摂食障害の「過食嘔吐」衝動を殺す呪文

ライフハック 過食嘔吐 摂食障害 090

ごきげんよう。ライターの090です。
先日、「私、過食嘔吐をやってました。今はやめています」という記事を書きました。

【関連記事】
摂食障害からの「過食嘔吐」が激ヤバだったときの話
過食嘔吐してた人が、もう吐かなくてもいいやって思うようになった話

今は過食も嘔吐もしていませんが、それでもたまーーーに

「めっちゃ過食したい!どうしよう!」
「食べすぎちゃった、吐きたい!」

と思うこともあります。

いわゆる「衝動」というやつです。

過食嘔吐をやめたい皆様にとっても、この衝動は悩みの種だと思います。本当に突然やってくるし、容赦ないんですよね。

やめたいのに、衝動に負けて、また食べて吐いてしまった……と、さらに気分が沈んで、また過食してしまう。そんなつらいループに入っている方も大勢いらっしゃることと思います。

今回は、この厄介な衝動を殺すために、私が使っている呪文を3つご紹介いたします。
衝動が襲ってきたら、これらの呪文を繰り返し繰り返し唱えて、なんとか自分を落ち着かせています。皆様のお役に立てれば幸いです。

 

呪文1:「これ、今、全部食べる必要ある?」


なんとなくたくさん買ってしまったお菓子。
注文してみたら意外と量の多かった定食。
それらを目の当たりにしてしまうと、つい「ああ、全部食べなきゃなあ」と思ってしまいます。

そんなとき、

「これ、今、全部食べる必要ある?」

と唱えてみます。

……ない。

どんなものでも、「今」「全部」食べる必要はありません。
食べるのを途中でやめてもいいはずです。

「出されたものは、お腹がいっぱいになったとしても全部食べなければならない」
「買ったものは今すぐ全部食べなければならない」
といった観念は、単なる思い込みにすぎません。

お腹がいっぱいになったなら、素直にそう言えば良いだけです。
「お腹いっぱいでもう食べられないわ、ごちそうさま」、以上。

食べ物を捨てるのに罪悪感があるなら、封をする、ラップをかけて冷蔵庫にしまうなどして、保存してしまいましょう。とっておいて、明日食べる。腐ったら捨てる。それでよいのです。

また、自分しか見ていないところなら、途中で食べ物を捨ててしまっても誰にも文句は言われません(邪道ですが)。

なんにせよ、今、無理やり全部食べる必要は、ありません。

 

呪文2:「私、今すぐ○kg痩せる必要ある?」


ついつい食べすぎてしまった日。おそるおそる体重計に乗ったら、なんと1.5kg増えていた!
最近、毎日おやつを食べていたら、1週間で2kgも増えてしまった!

こんなことになると、

「やばい、完全に太った、これは吐きたい……」
「これからしばらく毎食吐くか」

と考えがちです。

そんなとき、

「私、今すぐ○kg痩せる必要ある?」

と唱えてみます。

……ない。

ボクサーじゃあるまいし、今すぐ○kg痩せないと大変なことになる、なんてことはありませんよね。体重が増えたとしても、たとえば1週間、1ヶ月、3ヶ月後に○kg痩せていれば十分だと思います。

テレビやインターネットで有名人を観察していると、芸能人だってアイドルだってアナウンサーだって、数ヶ月スパンで膨らんだり縮んだりしていることがわかります。

人前に出る仕事の人でさえ、こうなのです。
モデルでもなんでもない自分が、体型や体重をずっとキープし続けるなんて、とても無理です。

それに、他人の体重が毎日何kg増えて、何kg減っているか、見ただけで正確にわかる人なんてどれほどいるのでしょうか。あなたにはわかりますか。私には、まったくわかりません。

体重がちょっと変わったとしても、見た目にはよくわからないというのなら、それは実質太っていないようなものではないでしょうか。

昨日今日で数kg増えただけなら、1〜2週間かけて、元に戻せばいいだけです。
間食を控える、野菜中心の食生活にする、軽く運動をする。この程度で、おそらく、誰にも悟られずに元の体重に戻ることができるでしょう。長めのスパンで捉えれば、体重管理なんて楽勝です。

体重が増えたからって、今すぐ吐く必要はありません。

 

呪文3:「過食用の食材費と今からの時間を、過食嘔吐に使う必要ある?」


「あ〜もう、とにかく過食したい。やばい。無理。今からコンビニ行こうかな、スーパー行こうかな……」

こんな気持ちになることもあります。衝動が来ちゃうのは、もう仕方ありません。

そんなとき、

「過食用の食材費と今からの時間を、過食嘔吐に使う必要ある?」

と、執拗に執拗に執拗に唱えます。

……ない。

お金も時間も、もっと別のことに使えるはずです。

具体的に考えてみましょう。
食料の買い出しに使うお金と時間で、例えば

・カラオケができる
・ちょっとお高くて美味しいものが食べられる
・ゲームセンターで好きなだけ遊べる
・猫カフェに行ける
・ちょっとしたブランド物の小物が買える
・ディズニーランドに行ける(数回我慢すれば)
・安いところなら岩盤浴ができる
・プチプラコスメが買える
・筋トレができる
・本が買える&読める
・CDが買える&聴ける
・映画館で映画を観られる
・ソシャゲでガチャを回せる etc...

結構なんでもできますね!
時間もお金も、過食嘔吐に使わなければ、本当にいろんなことに使えるものです。

過食嘔吐以外に、行動の選択肢を持つ。これが大切だと思います。

さらにエグい技として、「今まで過食嘔吐に使ったお金を数えてみる」というものもあります。
レシートを並べてみたり、通帳の残高を眺めてみたり。
これをやると、食欲が一気になくなります。
ただし、これはショックが大きくて落ち込みやすいです。あまりおすすめしません……。

 

冷静に衝動を殺す 〜「今すぐ」「絶対」の必要はない


今回は、過食嘔吐の衝動を殺すために、私が使っている3つの呪文をご紹介しました。

呪文1:「これ、今、全部食べる必要ある?」
呪文2:「私、今すぐ○kg痩せる必要ある?」
呪文3:「過食用の食材費と今からの時間を、過食嘔吐に使う必要ある?」

これらの呪文に共通していることは、

「本当に、今、絶対に過食嘔吐する必要があるのか」

ということを自分に問いかけることです。

何度も何度もこうして問いかけることで、ある程度冷静になることができます。

ただ、極端なことを言えば、今すぐ過食嘔吐をやめる必要もありません。金輪際やめる必要もありません。

生活や体調に支障をきたさない程度なら、いくら食べて吐いても問題ないのでは、と個人的には思います。また、一年に2〜3回過食嘔吐したところで、それは健康な人がたまに暴飲暴食でお腹を壊すのと何が違うのでしょうか。

だとしても、

「わたし(あなた)は、今すぐ過食嘔吐する必要なんてない」

ということだけは、知っていて損はないと思います。
私の場合、「必要ない」と自分に言い聞かせることが、過食嘔吐脱出に役立ちました。

今後、衝動が出てきたら、これらの呪文をそれぞれ5分ぐらいずつ唱えてみてください。紙に書くのもいいと思います。なんというか、とにかく気が紛れて、冷静になれます。逆に言えば、冷静になるまで唱えつづければよいということでもあります。

こちらの呪文、それぞれでお役立てください。
皆様が、過食嘔吐をやめ続けられることを祈ります。

そうそう、もし皆様にも

「わたしはこんな呪文で衝動を殺してるよ!」

というのがありましたら、コメント欄などに書いて、ぜひ共有してください。
呪文は多いほうがいいですものね。衝動、殺していきましょうね。

 

【関連記事】
摂食障害からの「過食嘔吐」が激ヤバだったときの話
過食嘔吐してた人が、もう吐かなくてもいいやって思うようになった話

 


【執筆者】
090 さん

【プロフィール】
会社員時代の自殺が未遂に終わり、いろんな意味で「サービスで生きてる」無職。生きてる以上、楽にやっていきたい。少しでも死にたい人のお役に立てればと思います。
Twitter:@oqo_me_shi

 


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

ライフハック 過食嘔吐 摂食障害 090
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

返信

こんにちは。
初めまして、陽と申します。
当記事を拝読して、コメントを残させて頂きたいと思いました。
私は現在22歳で、大学の入学の頃より過食嘔吐に苦しんでいます。
自分の理想と比べ、ありのままの今を受け入れられず、食べ物を慰みにしてしまいます。
食事との上手な付き合い方を模索しています。
過食嘔吐は拒食よりも認知が低く、理解も難しい印象を感じておりますが、090様の実体験やお言葉に少し励ましを頂きました。
ありがとうございます。

コメントを残す

会員のみコメントが可能です

新規登録する

ログインする