自殺未遂の後遺症と、恋人との別れ。これからの生き方が分からない

コラム 自殺未遂 あまつぶあめこ

メンヘラ.jpの読者のみなさん、こんにちは。

数ヶ月前にここに『飛び降り自殺未遂をした私の心は一度死んで、人とのふれあいで価値観が変わった』を投稿したのちに、色々しんどいことがあったのでまた書いてみようと思います。

愚痴と駄文ですが、最後までお付き合いくださると嬉しいです。

 

■春先に突然、新たな後遺症があらわれた


前記事の『飛び降り自殺未遂をした私の心は一度死んで、人とのふれあいで価値観が変わった』を参照していただけると有難いのですが、私は自殺未遂で軽度の脊髄損傷を負いました。当時は腰痛と左足骨折の痛み、膀胱直腸障害で嫌だなぁ辛いなぁと、苦しみつつも何とかやっていけたんですよね。精神的にも大きな気分の波もありませんでしたし、恋人にもほんとうに良くして貰って。

それが今年の春先からちょくちょく、歩くと両足に痛みが生ずるようになりました。初めはそれが単なる筋肉痛だと楽観視していたけれど、症状は日に日に悪化する一方…。

定期検診でいつもの整形外科で診察を受けたところ、主治医にこう言われました。『いわゆる後遺症の一種だね。鎮痛剤で痛みコントロールをしようか』、と。入院中にもしかしたらいつかいろんな後遺症に見舞われる可能性があるとは言われていたけれど、実際身に降りかかると受け止めきれないというか、どうしてここまで苦しまなきゃならないの?と、落ち込むわけです。自分で死のうとしたのに。

こんなことになるなら計画を立てて遂行すれば良かった。生きてても苦しみ続けるだけだ。この気持ちは今でも消えることなく心にあります。

 

■恋人との別れ


3年間友達だったり恋人だったり、不安定だけど仲の良かった恋人に、先月振られました。

私自身の未熟さと、彼自身の心の余裕のなさが主な原因。価値観の違いや些細なことで時々喧嘩していましたが一方的に距離を置かれて、別れて、見捨てられ不安ではなく「見捨てられた」と思いました。

私が未遂したからいけなかったのか?とか色々考え込んだりしたり、日記帳には自分の反省点もピックアップしてみました。反省しても、やり直したくても、もう彼とは恋人関係には戻れない。親友としてなら本音を言い合える関係でやっていけるけれど、バリアを張られた今、やっぱり私は自分を責めてしまうし、私なんていなくても誰にも必要とされてないからいつ死んだっていい。そんなことを思います。

 

■これからどう生きていこうか、わからない


死にたいまま苦しみもがきながら、治療しながら生きていく人生は、とてもつらい。今までもそうだったし、きっとこれからもそうなんだと思う。

カウンセラーにPTSDと言われたって、両親と和解したくっても、もうふたりとも居ないからそれすら出来ない。新しい友達やパートナーがいたら少しでも人生を楽しめるかもしれない、そう思うけれど精神障害と身体障害の両方もあるとかなり難しい。だけど、孤独はもう勘弁だ。でも、頼れる人もいない。

大事なのは、私自身がこれからどうしていきたいか。この歳になってようやく岐路に立たせてもらった。何をやりたいか、学びたいか、どんな人と出会ってみたいか。

自分と向き合い続けていくのは苦しいけれど、「生きる」を選択するのなら、私にはもうこれから先を考えていくしかありません。

 


【投稿者】
あまつぶあめこ さん

【プロフィール】
境界性パーソナリティ障害、睡眠障害など。投薬、心理カウンセリング長期治療中。
昨年の自殺未遂による後遺症でしんどい。詩書き、コーヒー好き。
・ブログ:透明境界線
・ほしいものリスト:こちら


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム 自殺未遂 あまつぶあめこ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

ちゅま 返信

どうしようもなくつらくなりました。私もいま自殺を考えてやり方も調べて、結局失敗して出来なくて絶望感とか不安感で泣いてでも泣いたところで無意味だって気づいてしまいました。私もODを長年続けたせいもあり、自業自得ですが体も脳もズタボロにしてしまいました。もっと生きにくくなりました。毎日楽しみも喜びも安心も感じることはないのに、不安や悲しさや苛立ちはこんなにも頭の中をぐるぐるごちゃごちゃ回していきます。つらいですよね。薬も効かないし生きるのもう疲れちゃいましたよね。けど、私も死んでもなお意識があって苦しむかもしれないのならもう少しがまんして生きることに決めました。お互い1日でも長く生き延びてやりましょうね。

あまつぶあめこ 返信

ちゅまさんへ、はじめまして。
自業自得だと思わずにいられなくなってしまいますよね。私も発病してから今まで何度ODをした事か。何でこれほど苦しみながら生きているんだろうって。つらいですよね、本当に。
つらい時に泣くことができるのはとても大切な気がします。悲しい時は泣いていいと思います。
生きづらいこの世界の中で私も生き延びていくと決めたので、ちゅまさんもどうか生きていきましょう。お話しして下さり、ありがとうございます。
あまつぶあめこより。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント

captcha