大学受験に失敗。初めての挫折から立ち直れない




はじめまして。関東の大学に通う、ねんと申します。

私はもともと、関西の大学を目指していました。そのために一生懸命勉強していたわけですが、軒並み落ちてしまい、泣く泣く関東の大学に行くことになりました。入学から半年間の出来事はここに書いてあるので、興味があればブログを読んでください。
(ブログ:子守歌-流した涙だけが透明

これはその後の話です。

行きたくもない大学のサークルパンフレットを泣きながら捲った入学前の春休み。ブログに書いたように、大学1年生の10月にたまたまそのサークルパンフレットを描いて、なんとなく心の整理がついたかな、と思いました。もうすぐ新入生も入ってくるし、やっぱりもう一度ちゃんと頑張ってみようと、たしかに思いました。

決意から1週間目、ちゃんと全ての授業に行きました。よし、今週頑張れた。来週も頑張ろう、と思って迎えた2週間目、出席が危うい授業はちゃんと出ました。今日出れなかった授業に来週はちゃんと出ようと思って、3週目、なぜかどの授業にも出られませんでした。

どうしてかはわかりません。寝過ごしたわけでもないし、他のことをしていたわけでもなく、ただずっと家にいます。無音の部屋でぼーっとしてるか、泣いてるか、どちらかです。家を出る気にならないのです。昔からずっと、頑張ることは得意だったはずなのに、なんでこうなっているのかわかりません。

2年生になるタイミングで、親に前年の成績がばれました。母に泣かれて父に怒られて、母に相談されたらしい中学時代の恩師からも電話がきました。今年こそ頑張ると決めました。でもやっぱり行けませんでした。何回も、それこそ飽きるほど死のうと思いました。先週ついに旅に出ました。リュック1つで家を出て、一日中海を見て、人目がなくなるまで待って海に沈もうと思いました。なんで今帰ってきてしまったのかもわかりません。

どうしても立ち直れない。受験番号を入力して、名前を入力して、不合格としか出ない画面を毎日見て泣いていたあの春から、一歩も進めていません。どうして?という気持ちのまま、1年と少し過ごしています。

この文章を書く前に母親に「ごめん、明日家帰っていい?」とメールを送りました。気がついたら2時間半経っていました。今確認したら「いいよ」とだけ返事が来ていました。なぜか涙が溢れてきました。これからどうしたらいいかも、どうしたいかもわかりません。明日、実家に帰ります。


【投稿者】
ねん さん

【プロフィール】
関東在住の大学2年生。ギターを弾くのが好きです。
Twitter:@endofthe_


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


4 件のコメント

  1. たまご 返信

    不躾で申し訳ありません。
    無理しないで、休んでほしいです。最近、お医者さんに言われたことがあります。「しなければ」と思っている事と逆の事をして下さい、と。出来ればまだ若い内に、休みましょう。どんな世間体より何より貴方自身が一番大切なのだから。

  2. 比嘉 返信

    私は中学のときいじめにあい
    人間不信に陥り、そいつらへの怒りがあり、せっかく勉強して地元で人気のある高校に入ったのですが、ぼっちになりました。同級生は良い人達でよく話しかけてくれました。自分が心を開きさえすればよかっただけなのに。
    かなり後悔しています。今ならできるのに。
    大学受験にも失敗し、国立最底辺の夜間に進学しました。
    夜間なのでサークルも入れず、1人でいることが多い暗い大学時代となりました。
    人生やり直したいです。
    今年で4年なのでもう卒業です。こんなんでも卒業まであと少しです。
    自分も卒業まで頑張ります。
    ねんさんも頑張ってみませんか?

  3. かな 返信

    それでも、大学に入学して、大学生として生活出来ているのだから、羨ましい。

  4. 猫丸 返信

    それで良いんじゃないかなと

    生きて行くとわからない事だらけですから何も全てわかろうとするじゃなく
    わからない事はちょっと傍らに置いてわかる事に目を向ける事も良いです

    何故わからないか
    それは理解するための道具(知識、経験、知恵etc..)を持っていないだけなのですから、わからない事を傍らに置いて何か新しい事を憶えたり経験したら傍らのわからない事に目を向けてわかる要素を見つけたら毛糸鞠をほどく様にちょっとずつときほぐしていけば何が心にあるのかわかる様になるかもしれません

    考える事も必要ですが何もしない事、考えない事もそれ以上に難しくそして何より大切ですので辛くなったらただただ海を眺めたり空を見上げたり、そしてありのまま、あるがままにすごしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)