差し迫った自殺を止めるため「警察に連絡する」という選択肢

ライフハック 自殺 広尾蘭

メンヘラ.jp読者の皆様こんにちは。
これまでにも何記事かUPしていただいた広尾蘭です。

あなたは、身近な人から自殺願望について打ち明けられたことはないですか?
自殺未遂をしたと打ち明けられたことはないですか?

そんな、自殺・自死について差し迫った相談をされたときにできる行動について書こうと思います。

結論からいうと、身も蓋もないですが、警察に通報しろ、ということです。

※この記事で書くのは、いつ死んでしまうのかわからない、相当に差し迫った状態への対処法です。

 

「これから自殺する」と打ち明けられたら


メンタルの悩みを抱えている方のなかには、同じようにメンタルヘルス・精神障害を抱えた友人・知人がいることも多いと思います。

すると、いままさに自殺しようと思っている、ついさっき自殺未遂をしてしまった、と相談されることもあるのではないでしょうか。

もちろん、そんな相談のなかには本当に死ぬことなんて考えていないものも多いし、単に漠然とした「死にたい」という不安を打ち明けられただけ、ということもあるでしょう。

ただ、人は死ぬときは死にます。
本当に死にたいと思っていなくても、間違えて死んでしまいます。

そして、死にたいと思っていると、本当に死への距離が縮まってしまうものです。

もし、会話のなかで「本当にこの人は死んでしまいそうだ」と感じたら、単にその場で説得するのではなく、間違って死なせてしまわないための行動を行うことをおすすめします。

 

警察に電話する


さて、自殺しようとしている人を止めるには、具体的にどうすればよいのでしょうか。

結論としては、警察に電話するのが一番です。

その人が住んでいる地域の警察署に電話して、友人・知人がいままさに自殺未遂をしている、と相談しましょう。そうすれば、警察の方が安否の確認に行ってくれます。

警察に電話するなんて、大それたことを……、と思ってしまう方もいるでしょう。
でも大丈夫です。

現に自殺未遂をしてる、危険な状態である、というようなことを伝えれば、警察の方は来てくれます。そのことは、ある事件で自分が身をもって体験しました。

 

自殺を止めることができなかった


私事ですが、最近、親しい人を自殺で亡くしました。

そのときは数日前から自殺未遂について相談をされていたのですが、自分が行くことはできませんでした。連絡がつかなくなったことで、これはまずい、と思い警察と親御さんに連絡したところ、既遂で発見されてしまったのです。

警察に110番し事情を話すと、警察の方は実際に家まで見に行ってくれました。

結果は、ともかくとして。

身をもって体感したように、いままさに自殺しようとしている人のもとを、警察の方は訪問してくれます。そして、最悪の結果を止めるために保護してくれるでしょう。

今回私は、自殺を止めることができませんでした。

後から考えると、なぜもっとはやく、警察に連絡するという選択肢が浮かばなかったのか後悔しきりです。

人が死ぬ自体を避けるために、差し迫った事態に直面したら、警察に連絡して止めてもらう、という手段を取ることをおすすめします。警察を利用しましょう。

 

医者や友人が止められない自殺も警察はとりあえず止められる


実は自分は、今回亡くなった方が精神的に状態を非常に悪化させているのを見て、医者に行って入院させてもらうことを勧めていました。

しかしその人は入院することはできない、医者には自分を解決することはできないと言って絶望していたのでした。

そもそもメンタルが病んでいる人にとって、医者に行くということを実行できる時点で、メンタルはある程度小康状態にあります。その人も、医者に行っても、あなたは入院するほどではない、と取り合ってもらえなかったとのことでした。

このように、医者は自殺を必ずしも止められるとは限りません。

また同様に、友人・知人が自分の力だけで自殺を止めるのが非常に難しいのも、言うまでもないことです。

でも警察には、とりあえず自殺を一旦でも止めることができます。
今まさに死に向かっているひとを、保護することができます。

自殺未遂をしている証拠などがあれば一発です。

 

死ぬよりはマシ


もちろん、いままさに自殺しようとしていた当事者としたらたまったものではないでしょう。

入院させられるとしても、それが不本意なことは間違いないでしょう。

でも死ぬよりはマシです。
死んだらすべて終わってしまいます。

せめて、死なせないために。
自殺させないために。

差し迫った、いままさに自殺しようとしている人間を強制的に踏みとどまらせるための手段。
そのための最終手段として、警察を利用しましょう。

念のため繰り返しますがこれは最終手段です。
ですが、なにをしてでも、死ぬことは止めなくてはならないと私は思います。

死んだら終わりですから。


【投稿者】
広尾蘭 さん

【プロフィール】
自閉症スペクトラムの診断を受けています。 文章を書いたり、何かを作ることが好きです。 江戸時代に生まれたら村一番の鍛冶屋になっていたと思います。

twitter : @hirohran


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

ライフハック 自殺 広尾蘭
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

会員のみコメントが可能です

新規登録する

ログインする