社交不安障害と診断されたけれど、根性で乗り切れるはず!と飲食店バイトを始めた結果

コラム さゆり 社交不安障害

はじめまして。社交不安障害と診断されたけれど、そんなもの根性で乗り切れるはず!と飲食店のホールのアルバイトを始めたところ、たった2ヶ月で完全に参ってしまった者です。

弱ってるときに精神科を受診したから社交不安症と診断されただけで、大学にも通えているし不安をあまり感じない日もある。恋人を作るのはハードルが高くて無理でも、友達づきあいはそれなりにある。

でも人が怖くて仕方なく、対人関係から全面撤退したいと思うときがたまにやって来て、その間は誰にも会わず連絡も取らず、部屋に引きこもって普段のぎこちないコミュニケーションを思い返しては死にたくなっています。ちょうど今がその期間みたいです。

こんな無能な自分が生きていける世界はあるのか、いやあるわけない。毎日「バイト 辞め方」で検索をかけ、同じような境遇で悩む人の相談に対する、誰かの「甘えだ」「逃げるな」という回答を見て、ほんとそうだよなぁ、でもつらいんだよなぁ、って泣きそうになります。手が震えても腹痛や吐き気に襲われても、ここで辞めたら負けを認めることになるから、辞めるわけにはいかないんです。

 

以前、アキさんの投稿を見て、私とおなじだ、と思いました。あんまりこころが丈夫じゃない自分を受け入れなきゃいけないし、受け入れてあげたいけれど、ただの甘えなのでは?とも思ってしまうし、弱い自分を人に見せて万が一嫌われたらどうしようと思うから、誰にも話せずにいました。鬱はうつるとも言うし、何より人に不快感を与えてしまっては困る。

やっぱり耐えるしかないのかなと思うけど、今回ばかりは耐えきれそうにないので、自己満足のためにこの文章を書いてます。自分語りしてすみません。アキさんと編集部の方の言葉に励まされたんです。

自分を卑下して、自分が嫌いだと言いつつ、傷つくことをこんなにも恐れてるってことは、自分が何よりもかわいい証拠じゃないか。いつどこでこんなに歪んでしまったんでしょう?

 


【投稿者】
さゆり さん

【プロフィール】
22歳大学生
対人恐怖を拗らせてます

 


【関連記事】
機能不全家庭で育った過去を、対人援助職の仕事で活かそうとして失敗した話


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム さゆり 社交不安障害
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

koekake 返信

自分を可愛いと思うことはおかしなことではありません。
むしろもっともっと可愛がって大切にしてあげてください。
これでもかと思うくらい自分を愛してあげてください。
そしたら意外と突破口が見つかるかもしれません。

ヒッキー 返信

誰にも会わず連絡も取らず、部屋に引きこもって普段のぎこちないコミュニケーションを思い返しては死にたくなっています。ちょうど今がその期間みたいです。

こんな無能な自分が生きていける世界はあるのか、いやあるわけない。毎日「バイト 辞め方」で検索をかけ、同じような境遇で悩む人の相談に対する、誰かの「甘えだ」「逃げるな」という回答を見て、ほんとそうだよなぁ、でもつらいんだよなぁ、って泣きそうになります。手が震えても腹痛や吐き気に襲われても、ここで辞めたら負けを認めることになるから、辞めるわけにはいかないんです。

↑凄い分かります

コメントを残す

会員のみコメントが可能です

新規登録する

ログインする