適応障害、摂食障害、自傷を抱えた看護学生のリアル

体験談 適応障害 摂食障害 のん 自傷

はじめまして。一応、看護学生しているのんと申します。なぜ一応なのかは後ほど説明させていただければと思います。

今まで、たくさんの先駆者(しっくりこない表現で申し訳ありません)の方の記事を拝見させていただいて、自分なんかよりはるかに辛い経験をされているにも関わらず、前をむいて頑張っている、頑張ろうとしている方、共感できるような経験をされている方などなど・・・。でも総じてつらいのは自分だけではないとパワーをいただきました。その節は本当にありがとうございました。そして、無理のない範囲で今後も読ませていただければ嬉しいです。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、私は現時点で適応障害(気分障害かもねともいわれていますがうつ病ではないそうです)と診断を受け、半年ほどですが服薬治療を続けてきました。服用しているのは、抗うつ薬やてんかんの薬(衝動的な行動に効果があるそうです)、睡眠導入剤です。どんどん悪化しているのでどんどん薬の量が増えていて毎回服薬の時に自分でうんざりします。しかも、効果が出ているのかよくわからないし。でも、服薬前に比べて感情の起伏が穏やかになっているのかなと思っています。

それから、つい最近摂食障害につま先をつっこみました(大学の保健センターの先生いわく)。

最初はある日突然食欲が無くなり、ウィダーを2日で1個、ペットボトルも1本飲みきれない状況になってしまい、みるみる痩せていきました。でも自分では体重計に乗ってもっと痩せたいと思う日々。なんにも食べたいと思いませんでした。今でも極力食事は断ってしまったり、「お茶ならいいよ」などと濁しています。私が摂食障害と知っている人にはごめんね、調子が良くなったら、と返しています。理解のある周囲の友人にはいつも感謝しています。

反動で、過食嘔吐がやめられなくなり、あきらかにおかしい量を食べては自分で口に手を突っ込んで吐いています。私は下剤でなく自分で指を突っ込んで吐くタイプの嘔吐でした。でもまた拒食に戻りつつあって、基本的に水分以外に摂らない日があったりします。

体重計に乗って体重が減っていた時の、あの何とも言えない高揚感がきっと拒食がやめられないモチベーションになってしまっているのだと思います。自分を認めてもらえたような感じしませんか。もっと痩せたい。そうすれば、自分のことが少しでも好きになれて、長年のコンプレックスであった「自分が嫌い」ということを克服できるのではないかと思ってしまったからです。根拠はないんですけど。なぜかこれだけはブレずに妄信的に信じています。これが醒めるか、目標の体重にたどりつくのがどっちが先かは私にはわからないです。てか地球上の人たぶん誰もわかんないです。

最後に自傷癖については、典型的なリストカットです。初めてやってから10年以上が経過しています。リストカット用のカミソリとガーゼ、サージカルテープのストックを切らしたことはないです。母に場所は隠してますけど。まあさすがに傷は隠せなかったです。察してたんだと思います。

私の場合、すごい切りたくなる時期と全然カミソリすら触らない時期がありました。で、先日久しぶりにフラストレーションがたまって切ったら思いのほか深くいってしまって7針縫いました。病気のせいか他人事感が強くて、「なんか縫ったみたいなんだよね〜」みたいなそんな感じ。普通ではないですよね。抜糸がくっそ痛かったです。

 

抜糸が終わってすぐに実習でした。施設の方にも先生にもグループメンバーにもすんごい良くしてもらえました。でも薬の副作用に負けてて、字すら書けない、てかペンが握れない。さらに拒食のまっ最中だったので傍から見たら不安要素の塊でしかなかったと思います。

でも、記録をちゃんと書いたことなどが評価されて単位ももらえそうです。

そのあとに、本当は病棟での実習に行く予定だったのですが「無理じゃないかな」と関係各位から声がかかり、ドクターストップをかけられてしまいました。もともと半年卒業が延びているので、来年です。泣きました。悔しくて。みんなと実習行きたかった。わたしが一応看護学生、と言ってるのはいまなんにも勉強しておらず、将来がよくわかんないからです。あたりまえだけどニートです。フリーターです。

後期には去年落とした必修授業、実習があるからそれまでにちゃんと休んできなさいと学校の先生には言われ。

そして母には面倒を見きれないと見離され。

今は入院するための病院を探しています。見つかるといいな。

 

今回、こんな拙文を最後まで読んでくださった方がひとりでもいらっしゃったらとても嬉しく思います。長くなってしまいましたがここらへんで。
ありがとうございました。

 


【投稿者】
のん さん

【プロフィール】
高校野球と若手俳優が生きてく支えの20代。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 適応障害 摂食障害 のん 自傷
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント

captcha