発達障害、地方在住ならではの悩み

体験談 発達障害 でんねこ

最近Twitterなど見ていると、「〇〇は都市で××は田舎」とか「都会は息苦しい!田舎に移ろう」なんて話をちらほら目にする。

たしかに都会が住みにくいと感じる人もいる。窮屈な街並み、車と人がごった返し、どことなく関係もギスギスしている……気がする。

そんな剣呑とした場所から一歩身を引いた暮らしをしたい気持ちはわかる。すごくわかる。
しかし地方の現実はかなり辛い。そして、住みにくい。

とりわけ自分は発達障害(アスペルガー症候群)を抱えている身。認知の少なさがこれでもかと刺さる。そんな嘆きを聞いてください。

 

発達障害を診てくれる医師が少ない


自分は福岡に住んているが、福岡は九州から見れば有数の大都市。日本から見ると地方都市と言っていい規模の街。東京と比べるとたしかに小さい。それでも北部九州随一の都市だと言いたい。

しかし、北部九州随一という割に発達障害――とりわけ大人の発達障害を診てくれる医者は少ない。子供の発達障害に関する認知が上がっている一方で、取り残されているのが現状にも思えるぐらいに少ない。

病院も支援施設でも子供がメインとなっている。何より件数も少ない。

1つの町に1件ある割合だが、東京みたいに密集しているわけでもないので時間はかかる。したがって、1件に当事者が集中してしまうのだ。

兎にも角にも件数が少なく、人が詰めかけるので予約も1,2ヶ月待ちなんてことも起こりうる。東京ではどうなのだろうか?

 

障害に理解のある職場が少ない


これ以上に切実なのが、仕事。ハローワークで探しても軽作業や作物の出荷、飲食店のスタッフが多い、という偏っている。そして何より、障害枠であっても障害への配慮が効いた職場が早々ない。

自分の場合、以下の条件のもと仕事を探していた。ホントはもっと絞りたかったが、贅沢も言ってられなかった。

・PCを使った作業
・電話応対NG(並列作業の不得手&パニック防止)
・聴覚過敏のため耳栓を使用

この条件で、OKという会社が何社出たか。
答えは1社。サポートの人とおおよそ10件ぐらい見学して回って、1件だ。

A型就労であろうとことごとく耳栓でNG。あるいは使用時に都度付近の利用者に忖度するよう求められる始末。当然ながら今の職場も周囲が騒音だらけ。なので、耳栓していても結構ストレスが溜まるなんてこともよくある話。

それでも配慮してもらえるだけマシ……とは思いたいが、やはり何ともならないのか。

 

それぞれ住みやすいところに住めればいい


発達障害、とりわけASDの悪いところは際限なく、冗長に語ってしまうところだと個人的には考えている。なのでそろそろ締めにしたい。

自分は福岡では住みにくく、首都圏が住みやすいと感じる。これは願望というよりも何度か足を運び、店舗の充実さや施設の多さ。なにより就職先の多さは代え難い。交通の便についてもごちゃついているものの、スマホを活用すればなんとかなるという点で釣り合いが取れそう――。そんな気がしたからだ。

何より仕事が多い分、自分の障害特性を受け入れてくれるところも出てくるのでは?という希望もある。

もっとも、まだまだ調べてない部分も多い。全部調べ尽くしてもまだ足りない。自分が納得するためではなく、相手にも納得してもらうにはどうしたら良いか。いろいろ考えているが、調べ尽くしているだけで疲れてしまう。

だから、押し付けない、強制しないのスタイル。
各々が住みやすいところに住めるのがいいのです。
田舎だろうと都会だろうと、住めば都。自分にあったところが一番です。

まあ、居を移すためには引っ越すお金と安定した仕事が必要ですが。


【投稿者】
でんねこ さん

【プロフィール】
福岡でダラダラしているアスペルガー症候群(確定診断済み)。
手帳持ち、しかも30代驀進中。
リアルでは「まだまだあんたは大丈夫」といわれ、ネットでは「死なないぐらいに生きて」と言われてます。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 発達障害 でんねこ
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

会員のみコメントが可能です

新規登録する

ログインする