「死にたい」まま「生きる」わたしたちへ




「死にたい」と思ったことがありますか。それはどんな時で、今までに何度あったでしょうか。きっとものすごく辛くて、苦しい時だったろうと思います。

「死にたい」を日常とする人々が世の中には存在しています。

わたしは物心ついてからずっと、「死にたい」という漠然とした思い、いわば希死念慮を持ちながら生きてきました。もっと説明すると、この「死にたい」には、消えたいだとか、眠ったまま目を覚ましたくないだとか、蒸発してしまいたいだとか、色々なものが含まれています。とにかく、全てを放棄して存在ごと消えてなくなってしまいたい。この世から退場したい。人生を破棄したい、辞めたい。そういったものをここでは「死にたい」とします。

長い年月の中で波はあれども、すでに10年以上、この思いは完全には消えたことがありません。抑うつなどの精神的な問題とはまた別に、心の中に横たわり続けているのです。

「『死にたい』を日常とする人々が世の中には存在しています」と書いた通り、同じような気持ちの人々は一定数存在しているようです。WEB上では「ゆるやかな希死念慮」「性格としての希死念慮」「慢性的な希死念慮」などのキーワードでいくつかの文献やブログがヒットします。

冒頭に述べたように、この死にたさは抑うつなどの精神的な問題とは独立して存在している部分があります。わたしにとって、「死にたい」は三大欲求の延長線上に存在していて、お腹が空いたから何か食べたいだとか、眠いから寝たいだとかと同じように、死にたいから死にたいのです。一番幸せなのは眠っていて夢も見ていない、完全に意識のない時だと感じます。

「死にたい」と、わたしたちのように当たり前に思うことのない大多数の人々の中で生きること、つまり死をタブーとする社会の中で生きるということは、精神的に監獄の中にいるようなものです。「眠い」と同じように「死にたい」などとは言うことのできない空気の中で息をし続けることは、呼吸をしているのに窒息しそうな矛盾感や閉塞感を生み出します。

「死にたい」まま「生きる」こと。これがどれほど苦しいか。生き地獄です。真綿で自分の首を絞め続けるような、たまたま引いた外れくじのひどい罰が無期限有効みたいな。だってそこに、そうなろうとしたわたしの意志はありません。

それでも「生きる」ことはできます。「死にたい」まま、「生きる」ことはできます。ならばこの苦しさは甘えなのか。

『生きてさえいれば』『生きているだけで』…それはよく知っています。幸せを感じることも、喜びを感じることもあります。

ただしそれらは、死にたい気持ちと同時に存在できるのです。わたしたちの持つ「死にたい」は、独立して存在しているがために、幸せな状況に置かれたとしても、その幸せをもたらしてくれる対象に申し訳なさや罪悪感を抱えたままです。これは甘えだと言い聞かせようとするわたしの中のわたしは、「死にたいなら死ね」「早く消えろ」「クズ」「ゴミ」と無意識に自分に投げかけてきます。今までいちばん多くの暴言をわたしに吐いてきたのは、間違いなくわたしです。

生きていてよかったと思うことはありません。「死んでいたら経験できなかった」という事実がただ存在しているだけです。大好きなものにすら、心からの純粋な感動を、何のためらいもなく捧げることができません。だってそれでも死にたいから。これはすごく悲しくて悔しくて虚しいことです。

死にたいと思わずに生きていけることはどれだけ幸せなことなのだろうか、どんな気持ちだろうか、いったいどれくらい、どれくらい、どれくらい、幸せだろうか。

心の基盤に重く横たわった不透明な死にたさがすべての幸せの足元を掬っていくような、すべての幸せが宙に浮いたまま、根を生やすことができないような。この絶対的な死にたさ、希死念慮がすべてのものをどこかで無に帰していて、それはもはや私の意志ではないような気持ちもします。

これらのことをカミングアウトするにはあまりにも大きな勇気が必要で、ほとんど人には言ったことがありません。理解されるものではないからです。ただ、わたしを含め、ほかの種類のマイノリティであっても、「否定しないでほしい」というのは同じではないかなと思います。大げさな心配やいかにも理解があるよと言わんばかりの態度、ましてや説教などきっと求めてはいません。そうなんだね、の一言で、そういう人もいるんだな、という認識で良いんです。

たくさんのことを書き連ねましたが、それでもわたしはもうしばらくはこのまま生きていくでしょう。いつまで生にしがみついていられるかは、分かりません。気が付いたら死にたさを抱えていた十数年前のように、気が付いたら死にたさが消えていたという日が、いつかやってくるのかもしれません。ただその可能性が限りなくゼロに近いということには、確かに気が付いています。

自分の抱える死にたさに気が付き始めた頃から、「環境が変われば」「何か成功を掴めば」、この死にたさは消えるのではないか、一過性のものだったと笑えるのではないかと、何度も期待してきました。そしてその期待は何度も失望へと変わりました。失望は積もり続け、期待もできなくなり、静かに確信しました。これは消えることはないのだと。

「いつまでもつのだろうか」と思います。いずれこの死にたさに負け、この希死念慮に殺されるのではないかと。もしいつかそうなっても、どうか責めないでほしい、お疲れ様よく頑張ったねと見送ってほしい。その時が来ないのが良いのだろうけれど。

「死にたい」まま「生きる」わたしたちへ。

幸せや喜びに、罪悪感を感じる必要はないのだと思います。死にたいままでも、死にたさと共存する幸せであっても。
疲弊しきった、『「死にたい」まま「生きる」わたしたち』の中のひとりとして、わたしは今日も生きています。どこにも行き場のない、「死にたい」という重荷を抱えながら。

 


【投稿者】
エヌ さん

【プロフィール】
20代女性
twitter : @n_writing_


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


25 件のコメント

  1. はる 返信

    私もそこに横たわる希死欲求と共にもう35年以上生きてきました。私は身近な人には明かせないでやって来ました。社会的にそういう存在はいないと、生に一生懸命が常識な世界でしたから。大変ですよね良く分かります。多分、自分も、これからも虚しさと悔しさを抱えて生きて行くんだと思います。

    • エヌ 返信

      コメントありがとうございます。
      35年、長いですね。本当に本当に長いです。常に死にたいとは思わない人々=多数派によって社会が成り立っていることはある意味当然かもしれませんが、その中に紛れて社会の一部であり続けることはとても辛いことだと思います。これから先のことをはっきりとどうこう言うことはもちろんできませんが、はるさんが心穏やかに過ごせる時間が少しでも多く訪れますように。

  2. 砂糖 返信

    たとえ幸せでも、確かにそこに存在する「死にたい」。
    慢性的な希死念慮。
    すごく共感できました。

    最近、希死念慮って治療すればそのうち消えるんだろうか…なんて思うことがあります。
    というのも私も、はじめての希死念慮が覚えていないくらい子供の頃です。

    もしこれが先天性の希死念慮だったとしても、でもいつか、消えてくれたらなって思います。
    希死念慮って、つらくて、つらくて、しんどいです。

    • エヌ 返信

      コメントありがとうございます。
      同じように死にたさを抱えている方と何かを共有できたらと思い書き始めたので、そう言っていただけて良かったです。
      生まれ持った性質であったり、周囲の様々な環境であったり、要因をこれと断言することはできないのだろうなと思います。そして要因が明確でない以上、解決方法を見つけるのは厳しいのかもしれません。
      本当につらくてしんどくて、苦しいですが、もしいつかこの気持ちが消えるときが来たら、めいっぱい幸せになりましょう。いつか死ぬ前にほんの少しでも、希死念慮のない人生を送ってみたいです。

  3. りの 返信

    希死念慮という言葉を初めて知りました。
    子供の頃から、死にたい、消えたいと思うことが多かったので、凄く共感致しました。
    世間では死にたいなんて不謹慎だとか、生きたくても生きられない人もいるのにと言って、死を望むことを否定しますが、常に生きたいと思えるほど強くない人もいる事を知ってほしいです。
    否定されると、さらに息苦しくなります。ますます追い込まれるという事を分かって頂きたい。
    私もこれからもこの気持ちと向き合いながら、この生きにくい世界で生きていこうと思います。

    • エヌ 返信

      りのさん
      コメントありがとうございます。
      不謹慎だとか、生きたくても生きられない人がとか、言いたいことは分かるけれども、こちらの持つ苦しみとは関係のないことだと思います。苦しいものは苦しいですよね。
      私もなんとかこの気持ちと向き合い、折り合いをつけていきたいです。本当に生きにくいですが、りのさんが穏やかに過ごせる時間が少しでも多くありますように。

  4. はな 返信

    「生きていてよかったと思うことはない、死んでいたら経験できなかったという事実がただ存在しているだけ」。とても共感しました。
    わたしは数年前に自殺を試みて失敗し、そのまま今日まで生きています。
    この数年間の間に、楽しかったことや幸せを感じた瞬間はもちろん多く存在します。
    でもだからといって、生きていてよかったと思えたことは一度もありませんし、死にたい気持ちが消えていく気配もありません。
    死にたいと思うことのない人生って、どんな感じなんでしょうね。

    • エヌ 返信

      はなさん
      コメントありがとうございます。
      死にたいと思うようになる前、ほんの小さい頃は、生きることや死ぬことについてそもそも考えたこともなく、ごく普通に過ごしていたような気がします。記憶が遠くてよく思い出せませんが…
      今の自分の状態で死にたいと思わないならどういう感じなのだろうか、というのはよく考えます。どんな感じなんでしょうね。それが分からないままいつか死ぬのか、と思うと苦々しく思う日々です。

  5. なっは 返信

    今まで私が抱えていた心の中そのものです。同じ様に感じている人がいることに少しだけホッとしました。
    私は結婚し子供もいて、客観的に見れば恵まれた環境で幸せなはずなのに、死にたい気持ちが消えません。しかし、小さな子供を残して死ぬこともできず、まして子供を道づれにすることもできない、なぜもっと若い時に死ななかったのかと自分を責めるほどです。
    きっとこの気持ちは消えることはないのでしょう。

    • エヌ 返信

      なっはさん
      コメントありがとうございます。私も同じ様な人がいるらしい、と分かった時どこかホッとしたので、そう言っていただけて良かったです。
      私も客観的に見ればそれなりに恵まれた環境にいるはずなのに、と自分を責めるばかりです。
      お子さんがいらっしゃるんですね。なおのこと辛いことや大変なことが多いかと思います。独り身の自分でももっと早く死んでおけばよかったのにとよく考えます。
      消えそうにないこの気持ちを思うと、もうどうすればいいのか分からなくなりますね…

  6. サキ 返信

    共感することばかりです。私はまだ学生で、自分と付き合い始めてまだ数十年ですが、毎日毎日気が付いたら死にたいですし、そう思いだしたら全てどうでもよくなります。
    死にたいまま「生きる」こと を続けられるか分かりませんが、同じように苦しみを抱えて生きている人たちがいる事を支えにします。投稿してくださってありがとうございました。

    • エヌ 返信

      サキさん
      コメントありがとうございます。
      死にたい、という気持ちの前には全てがどうでもよいですよね。その状態で死にたいと思うことのない人と話すとどこか苦しいです。
      私も「生きる」ことを続けられるか分かりませんが、同じような人たちが確かに居るという事実にどこか縋れるような気持ちがします。そう言ってくださって、こちらことお礼を申し上げたいです。ありがとうございました。

  7. あじゅ 返信

    文章を読ませていただき、ありがとうございます。すごく共感しました。本当にありがとうございます。私の今を代弁してくれているようで、今までとは違う涙が溢れてきました。死にたいと思い続け、死ぬ勇気もなく中途半端な自分が嫌いで、そんな自分とこれから長い人生生きていくのかと思うと、本当に希望が見出せません。
    それでも生きるしかないこの社会は本当に監獄のように思えます。犯罪を犯した訳でもないのに、罪悪感を感じて自分を責め続けて、自分を罵倒して、閉じこもって。所詮はそんな人生なんですね。
    ですが、死と向き合うのではなく、死とうまく付き合っていけば多少は楽になるのかもしれません。
    知ってほしい。否定しないでほしい。本当にその通りですね。
    こうして文字を打ち込んでいるのも今の自分を知ってほしいから。そして受け入れてほしいからなんでしょうね。
    私だけではないのですね。少しだけ軽くなりました。本当にありがとうございます。死にたい気持ちが大きくなった時、またここに来てもいいですか。エヌさんの文を読むだけで、私は救われます。感謝でいっぱいです。本当の本当にありがとうございます。

  8. はなこ 返信

    わたしも死にたいです。タイミングが合ったら死ぬと思います。まだそのタイミングがないだけで。

  9. 生き恥 返信

    投稿を拝見して、勝手ながら常々考えていたことを文字に起こして頂いた気分になりました
    。同じように思っている人はきっといる、自分だけではないのだと思いつつ、出会うことなく今日まで過ごしてきましたが本当にいるんだと安心しましたし、僭越ながらある種の仲間意識のようなものを抱きました。上手くは表現できませんが投稿していただいてありがとうございました。

  10. とら 返信

    共感しました。
    物心ついて約30年、希死念慮っていうんですねこの感覚。
    機会が無いから生きてるだけです。職を変えても思いは変わらず。
    先を考えるのが無駄に思えてしまい、今だけを生きるのが精一杯です。
    しかし、周りは先を求めてきます。
    文章を読んで、こいつ(自分)殺したい、が少しだけ落ち着きました。
    でもすぐ再発するんだろうな。
    ありがとうございました。

  11. 返信

    タイトルを見たとき、自分のことを言われているようで驚きました。私も小学生のことから慢性的に生きていたくないなーとかうまくこの世から退場できた人を羨ましいなーと思ったりします。もちろん生きていたら楽しい瞬間もあるのは分かっているんですけど、いなくなって辛いことを避けたい気持ちの方が働きます。でも最近、周りに知っている人がいなくなるとその気持ちもなくなるなって気付きました。大学時代に一度アメリカに留学に行き、卒業した今も海外にいるのですが、海外にいる間だけは死んでしまいたいと思わなくなりました。私の場合は、もしかしたら人間関係に雁字搦めになっていたのかもしれません。

  12. yuuna 返信

    文章を発信して下さってありがとうございます。産まれながらに希死観念をお持ちなんですね。
    私は2年半前鬱病に掛かったことをきっかけに、ほぼ完治した今も漠然とした死にたさが心に残り続けています。私の場合、鬱病になる前は、日常に死にたさというものは存在していませんでしたので、突然現れた死にたさにどうしても異物感があり、気がつくと何度も自問自答している日々です。
    また、鬱になる前の死にたくない人生というのは、実に軽やかで色鮮やかなものでした。驚くほど。
    とにかく、あなたの意見はとても新鮮で、拝見できてよかったです。失礼致しました。

  13. えな 返信

    同じ気持ちの人がいた…。
    自分も小さな時から、この世から消えたいとずっと思っていたけどいるとは思わなかったな。
    本当に、ふっとこの世から自分と今まで残した物すべて…存在した物証や他者の記憶も一緒に消えればと思って止まない。
    他の人と違うと、違和感を感じてから40年近く。
    消えたい気持ちは常に隣にあり、今も静かに自分を見ている。
    けど、この気持ちを消したいとは思わない。
    死は確実に訪れるし、すでに怖くないから。
    いける所まで…。

    同じ気持ちを持つ人たち。
    今日もお疲れ様です。

  14. 返信

    こんなにも同じ思いの方がいるとは思いませんでした。私の死にたいという思いは、周りに対する恐怖とそれに伴う何もしたくないという思いからでした。それからは、何をしても楽しいと感じるどころか、死にたい思いの自分に何かをしても何もしてあげられず申し訳ないとしか思えませんでした。そしてそのまま23歳にまでなりました。
    私はこのまま終わるのではないかという思いがずっとあります。ずっと理解されず、しんどさの中で生きていくしかないんじゃないかって思います。このしんどさが、いつか平気になると信じて今日も生きています。

  15. さえ 返信

    死にたい。そう思って、苦手な電車に乗り、名古屋のデパートの屋上から飛び降りて自殺したかった
    あまりはっきり覚えてませんが、15年ぐらい前だと思います。
    向いのビルの人にみつかり、「死んじゃダメー」とかいわれて
    そのうち眼下のはるか下の地面にすごい大きい空気でふくらますようなクッションがひかれ、
    オレンジ色の服を着た(と思います)隊員みたいな人に取り押さえられました。
    そのあと一か月ぐらい精神病院に入院したのですが、マジメにヤバイ感じの精神病の人たちが・・・
    (まあ自分もやばかったんですが)
    退院して、両親と一緒に暮らしてて、それでもお金は必要で、
    無理くり続かない仕事を転々としました。
    そしたら障碍者年金がもらえるかもしれないという話を聞いて、申請したら通りました。
    (統合失調症です)
    それで仕事は一切やめ、四年ぐらいして、そのうちもっとお金がほしくなり、
    (偶数月に13万もらえて、月にすると6.5マンぐらいもらっていましたが)
    新聞配達を初めてみました。そしたら何の仕事も続かなかった私が、
    今年で10年目に勤まるほど合ってました。
    特に朝刊の配るのは、ほとんど誰も見てない、時間さえ遅くならなければ大丈夫ってのが良かった
    時々配りながら泣いてたけど、(具合悪いときはしゃあない)
    それで夕刊と合わせて月十万ぐらい稼がせてもらってます。まあクローズですけど・・・
    新聞配達は良かったです。ただもう購読してくれるお年寄りが死に絶えたら
    終わりな仕事なんですよね。
    2018年で精神障碍者の雇用機会が増えるのかな?あまり期待できないのかな?
    取り合えず今は死にたいと思ったりはしてません・・・
    多分新聞配達のおかげです。

  16. にしき 返信

    今まで誰にも言った事がない悩みを同じように抱えた人を初めて見つけたようで、記事を何度も読み返して泣いてしまいました。この記事を書いてくださってありがとうございます。
    死にたいという気持ちはあるのに理由は見つからなくて、毎日自分の事を罵りながら生きています。死にたいんだよねなんて周りの人には怖くて言えません。それでも漠然とした幸せになりたいという感情はあります。贅沢者だと自分でも感じますが。
    いつまで死にたいと思いながら生きる事になるのか分かりませんが、少しでもこの死にたさと折り合いをつけてやっていけたらなぁと思います。ありがとうございました。

  17. だー 返信

    よく「辛いのは自分だけど周りはその3倍心配してる」と言いますがホントなのだろうか?
    自分は朝起きた時ガッカリします。
    またなのか!今日もこれと向き合わなくてはいけないのか!と。
    その3倍心配している人は起きた時何を思うのだろう。
    色んな事を思うだろうが3倍心配しているとは思ってないと思います。
    それはしょうがないことかもしれないけど
    その場のテンションで軽々しく上目線でそんなこと言うなって思いました。

  18. ちら 返信

    同じくです。その感情は、ものごころ付いた時から、ずっと根底に流れ続けています。お金が必要で必死に仕事をし、その中で恋愛をし、生活をし、自由時間と言えば眠る時間しか無かった数年間だけは薄れていましたが、それでも根治はしませんでした。追い詰められてではなく、ふと車の前に飛び出した事、橋の欄干を乗り越えた事、何度も有ります。ギリギリの所で生きている日々なので、いつ衝動的に何かしてしまうか解らないので、周りに少しずつ零してみましたが、只のメンヘラか構ってちゃんだと思われるだけで、誰からも理解は得られません。生きたい訳でもないのに生きにくい、明日が来ない事を願う毎日です。

  19. ねお 返信

    あー、すごいなぁ、私が感じてることを、まんま文章にしてくださっている人がいた。
    なんか、「ありがとうございます」という気持ちです。
    私は運がいいのか悪いのか、生活保護なんかいただいてるものだから、なんとなく生き延びてしまいました。
    でもそれももう限界間近かなと思います。
    担当の人がなんだかすごい圧力で私を働かせようとする。
    担当サンは若いぼくちゃんで、長年死にたい気持ちを抱えたおばさんの心境なんて、わかりっこないですから仕方ないんですけどもね。
    世の中の「まともな人」たちは、私にとってはエイリアンくらいに解り合えない種族で、またあの人たちの中に行かないとならないなら、もういきていたくないのが本音です。
    まぁ、早いとこ死んだ方が世の中のためなのかもしれませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)