同性の女友達への片思いと依存

コラム ジェンダー さかな

はじめまして。

普段はメンヘラ.jpを事ある事に眺めているのですが、今日は私のどうしようもない出来事の話を誰かに聞いてほしくて、この文章を書く事にしました。読みにくい文章で申し訳ありません。

 

私は23歳の女です。仕事は今月末には辞めます。まずは仕事について書かせてください。

仕事を辞めることになったのは、私があまりにも人とコミュニケーションができなかったからです。理由はわからないのですが、人に話しかけることに酷く恐怖を感じてしまいます。簡単な連絡事項を伝えることも難しく、家族にすら話しかけられないことも多いです。人前に出ることが怖くて仕方がないです。そんな簡単なことがどうしてできないんだろう。考えても考えてもわからなくて、でもどうしてもできなくて、怒られて。

そのため対人職ではない医療関係のお仕事をしていたのですが、スタッフと連携なんてもってのほか。他愛ない世間話すらろくにできない。どんどんお荷物になっていき、辞めることを上司からちらつかされた時、これを機会にと辞めることを即断しました。

その時には、もうわりと参ってしまっている状態でした。

眠れない。ずっと気持ち悪い。吐き気がする。職場にくると息がしにくくなる。立ちくらみがひどい。何もないのに涙がぼろぼろ出てきてしまって泣いてばかり。仕事はろくにできなくて、トイレにこもりがちになってしまい、怒られました。「それで給料もらうの?いいね」って。当然です。当然ということはわかっているのですが、どうしても辛くて、死にたくて、落ちつきたくて、その時手持ちにあった薬を全部飲んでしまいました。量が足りなすぎるから体調を崩す程度で死ななかったけど。

何もできない、死ぬことすらできなかった。そんな自分が嫌で嫌で仕方なくて、死にたさばかりが積もりました。

何回も死にたい、消えたい、と検索窓に打ち込んでいたら、このメンヘラ.jpを見つけました。ここの話を読むことは心の拠り所になりました。

 

病院には行きました。社交不安障害と言われ、薬をもらいました。でも、薬が合わなかったのか、副作用で日常生活に支障が出てしまったので薬を飲むことをやめました。たった3回しか行きませんでしたが、病院に通うこともやめてしまいました。

理由としては、情けないのですが、病院の受付看護師さんがすごく冷たくて怖かったことと、先生と話すことが嫌になってしまったからです。先生は悪い方ではなかったのですが、できないことばかり言われてつらくなりました。

他の病院を探せばいいのかもしれませんが、ちょっとまだそんな気力はありません。電話するのが怖いんです。

 

私は、病院に行ったことを家族にさえ言えずにいました。言えたのは、職場の上司と、一人の友人です。

私には依存している友人がいます。私は彼女のことが恋愛の意味で好きです。片想い5年目です。何度も好きとは言いましたが、本気にはしてもらえていません。

その友人にもすべては言えなかったけど、仕事をやめたい、病院に行った、薬を飲み始めた、ODした、つらい、死にたい、ということを時々言うことが出来ました。そんなことを言えたのは本当にその友人だけでした。

友人は何故なのか、私の欲求に対してあまり拒まない人でした。毎週毎週会いたいと喚く私にわりと答えてくれ、話したいと言えば夜にSkypeで話してくれ、お出かけをした時に手を出すとつないでくれ、頼めばハグをしてくれて、撫でてくれる。依存するに決まってました。私の愛はどんどん重くなりました。

ある日、寝てる友人にこっそりキスをしました。なんだか久しぶりに、すごく幸せな気持ちになりました。

そして次に会った日も、眠い。と言って目を閉じた友人にキスをしました。口の中も舐めてみました。ついでに動画も撮りました。温度も言葉もその場ですぐ消えてしまうから、せめて動画として、その瞬間を形のある時間として残しておきたかったのです。でも、許可なんてとれないので盗撮です。寝てる人に了解もなくキスをしまくったうえに盗撮。もはや犯罪です。最低なことをしました。そして当たり前なんですけど、さすがにバレました。

友人は、起きてから静かに、「どう思ってるの?」「動画を消して」とだけ言いました。あとは「まともに寝かせてくれ」、だったかな。今思うと、もしかしたらめちゃくちゃ怒っていたのかもしれません。どう思ってるの?には、答えられませんでした。言って、拒否されるのが怖くて。黙ったままの私に、友人も何も言いませんでした。

友人が帰った後、動画は端末からは消しました。でも、どうしても完全に消せなくて、こっそりドライブに残してあるんです。最低だなあ。

その日は、友人が行きたい場所があったことも知ってました。でも友人にかまって欲しくてわざと出かけさせませんでした。その上この仕打ちです。最低だ。謝罪の言葉も送りましたがまだ返事がありません。妥当ですが、つらい。死にたい。

 

私がいないほうが友人はずっとずっと幸せなのだろうなといつもいつも思います。いつも別れるたび死にたくなっています。嫌われてしまっていたら、きっともう生きていけない。私の生きる理由が、完全に彼女に依存してしまっているのです。彼女がいない世界の意味がどんどん薄くなってしまっています。そんなこんなで、私は未だに依存から抜け出せずにいます。ずっと返事を待っています。

友人とずっと一緒にいたい。私のものになってほしい。こんな私から解放してあげたいけどしてあげられない。

私はどうしてこんな最低で、なにもできないだめな人間になってしまったのでしょうか。いつかまともな人間になりたいです。

こんな話を最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 


【投稿者】
さかな さん

【プロフィール】
23歳無職予定のオタク女。ストーカー気質。人生リセマラしたい。
Twitter:@haigyo_fish


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム ジェンダー さかな
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

会員のみコメントが可能です

新規登録する

ログインする