イマジナリーコンパニオン 心の中に「お姉ちゃん」を作ってみたら少し楽になった話




はじめまして。コロと申します。
現在都内に一人暮らし、お手帳3級ですが職探しが難航していておうちでだらだら~と過ごしております。

今回は、タイトル通り「こころの中にお姉ちゃんをつくってみた」というお話です。

ヲタクのキモイ妄想かよ・・・と思った方、察しがいいですね!・・・じゃなくて、真剣におねえちゃんを創造してみたのです。暇を持て余しまくっていたら少しお付き合いいただけたら幸いです。

わたしは2人姉妹の長女です。特段「お姉ちゃんなんだから」的な抑圧は受けませんでしたが、無意識に何かを感じたのか「真面目」で「いい子」を長いこと演じてきました。それは社会に出ても同様で、真面目というのは言い換えれば頑固であり、それが自分を苦しめてきました(発達障害なんかもありましたが)。いろいろがいろいろで結局鬱になり、正社員を辞め、5年くらい経ちます。

この5年の間アルバイトなどで食いつないでいましたが、ここ半年はひどいモノでした。「死にたい」からなんとか目を背けるためにOD、リスカ、アムカ、瀉血、抜毛etc、一通りやって自己肯定値はマイナスを振り切り、「わたしが生きているのは、関わった人々にショックを与えないため」だから、死なないように、ただ生きていました。

「自己肯定感」がこころの病では重要になってくるのは、皆様ご存じかもしれませんが、よくメンタル系の書籍では「自分を褒めましょう!」「ありのままでいいのです」等書かれていますね。大事なことだと思います。

でも、自己肯定値がマイナス振り切ったわたしがどうして自分を認めることができようか。罵詈雑言なら浴びせられますが。そんな捻くれた感じで日々を過ごしていた時の夜のこと。

睡眠導入剤を飲んでもなんだか寝つきが悪く、布団の中でいつもの「自分への悪口祭り」開催。そしてふと、上記の事を思いました。

「自分で自分を褒めるなんて無理に決まってんじゃん」

「じゃあ他の誰かだったら」

「友達の○○さんだったらこう考えるかな」、しっくりこない。

「友達の○○さんはわたしの死にたみを0から100まで理解することなど、できない。悲しいけど、他人だから」

「てことは苦しみをわかってあげられるのは自分自身じゃないの?」から「いやだから無理に決まってんじゃん・・・」とループするかと思いきや。

「3年後くらいの人生バラ色うつも寛解して幸せで優しい自分だったら・・・」

ピコーン!と脳内であの漫画みたいなランプが光りました。

「『成長した自分』からの言葉なら、受け入れられる気がする。だってわたしのつらみを知っている唯一の人だもん」

ということで、わたしは脳内おねえちゃんを作ることにしました。

脳内おねえちゃんには私の理想を詰め込みます。将来の夢を叶え、精神的にも自立し、日々充実している。人にも優しくできるコロ(推定28歳)。・・・そんな人が周りにいたら嫉妬してしまいますが、これはわたしの脳内です。そして未来の自分自身の姿(妄想)なので、完璧であるほどテンションも上がります。

そして静かに目をつむり、おねえちゃんに話しかけます。

「(毎日が辛くて苦しいよ)」
「(誰もわかってくれない)」

おねえちゃんは言います。

「(そうだね、3年前の私はとても辛かった。今その渦中にいるんだね、よく毎日耐えてるよ、えらいよ)」
「(わたしにはコロちゃんの気持ちが分かるよ。だってわたし自身だから)」
「(でも今わたしはとても幸せ!素敵な旦那さんと毎日穏やかに過ごしているよ。今のコロちゃんが踏ん張って生きてくれたからだよ、ありがとう)」

ふわぁ~と心が楽になっていくのが分かりました。

その後も脳内でおねえちゃんに甘えまくりました。やっぱりヲタクのキモイ妄想かよ!というツッコミは華麗にスルーしましょう。ほほほ。

さて、そんなこんなでわたしの脳内おねえちゃんの話をさせていただきました。いかがでしょうか。別に、脳内に作るのはおねえちゃんじゃなくてもいいんです。あなたが心の拠り所になりそうな人、かつ投げかけてくれる褒め言葉を違和感なく受け入れられそうだな~という存在。

「わたしはおねえちゃんじゃなくて逆に小さい頃の自分に褒められたい」
「めっちゃイケメンの速〇もこみちみたいな彼氏に褒められたい」
「二次元のあの子にめっちゃ甘やかされて肯定してほしいなぁ」でも、なんでもいいんです。

眠れない夜、めちゃめちゃ自分を甘やかしてみませんか。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


【投稿者】
コロ さん

【プロフィール】
19歳でうつを発症、軽度ADD発覚。
フリーターになり病状が落ち着いてきていたが25歳で再発。
現在治療しながら夜間の専門学校に通学中。

Twitter:@mata_ri__uhauh(ほぼROM専ですがよろしければ…!)


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)