摂食障害と芸能人の体形史 日本の「スリム信仰」はこの50年で変わった?

コラム 摂食障害 090

こんにちは。ライターの090です。

突然ですが、『1億3千万総ダイエット王国』という曲をご存知でしょうか。いい曲なので、記事を読み終わったあとにでも是非聞いてください。

1億3千万
総ダイエット王国

日本国民 いつでもどこでも ダイエット中
やせてる子だって 年がら年じゅう ダイエット中


そんな歌詞の歌なのですが、この曲が示す通り、この国では老いも若きもダイエットに夢中です。

 

■増加する摂食障害と、要因としての「スリムをもてはやす社会、文化」


そんな中、厚生労働省によると、日本の摂食障害の患者数は、1980年からの20年間に約10倍増加したと言われています。

また、他の調査によると、摂食障害の16〜23歳の有病率は1982年から2002年にかけての20年間でも増加傾向にあります

これらのことを鑑みるに、少なくとも、若年層女性の摂食障害有病率はさらに増加しつづけていると考えて間違いないのではないでしょうか。

摂食障害の要因は複数ありますが、その中の一つに「社会・文化的要因」があると言われています。

厚生労働省のホームページには、

"近年のわが国における患者数増加の背景には「やせを礼賛し、肥満を蔑視する」西欧化した現代社会の影響がうかがわれます。つまり、スリムをもてはやす社会、文化の影響です。"
"全体として考えると、昨今の摂食障害の増加には、こうした社会的影響も否定できません。"

(引用:http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_eat.htmlより)



と書いてあります。

摂食障害の増加へ影響しているかもしれない、

「スリムをもてはやす社会、文化」

それは具体的に、どんなものなのでしょうか。

若年層の女性が憧れる存在と言えば、芸能人、モデル、そして何よりも「アイドル」です。

「理想の体型」などのキーワードでTwitterを検索すると、さまざまな女性アイドルの画像がたくさん出てきます。このことから、現代においても、女性アイドルの体型に憧れる女性が一定数いることがわかります。

若い女性が憧れる「アイドル」の体型は、そのまま、

「今、社会・文化的にもてはやされている」体型

と読み替えることもできるでしょう。

というわけで、今回は、

・過去「社会・文化的にもてはやされている」体型はどのようなものであったのか
・過去と現在で、それはどう変わったのか。あるいは、変わらなかったのか

この二点について、女性アイドルの体型という観点から検証してみます。

まずは、70年代から2010年代までのアイドルを順番に見ていきましょう。

 

◯70年代


1960年代に巻き起こったツィッギー旋風。木の枝のように細いモデルはミニスカートと共に、日本でも大ブームになりました。

その後の70年代。一体アイドルはどんな体型だったのでしょうか。

レジェンド級が揃う、70年代のアイドルの皆様はこんな感じでした。

麻丘めぐみ



(http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/005/572/29/N000/000/000/118010727657416104965.jpg)

キャンディーズ



(https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/15/e6/2e/15e62e12a10690e3fb8bb07c869e99be.jpg)

山口百恵



(https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/originals/7a/b6/c2/7ab6c2ad35ae51cabec72e93928f5948.jpg)

ピンクレディー



(http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b0-cf/sphkz639/folder/70370/27/9732027/img_0)

松田聖子



(https://stat.ameba.jp/user_images/20130806/18/9962732/a4/ea/j/o0800115612637091843.jpg?caw=800)

中森明菜



(https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/44/a8/4b/44a84bf09e00e5e3407ae498eb0e79b7.jpg)

 

この時代の榊原郁恵さんは、確かに比較的ぽっちゃりしていたかもしれません。

https://www.youtube.com/watch?v=220bLj-RjbE

しかし、『夏のお嬢さん』発売当時(1978)の映像を見る感じだと、そこまで「ぽっちゃり」には見えません。(あと歌がめっちゃうまくて、歌と声と笑顔がかわいいです。アイドルとして完璧なのでは……)

さて、70年代のアイドルのみなさまの体型を見てみました。

結論:70年代アイドル、だいたいみんな細い。



◯80年代


さあ、続いて80年代のアイドルを順番に見ていきましょう。

80年代といえば、おニャン子クラブが一斉を風靡した頃でしょうか。

見ていきましょう。

おニャン子クラブ


https://www.youtube.com/watch?v=kwm8Zskinsg

薬師丸ひろ子



(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-03/hiroshi1028jp/folder/515911/06/7225906/img_27?1482552028)

工藤静香



(https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51bIKPn-WHL.jpg)

Wink



(https://i.ytimg.com/vi/F88DEpvS_Dc/maxresdefault.jpg)

たとえば、おニャン子クラブは人数がめちゃくちゃ多いですが、映像を見た限りだと、膨張色の衣装でも細いことがわかる程度にはみんな細かったです。

結論:80年代のアイドル、とにかく細い。


 

◯90年代


90年代に入ると、小室ファミリーの台頭が著しかった時期です。いろんな歌手が出てきました。
SPEEDやMAXなど、歌って踊れるアイドルグループも登場しましたね。

見ていきましょう。

華原朋美



(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81p5DMbxoJL._AC_UL320_SR170,320_.jpg)

安室奈美恵



(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-c9-bb/hoelderlin_on_sirius/folder/1240785/05/35653105/img_1?1268992389)

SPEED



(http://kininaruentame.com/wp-content/uploads/2015/08/pvdougazanmaiupseesaanetimageSPEED20ALIVEthumbnail2jpg.jpg)

MAX



(http://dews365.com/wp-content/uploads/2015/12/max.jpg)

ともさかりえ



(http://ajisai28.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_28f/ajisai28/tomosaka.jpg)

広末涼子



(http://livedoor.blogimg.jp/ibl_katuo/imgs/0/4/04961b66.jpg?222fcd01)

吉川ひなの



(https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/originals/fb/6d/db/fb6ddbaea57e9c49312afc0b364a5ece.jpg)

う〜〜〜〜ん、みなさんめっちゃ細い!!!70年代より細くなってない!?
ということで、結論は以下の通りです。

結論:90年代のアイドル、歌手、モデル、細い。


 

◯細さにも個性が見え始める00年代


2000年に入ると、アイドルの人数が急激に増えます。

アイドルの数が非常に増えたことで、一口にアイドルとは言っても、体型が変わらない人と変わる人がいることがわかってきます。

見ていきましょう。

モーニング娘。



(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51EjTSbLk1L.jpg)

松浦亜弥



(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71xGLsq%2BxBL._SY355_.jpg)

AKB48



(http://vignette2.wikia.nocookie.net/akb48/images/d/d1/Akb48171.jpg/revision/latest?cb=20170131150826)

Perfume



(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/613xfjWg4%2BL._SY355_.jpg)

以上です。

細さにも、健康的な細さ、ナチュラルな細さなど、「細さ」にも個性が見え始めた時代でした。しかし細いことには変わりなし!

結論:2000年代のアイドル、細い


 

◯アイドル体重の10年代


2010年。世はアイドル戦国時代。

そんな2010年代のアイドルたちの体型も見てみましょう。

ももいろクローバーZ



(http://aikru.com/file/parts/624/f206e6c44387d6345b22b3a7177d1ebb.jpg)

でんぱ組.inc



(http://ototoy.jp/feature/image.php/20161221111/top_6.jpg?width=1400)

チームしゃちほこ



(http://cdn2.natalie.mu/media/1504/0413/extra/news_header_lagunatenbosch_syachi.jpg)

モーニング娘。’17



(https://img.barks.jp/image/review/1000139767/003_w660.jpg)

E-girls



(http://e-girls-ldh.jp/images/top/main12/top170118_2.jpg)

BABYMETAL



(http://3.bp.blogspot.com/-Hv7bPvTAI3U/VvXBZwsA2wI/AAAAAAAABbo/CUEuVC5Uz2AgRySgGiyXwPi1qKMdRlwWQ/s1600/babymetal_poster01.jpg)

℃-ute(つい先日、解散)



(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-33-5f/chunichidragonsdayo/folder/1132958/30/47485430/img_0)

……すみません、いまアイドルめっちゃ多いのでこれぐらいで勘弁してください……。推しが出てこなかった読者の方、ごめんなさい……。

見てみると、体の形って人によって違うんだなあと、しみじみ思いました。

それでも、やっぱり皆さん細いですし、太っているように見える状態を最初から最後まで、ずーーーーーっと貫いた人はいないように見受けられます。

そもそも、思春期の女の子の体型は、とにかく変わりやすいものです。例えば、私なんかは人生で一番太っていたのが中学生の頃でした。だから今でも、中学生や高校生のアイドルの体型の変化を観測すると「今、順調に大人に成長しているんだなあ」としみじみ思います(ほぼ母親目線)。

余談ですが、私自身、趣味で女性アイドルを間近で見る機会がたまにあるのですが、画面を通して見るよりもずっと細いなあ、顔ちっちゃいなあと驚くばかりです。

というわけで(余談多すぎてごめんなさい)、

結論:2010年代のアイドル、細い


 

■あこがれの体型はずーーーーーっと「細い」、変化なし


さて、我が国の憧れの対象であり、もてはやす対象でもある「アイドル」の体型を、50年分サラッと見てきました。憧れの体型はどのようなものだったのか、変化はあったのか。

結論としては……どの時代のアイドルも、細い!変化なし!以上です。

 

■「スリムをもてはやす社会、文化」は確かにあった


アイドルの体型を見てみることで、ごく一部ではありますが、50年以上にもわたって「スリムをもてはやす社会、文化」が確かに存在していたらしいことがわかりました。

すると、冒頭でも引用した厚生労働省の、

"近年のわが国における患者数増加の背景には「やせを礼賛し、肥満を蔑視する」西欧化した現代社会の影響がうかがわれます。つまり、スリムをもてはやす社会、文化の影響です。"
"全体として考えると、昨今の摂食障害の増加には、こうした社会的影響も否定できません。"

(引用:http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_eat.htmlより)



という文章が妙な重みをもってくる気がします。

「憧れの体型」がこの50年以上、「細い」ままであり続けていること。この事実と、摂食障害が増加していることは決して無関係ではないでしょう。

 

■「スリム信仰」、どこまでいくの?


この「スリム信仰」は昔からずっとありました。現代においては、さらに加速しているかもしれません。

例えば、もう7年も前のことですが、アイドルの公開体重測定が行われました。

いわゆる「アイドル体重」という概念の登場です。当時は「身長-100に0.8をかけた数値」がアイドル体重とされていました(それにしても、多感な時期の女の子の体重をみんなの前で計るとは)。

例えば、身長が155cmの人なら、(155-100)×0.8=44kgがアイドル体重、ということになります。155cm44kgの人の場合、BMIは18.31。日本肥満学会の判定基準によれば「低体重」です。つまり、アイドルは「低体重」であれ、と言っているわけですね。

さすがにもうこんなことをさせる事務所は……もしあるとしたら、所属アイドルの健康状態が心配になります。確かに、これぐらいのBMIの人なんてそこらじゅうにいて、だいたいは元気そうです。それでも、みなさん一応「低体重」です。太れとは言いませんが、栄養をとってほしい気持ちでいっぱいです……。

余談ですが、実際のアイドルはBMI15〜18ぐらいなんじゃないかと予想しています。よく二時間も歌って踊れるなあと思います。

また、アイドルがちょっと太ったり、顔がむくんだりしただけでネット上で総叩きに遭っているのを、たまに見かけます。

これは、

1.ちょっと太ったりむくんだりしたのが目立つほど、アイドルが全体的に細い
2.太った(ように見える)ことをバッシングしてもよい、という合意がある層で形成されていることの表れ

ということの表れのように思います。

1はともかく、2がもし本当だとしたら……自分たちの首を絞めあっている状態のように見えます。その規範で進んでいくと、ミイラが一番偉くなるのですが、みなさま死にたいんでしょうか。まあ、鏡と体重計さえ見なければなんとでも言えるものですけれど。

さて、今後、「スリム信仰」がこの調子でさらに加速するのか、それともなんらかのきっかけで収束していくのか。私にはわかりません。みなさまはどちらがいいですか。

 

最後に、一番大切なことを書いておきます。

細い(太い)から良い(悪い)、ということはありません。


体型は人それぞれ違うものですし、人生の中で変化しつづけるものです。そして、自分の体型を選ぶのも人の勝手です。

ただ、今から太るにしても痩せるにしても、心身に悪いことはほどほどに。健康を祈ります。

 


【執筆者】
090 さん

【プロフィール】
会社員時代の自殺が未遂に終わり、いろんな意味で「サービスで生きてる」無職。生きてる以上、楽にやっていきたい。少しでも死にたい人のお役に立てればと思います。
Twitter:@oqo_me_shi


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム 摂食障害 090
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント

captcha