なぜメンヘラはTwitterの垢消しを繰り返すのか




メンヘラがよくやる行動の一つに、Twitterやラインアカウントの削除と復活の繰り返しがあげられる。私もTwitterを一度垢消しして復活させてはTwitterアプリを削除し、またアプリからログインとログアウトを繰り返している身として、この行動の所以について語ろうと思う。

 

なぜtwitterアカウントを削除するのか

居場所がないと感じることから、アカウントの削除、いわゆる垢消しを行っているのだと私は考察する。これは、私の場合であるので、当てはまらないこともあると思うが許してほしい。

居場所、というのは『私がそこに存在することを許される場所』を意味する。つまり、垢消しは私がTwitterにいてはいけない、またはいても何の意味もない、と感じることから起こるのだ。誰にいてはいけないと言われたわけででもなく、おまえの存在を許さないと言われたわけでもない。しかし、そこに居場所を見いだせなくなるのはなぜだろうか。

 

なぜ居場所がないと感じるのか

ネットやツイッターは許可制ではない。誰かに許される必要も認められる必要もない。しかし、ネットやツイッターは人間であふれかえっている。クラスタなどと呼ばれるグループもある。その中で『私が存在することを許されない』と感じるのはなぜだろう。

自己肯定感がない、ことが理由として挙げられる。自分が自分でこの場所にふさわしいと思えないのだ。だから誰かのたった一つのツイートで、私はここにいてはいけないと思ってしまう。Twitterは言葉にあふれているのでなおさら、「これは私への空中リプライではないのか」と疑心暗鬼になり、自分がいてはいけない理由を作り上げてしまう。自分の妄想が自分の首を絞めているのである。

例えば、その日のタイムラインを追えなかったとする。そうするとコラボでツイキャスをしたときに話題に乗れない、わからない。今日のツイートで空気を読めないような発言をしてしまう。(もっともTwitterで空気を読む必要などはないはずなのだが。)それで自分はここにいてはいけないと感じてしまう、このグループからいてはいけないと、判断されたように感じてしまう。そうして垢消しを行う。

または、その日誰かのつぶやきを見て、自分が全く理解できない、同意できないと感じたとする。そうなると、このグループの総意がこのたった一つのつぶやきに集約されていると感じ、ここにはいられない、いてはいけないと思って垢消しをする。

これは何度も繰り返すが、私の場合である。もっと違う理由もたくさんあると思うが、私は自分で自分の首を絞めていることが多くある。

 

Twitterに遊ばれるな、距離感を持って遊べ

ネットもTwitterも自分が選んで使っているのだ。自分の幻想や妄想に振り回される必要はない。無理に毎日タイムラインを追う必要もなければ、フォロワーのツイキャスを必ず聞いてコメントを残す必要もない。自分が見たい時に見て、見たくないときは無理してみなくていいのだ。

私も偉そうに書いているが内心不安で仕方がない。私がいて周囲に迷惑じゃないか、ウザがられてないか、私はいてもいなくても一緒なのではないか。そういう風に思える時はアカウントを消すのではなくTwitter自体を見ないようにしている。自分の妄想(妄想とは思えないほど毎回考え込んでしまうけれども)に振り回されるぐらいなら、距離をとっても大丈夫だったりもする。

意外と周りは自分のことを気にしていないし、逆に好いていてくれたりもする。毎日顔を出さなくてもグループから追い出されたりはしないのだ。

これは自戒でもあるので、良い距離感でTwitterともお付き合いしていきたい所存である。


【投稿者】
うつこ さん

【プロフィール】
Twitterにいたりいなかったりだけど、ついつい見てしまう。
先日フリーターに昇格。

Twitter : @shiushiussss
ほしい物リスト


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)