機能不全家庭で生きるか死ぬか 父親の罵声に怯えながら過ごす日々

コラム ADHD(注意欠如多動性障害) 機能不全家族 しそ

こんにちは。また性懲りも無く書きました。ADHDで底辺の生活をしています。

今回書かせていただこうと思うのは私の家庭です。主観的ですが大変窮屈で辛いです。なんとかしたいです。消えたいです。いなくなりたいです。無理なら消したいです。誰をとはあえて言いませんが。

家庭の愚痴をちょこっと書かせてください。「わかる~~」となっていただければ幸い、鼻ほじりながらでも暇つぶしに読んでください。

 

本題です。
私は現在母、父、父方の祖母と同居しています。そして父と祖母が憎いです。殺したくなるほど憎いです。毎日憎悪を募らせています。

なぜ父と祖母をそんなにも嫌うのかというと、父は私の幼い頃から祖母につっかかり、大声で怒鳴り散らして機嫌を悪くすれば物に当たる、祖母は毎回一言多く母を散々精神的に痛めつけてなおのうのうと生きています。祖母は息子の父が大好きなのでしょう、怒鳴りにもびくともしない、どつかれようとも猫の甘噛み程度にしか思ってないようなそぶり。実際に怒った父親が祖母をどつこうとしたり、カッとなって急須を投げつけて家のガラス戸を割った前科があります。

原因のもう一つに私の性格があります。わたしは人の怒鳴り声が一番嫌いで、人の怒りに過度に恐れる癖があります。どうしても何を言われても諭されても治すことのできない短所です。怒鳴り声が、自分でも誰かにでも怒っていること自体に恐怖を覚えてしまいます。

家族が集まる夕食時、幼い頃から毎日のように怒鳴り声を直に聞き胸を痛め恐怖を植え付けられながら育ち、20を過ぎた今も父の爆発と祖母の要らぬ言動は絶えず、近所に怒鳴り声が響き渡る始末です。

私の精神的な弱さや心身の衰弱もあいまったとき、私は意を決して両親の前で泣きながら訴えました。「せめて怒鳴るのだけはやめてほしい」「楽しくもないのに場の緊張感を和らげるためにヘラヘラ笑ってたことが辛かった」と、色んな思いを涙と一緒にぶちまけました。父の顔は見ていません。怖かったから。母にはたくさん謝られました。母も怒鳴りや理不尽な物言いや振る舞いに耐えてきた被害者なのに、精一杯謝ったのが母だけでした。父は何も言わずにただ座っているだけでした。

 

話は変わりますが、私はもうしばらく祖母と話をしていません。何を言われても答えていません。辛くて答えることができません。許せなくて返答できずにいます。

その理由に私が言われたショックな一言があります。私がADHDと診断されて身も心も困憊していたときに、祖母もまた「私はもうだめだ」「病気だからどうしようもない」と悲観的になっていました。彼女の言う病気の意味がわかりませんでしたが、正直「いやお前のは病気でもないし、それは歳のせいでもあるのでは」と思っていた矢先に言われた一言です。

「あなたはいいよねぇ、治る病気なんだから」

は?????????
病気でもないんですけど???
心は正常ではないけどそこは治せる、でも根本的に発達障害は治せませんけど????????
あなたの「病気」とやらのほうが治せますよね??????????????

と、怒りと呆れと悲しさとかもう色んな感情が一気に押し寄せ、瞬時に「もうこの人とは分かり合えない」と完全に勝手に心を閉ざしました。

話が逸れて申し訳ありません。そんな父は私が泣いて訴えたことを気にしているのかいないのかわかりませんが、お互いに気まずくなって会話もなくなりました。顔を合わせることもほぼありません。しかし私の精一杯の訴えも虚しく、父の怒鳴り声は止みませんでした。

「何を言ったって通用しないんだな、あの苦しさも涙も全て無駄だったんだ」と虚しさと悲しさが同時に押し寄せ、もう、彼のことを父と呼ぶことも嫌になり、現在に至っては居るだけで恐怖と苛立ち、今までの憎悪が混じり「死んでほしい」と本気で願うようになってしまいました。最低なのはわかっています。

祖母のあの言葉も絶対に許さないし、思い出すたびに腹立たしく憎悪が溢れてきます。人の人生を馬鹿にされたような気がしてならないのです。なのにのうのうと生きている。何も気にしてないような顔で。祖母の存在が苦しくて辛くて「死んでほしい」と願うようになりました。

 

2人に死んでもらわなくても私が死ねばいいと何度自殺を考えたかわかりません。「もう首を吊ってしまおう」とベルトに首をかけたこともありました。私の心が弱かったのです。出来ませんでした。死ねませんでした。

家に居場所がありません。仕事からヘロヘロになって帰ってもあの2人と関わらないようにしようと必死で辛いです。一人暮らしは一年前にしていました。最終的にストレスフルでコンビニ通いと化し、生活もままならなくなったのでもう一人暮らしする自信もありません。情けないです。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。甘ったれたことばかりでごめんなさい。

実家に住むことと死が天秤にかけられ同じ重さで存在している。苦しくて仕方がありません。黙って怒鳴り声を聞きながら生活するか死ぬか、その2択しかないように感じます。

これはただの愚痴です。どうしてほしいということもありません。ただ死にたいです。苦しいです。それだけが言いたかった。

すみません。こんな情けない底辺以下の存在がこんな甘ったれたことを言ってしまって。ごめんなさい。

気持ちを吐き出させていただきこんな支離滅裂な文章に付き合っていただきありがとうございました。眠剤飲んでから書いてるので誤字脱字あるかもしれません。多めにみてください。もう寝ます。

誰か私を殺してくれないかなぁ。私の今の切なるしょーもない願いです。
最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。

 


【投稿者】
しそ さん

【プロフィール】
ADHDのろくでなし底辺看護師。父親と祖母への殺意が日に日に募る。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント

captcha