普通の子として産まれたかった。「変な子」として生きる孤独と生きづらさ

コラム 双極性障害 ADHD(注意欠如多動性障害) OD メイ

私は幼稚園のころから今に至るまで、とにかく「変な子」と周りから評され続け、私自身も幼いながらに「私は周りの子と何かが違う」と自覚していました。

皆がサッカーをしているときは砂場で一人泥だんごを作っていたり、皆と違う行動ばかりとっていました。おままごとには興味がなく、一人で本を読んだり絵を描いたり虫を捕まえたりするのが楽しみでした。

高学年になるあたりまでは1日で落書き帳一冊を使い切るくらい絵をたくさん描いていました。しかし高学年になって、ある女の子に「私のほうがうまい」と言われたりすると自信がなくなって、途端に絵を描く気力が無くなってしまいました。気が強い女の子にキツいことを言われたりパシらされたりして泣いてばかりいました。

それでも一人だけ気が合って仲のいい子が出来ましたが、その子は中学受験をして私立の中学へ行ってしまい離れ離れになりました。進学した地元の中学には、他の小学校から来たいろんな知らない子がいて、皆たいへん気が強く、怖く思えました。

中学では、本当はバスケ部に入りたかったのですが、体験入部したときに少し先輩が怖そうだったので、とりあえず大人しそうな子たちが集まる美術部に所属することにしました。そのころは友達と話していても楽しくなく、毎日毎日自分の居場所がないと感じていて無気力で勉強にも力が入りませんでした。さらに興味本位で掲示板を作ったことがバレて虐められてしまい、中3になり不登校になりました。

そして、小さいころ絵を描くのが好きだったこともあり、なんとかして美術クラスのある高校に進学しました。そこで気の合う大人しい友達ができ、常に2人で行動していました。高校ではテストの勉強を頑張り、クラスで1位になったりしました。デッサンも上達し、今まで感じたことない自己達成感を得られました。

大学は国公立芸大を受けるためにデッサンをしたりしましたが、ただやみくもにテストの勉強だけを頑張っていた私にとってセンター試験レベルの学習内容なんて当然わからず、本命だった大学は落ちてしまいました。完全に努力不足でした。勉強がそもそも嫌いで、やる気がわきませんでした。

そして今は私立の芸大へ行っていますが、ただただ無気力で創作意欲がわかず、受験時代に「自分には美術しかないんだ」と躍起になっていたのは、ただデッサンが上手くなっていくのが楽しかったからなんだと気づきはじめ、何度も退学届を取りに行きました。とりあえず大学は卒業しなきゃと3回生まで進みましたが、双極性障害の先輩と仲良くなりODを教えられて朝も起きることが出来なくなり留年しかけです。先輩に流されてしまったことを心から悔いています。

自分の無気力と打たれ弱く努力してこなかった性格、想像力の欠如のせいでこんな未来を迎えてしまい、希死念慮ばかり抱いています。友達もほとんどいませんし、毎日毎日虚しくて孤独感が消えず、幸せになれるはずがないと思ってしまいます。

とりあえず卒業し、就職して自立したいと考えていますが毎日毎日無気力で死ぬことばかり考えて泣いています。

最近になりADHD、双極性障害と診断されました。どうしてこんなに生きづらいんでしょうか。後悔ばかりで親にも迷惑かけてばかりだし、本当に虚しくて虚しくてしんどいです。

普通に友達付き合いができて勉強もできる子として産まれたかった。趣味すらなく本当に毎日が虚しいです。普通に幸せになりたい。手遅れになる前に今からでも幸せになる努力をしたいのに無気力と孤独感と希死念慮がものすごいです。どうすればいいですか。

 


【投稿者】
メイ さん

【プロフィール】
中学不登校→高校卒業→芸大生


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

返信

この記事を読み、自分と似た境遇の方がいて同じ苦しみかはわかりませんが、辛くなりました。私も努力をせずに芸大生に(しかも短大)になったので、無気力が続き、現在は家から出ることすらできません。ただただ共感するだけになってしまいますが、こんなにコメントを残さないとと思ったのは初めてです。お互い無気力ですが、なんとか先はあると思えるようになりたいですね。

コメントを残す

会員のみコメントが可能です

新規登録する

ログインする