彼氏に依存しない方法 「認知行動療法」で恋愛に客観的な視点を取り入れよう




初めまして。もも子です。
恋愛に関してメンヘラ耐性の無い健常者と付き合い続けるためのライフハックをシェアしたくて投稿しています。

簡単に自己紹介です。
友人に勧められて行った病院で、落ち着く薬を出されています。「認知のネガティブな偏りが著しい」と言われ、認知・行動療法なるものを勉強中です。病名はついていないので恐縮ですが、恋愛、恋人への依存が激しく、相手の心が離れていると感じると、パニックに襲われて泣き叫んで狂人のようになっていました(相手の前ではお風呂に逃げて声を殺していました)。仕方のない女です。

幼少期から「男は私を裏切る」という歪んだイメージがありました。浮気性の父親で、母親をメンヘラ化させた初めての「男」との出会いからです。二人目のクズ男との出会いで恋愛依存メンヘラが開花し、以降自分の恋愛依存で悩み続けてきました。

しかし現在、淡泊な健常者の彼氏には「もも子さんは全然メンヘラじゃない」と言われ、何とか、長期的にお付き合い出来ています。

そりゃあ、頑張って、頑張って、メンヘラを抑え込んでいるもん!!と言いたくなりますが、そっか、とだけ言っています。そっか。

彼とはもしかしたらこれから別れるかもしれないけど、これだけメンヘラを抑制して付き合えたということだけで一つの自信にはなっていますし、感謝してます。

 

話を戻します。

「彼氏 依存しない方法」などと検索すると、コラムサイトの三文記事が引っかかり、健康そうな記者の書いた理想的な言葉に虚しくなりませんか。「恋人以外との人間関係を築こう!」とか「束縛しすぎる愛は愛じゃないと気付こう」とかの美しい言葉、私には腹立たしくさえ思えます。だって彼としか人間関係築けないし、束縛したいんだもん。依存こそが私の恋愛なんだもん。

依存って何ですかね。彼なしでは生きていけないような状態で、その結果、迷惑行動をとってしまうことが問題だと私は思っています。

こと我々メンヘラは、相手と自我との境界線が曖昧な感じがします。自分の思うように相手が動いてくれないと不安になったりしませんか。べったりくっついて、完全に理解しあいたいと思ってしまいませんか。思うのみならず、それが出来ないと相手を攻撃したりしていませんか。私はついついそうしてしまいがちでした。

そこで私は、今までメンヘラ的迷惑行動をしないようにする上で効果があったと思う事を「書く」「読む」という二つの軸を中心に紹介します。これは認知行動療法(ざっくり言うと考え方の偏りを修正したり、不適切な行動を改善していくこと)をベースにしたものです。

やったことは、「事実(あったこと)と認知(考え)と行動を区別して書いて読む」です。

結果、以前の彼氏相手にやっていた、「私の事本当に好きなの?嫌いじゃないの?別れよう?」という愛の「試し行動」をあまりしなくなった、毎日の重いラインを減らすことが出来た、不安に襲われても一日連絡しないように出来た、等の効果がありました。

具体的には、

a.紙に、あったことや言われた言葉(事実)と思ったこと(認知)、あったことへの対応(行動)を区別して書く

b.ラインで彼氏の名前とアイコンをつけた一人だけのグループを作り、考えを連投して読み返す

この二つです。

 

a.紙に事実と認知、行動を区別して書く

aでは、自分の考えが案外飛躍しているんだなと気づけるのが収穫です。

実際、彼氏とのやりとりでかなりのショックを受けた後、衝動的にノートに書いていたものが以下です。(三列に紙を分割し、横方向に比較できるように書いていた)

・あったこと
彼氏に「どっちでもいい」「好きにして」と言われた

・思ったこと
「面倒くさそう」「もう好きじゃないんだ」「私を怒らせないようにただご機嫌を伺っているだけ」と思った

・対応
「えー」と言った

これを見ると、「どっちでもいい」と言った彼氏のことを何故か異常にネガティブに捉え、嫌がっている私の様子が解ります。「あったこと」に、「面倒くさそうに言われた」と書きたいところですが、そこは区別します。あったことだけを書くのがポイントです。「面倒くさそうに」はこちらの主観なので。

一回でいいのでやってみると、まるでインドに行った大学生並に世界観が変わります。「私はこんなにも、彼の言動を悪い方に捉えていたんだ!」と思いました。

そして、ひと呼吸おけるので「私のことなんて好きじゃないんでしょ!」といきなり怒るのを避けることが出来るようになりました(どうしても許せないなと思った時だけ、昼間に、理由をつけて伝えるようにしました)。

相手を、自分とは別の独立した人格の人間だと思わなきゃな、と思えるのがメンヘラ的に良いです。

 

b.ラインで自分一人だけのグループを作り、考えを連投して読み返す

これについては、もう感情の赴くままに「死にたい、消えたい」「もう別れよう、好きじゃないんでしょ」などと、言ってはいけないことや別れのメッセージやスタンプを連投するようにしています。

後から読んで酷いなと思うのですが、本人に送らないだけマシ、いわゆる身代わり人形です。付き合う相手にも人格がありますから、こういう感情のサンドバッグになり続けるのは難しい。彼氏の偽ラインアカウントは、私たちの黒い感情を黙って受け止めてくれます。これは、私に全ての感情を伝えてくる母親を反面教師にして考えたものです。

そして、この時の私はこんなに別れたがっていたのに、今は平気じゃん!大丈夫!と元気をもらえたりします。

例えば9ヶ月前に別れ話を送ろうとしていたのですが、今も無事仲良しです。これを送らなくて本当に良かった。あと9ヶ月はいけるかもしれない。こんなに別れたいと思っていたのに、案外自分の気持ちなんてテキトーなんだと自覚する。過去のメンヘラの自分に元気をもらう、この完全な循環型メンタル構想、すごくないですか。

ポイントは、実際に相手を攻撃するという行動に移らないことです。一旦、自分の頭の中でわんわん泣いているメンヘラだけを分けて書いて、読んであげる。誰にも迷惑はかかりません。そして疲れて寝てしまったら、案外翌日には別れたくなくなっていたりするものです。

認知・行動療法では、

「問題を具体的な行動(思考、情緒、運動全てを含む精神活動)として捉え、どのような状況でどのような精神活動が生じるのかという行動分析をします。」

日本認知・行動療法学会HPより)

ということですが、どういう時に自分が相手のことを疑って不安になってそれをぶつけてしまうのか、心の動きを客観視・分析するというのが良かったのだと思います。ラインだと、特に日時が残るので、深夜2:00ごろにヤバくなる、とかいうことも分析できるようになります。

以上二つのことで、私は「男は私の事を軽んじているし基本的に別れたがっている」という歪んだ認知が、相手の見え方をも歪ませているということがわかりました。

十分自覚のある人もいると思うのですが、ぜひ自分のことを、自分の手を動かして書いて読んであげてほしいです。

 

長くなりました。

言いたかったのは、内面のメンヘラは治すのが難しいけれど、客観的な視点を取り入れる工夫で随分と恋人との関係性が変わってくるということです。

恋人相手には何でも思ったことを言うべき!という考えの方もいらっしゃるでしょうが、それに耐えてくれる相手は稀だな、耐えられてしまう相手もどこか狂っているなと思ってしまい、私は厭でした。ここは恋愛の宗派の問題だと思います…。

以上が私なりの、健常者と付き合うライフハックの一つでした。
読んで下さって有難うございました。

 


【投稿者】
ずるりもも子 さん

【プロフィール】
浮気性で家庭を崩壊させ蒸発した、借金狂いの父親と、過干渉でメンヘラな母親との黄金タッグで育ち、母親のカウンセラー兼伴侶としてACっぽく生きてきました。
男性との交際を始めてから、両親の蒔いた種がひょこっと芽を出し、死にたさと生きづらさで苦しいです。通院中。診断名は無いです。不安が強いのでダウナー系のお薬を飲まされました。性欲が旺盛です。
Twitter:@momo_5ch(えっちな絵を描いてえっちな話しかしていません)
ほしいものリスト:こちら


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


2 件のコメント

  1. うきこ 返信

    朝から情緒が不安定で彼氏とも喧嘩してもう色々といやになって死にたいと検索したところこのサイトに出会い、このライフハック記事に出会いました。
    わたしがいつも彼氏にしてしまうような行動の対策、依存をやめたいときに出てくるコラムの綺麗事の羅列への苛立ち、わたしの恋愛にたいする悩みがいっきに救われました。

    本当にありがとうございます。
    この方法を実践してみてわたしにも変われるかわかりませんが
    試してみようと思います。

  2. ずるりもも子 返信

    >>うきこさん

    コメント頂き恐れ入ります。
    情緒が不安定な日はコントロールが大変ですよね。

    偉そうに書いた自分も、ヤバい感情の波が来る度に理性でこういう考え方をして、ギリギリのラインを保ちながら何とかこなしているだけです。恋愛依存完全克服とは言えません。依存の矛先をこういう努力に向けているだけかもしれません。一緒に頑張っていけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)