家族との絶縁を目標に生きる私

体験談 機能不全家族 rumi

こんばんは。

閉鎖病棟でのほほんと生きているrumiといいます。
今日はどうか、私の悩みをひとつ聞いてください。よろしくお願いします。

私には「安心してただいまを言える家」がありませんでした。

いままで私は、それを手に入れるために、家族から愛されるために、暖かい家族になるために、自分なりに必死で努力をしてきました。

父に愛されたいが為に勉強や部活を頑張りましたが、上手くいきませんでした。
母を守りたいが為に父の暴力を止めようとしましたが、怖くて出来ませんでした。
兄弟を救いたいが為に良き姉であろうとしましたが、思うようにいきませんでした。

どれも駄目でした。

 

結局、高校生になってからは「将来家族と絶縁する」ということを目標に生きました。

『成人したら、戸籍を分籍する。
引越しをして、住民票の閲覧制限をかける』

暇な時はそんな事ばかり考えて、苦しい時はその事を考えて乗り切りました。

が、高校生活の終盤で精神を病んで、もう2年ほど休養しています。

 

成人まであと少し。私は家族との距離感がわからなくらなくなってきています。

絶縁したいのか。
距離を置きたいのか。
信頼関係を築いていきたいのか。

あなたには、家族との理想の距離感はありますか。

私にはわかりません。考えても考えてもわかりません。

いつか、折り合いをつけられる日が来るのでしょうか。


【投稿者】
rumi さん

【プロフィール】
境界性パーソナリティ障害、双極性障害Ⅱ型、複雑性PTSD持ち。
チョコレート一緒にほほんしてる人が居たら私です。

Twitter ︰ @Afterglow_ru


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 機能不全家族 rumi
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

山本 返信

わたしも家族と距離を取っていますよ!
27歳女です。
母が躁鬱とアルコール依存症です。
小さい頃から酒で暴れる母がとにかく怖かったですし、助けてあげたかったです。
でも無理でした母は暴れて悲劇のヒロインぶるのが幸せなんだな〜って思いながら生活してます。
分籍や閲覧制限はしていませんが、そのままを受け入れてお互いのために干渉はしあわないと決めています!(わたしが勝手に決めました笑)
だから実家に帰るのはもうやめました。

なつめ 返信

rumiさん、こんにちは。
私は27歳の女性でrumiさんと家庭環境が少し似ているなと思って共感したのでコメントを送ります。
私は18歳になったら絶対に家を出ると決めて、寮がある会社に就職しました。今は退職して一人暮らしをしながら療養中です。慣れない頃は少し寂しかったけれどすぐに「あの家から離れられて良かった」と思っています。
喧嘩をする両親の仲裁もしなくて良い、良い子でいる為にいつも顔色を伺わなくて良い、「弟と比べてお前は何でも出来て良いね」と私の必死の努力を一切褒められずにため息をつかれなくても良い。
誰にも邪魔されない私ひとりだけの場所を確保できて安心しています。
半年程カウンセリングを受けていますがまだまだ家族についてのことは簡単に整理がつきません。家族のことって根深いから折り合いをつけるのって難しいですよね。
絶縁も良いけれど、まず最初に一人暮らしから始めて、rumiさんが安心できる場所を作って、少しずつ距離を取っていくのも良いのかなと思います。
私の好きな「西の魔女が死んだ」という本に「自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う必要はありませんよ。サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中では咲かない。シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、だれがシロクマを責めますか」という台詞があります。
rumiさんが穏やかに日々を過ごせるように祈っています。

コメントを残す

会員のみコメントが可能です

新規登録する

ログインする