職場でじんわりと精神障害をカミングアウトする方法

ライフハック 精神障害者雇用 minami

こんにちはminamiです。

メンヘラだけど働いているみなさん、職場にはどんな風に伝えていますか?
わたしの場合はこんな風にしたよ、という話をしたくて筆をとりました。

具体的には、これからバイトでもはじめようかな、という体調すこしいい感じのフレンズへ送ります。もしくは、働いているけどそろそろやばいなー無理がたたってきたわーというフレンズへ。

 

1、病弱キャラの仕込みをする


そもそもの入り口から、病弱キャラで入っていきます。
元気キャラで入った方は、ゴールデンウィーク明けで疲れているアピールなどがよろしいかと。
月に一回くらいは事前に連絡を入れた上でお休みをいただきましょう。
女の子の場合「出血大サービスなんです!」とでも言えば上司はなにも言えません。
男性の場合は「低血圧なんで、、、」や「体が弱くて」などでもいいかもしれないです。

 

2、病弱キャラを定着させる


わたしの場合、あ、体調悪くなりそうだなヤバイな、となったときはノーメイクで出勤します。
もしくは全体的に青白いメイクで行くこともあります(色白で死にそうな顔色です)
ノーメイクだと顔色が悪くなる=体調悪そうに見える=キャラが定着してきます

 

3、甘え上手になる


メンがヘラっているみなさんは、概して真面目です。
真面目なので頑張りすぎたり、モニタリング機能がなくてすぐ疲れたりします。
でも、これは手抜きや不真面目ではありません。そういうものだと自分のことを受け入れてください。
この現代社会において「あなたがいなければまわらない仕事」というものはそうそうありません。
だから安心して休みましょう。長く細く働くことのほうが、とりあえず今頑張る、よりもいいです。
だから安心して仕事場に甘えてください。
それでも不安だ!というひとは労働者にはわりと権利があるので理論武装してもいいかもしれません。
入社規定なんかは取っておいてしっかり読み込んでおくと、結構おトクですよ。

 

4、無理だな、と思ったら労働時間を減らす


最近わたしも体調が落ち着かなくて、週20時間ぐらいのアルバイトを週10時間程度に減らしました。
その時、上司には「家庭の事情で、、、」とでも言っておけば問題ないです。
労働時間が減ったからと言ってあなたをすぐにやめさせる権利は先方にはありません。
また、シフト希望は事前にいう、さえすれば案外通るものです。
カレンダーに「シフト出す日」を書き込んでおくといいかも。
わたしは1年分のカレンダーを壁に貼っていて、予定はそこに書き込みしています。

 

5、カミングアウトのタイミング


ここまでくれば、ちょっと病弱だけど真面目でいい子、くらいの評価は得ているかもしれません。
そのタイミングでジョーシにだけ障害者手帳の写真をこっそり送りましょう。
いっぱい働いているひと(具体的には週20時間くらい)は給与から源泉徴収されることがありますが、
手帳を職場に出していれば減税が受けられます。
おまけに、同時にそれとなく上司と人事にカミングアウトできます。
なぜ採用面接のときに言わなかった!と聞かれた場合は「必要ないと思っていたから」と答えましょう。
わたしの場合は、採用面接時点では取得していなかったので(取得したから)提出します、と答えました。

 

6、結局何が言いたいか


まだまだ、メンヘラのひとが働くことって難しいと思います。
でも、働きたくないでござる!がトレンドの世の中でそれでも働きたいと思うあなたは素敵です。
(きっとあなたもわたしも素敵なのです)
だからもし働く機会があるひとは細く長くでもそれを続けられるよう、できればいいなと思います。
もし労働時間が減って収入が減っても障害者年金があるさ、たぶん。。。

まとまりない記事になりましたが、少しでもお疲れのひとに届きますように。
乱文失礼しました。


【投稿者】
minami さん

【プロフィール】
20代女性
お手帳とりたて、精神障害2級のフリーター
海外逃亡キメたいなーなとど考えながらひきこもっています
苦手なものは人混みと電車通勤と地震です

Twitter : @Sud_du_shonan


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

ライフハック 精神障害者雇用 minami
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

会員のみコメントが可能です

新規登録する

ログインする