が絶対にいいと思います。

体験談を読んでいたら、100万、200万、それ以上の借金を作ってしまった…というものもあって、背筋が凍りました。

未だに、彼への未練と憎悪が断ち切れない、終わっているメンヘラけろでした。


【投稿者】
けろ さん

【プロフィール】
30代のフリーター(女・手帳持ち)です


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)