毎日服を選ぶのが面倒くさい人へ 堂々と、同じ服を何着でも買おう!

ライフハック おこめつぶ

さて、読者の皆様の中に「アニメを1度も観たことが無い」という人はごく少数なのではないだろうか。あるいは「漫画を1度も読んだことが無い」という人に至っては皆無と言っても過言では無いはずだ。多分。

昨今のキャラ萌えアニメではキャラクターの魅力を引き出すためだかなんだか、やれ私服だ水着だ制服だコスプレだと様々な衣装を着せられるキャラクターたち。しかし、基本となる衣装は多くの場合1種類のことが多いだろう。学生ならば制服、魔法少女なら変身コスチューム。それはなぜか。

キャラクターの識別をしやすくするというのが1つ、そして、制作側の負担を減らすというのがもう1つの理由だろう。いや、完全に推測なのだが、そういうことにする。

ひるがえって、現実世界に生きる私たちはどうだろうか。季節、環境、目的、好み、すなわちTPOという言葉にまとめられる様々な理由によって服を日々変えることが「良し」とされている。

はっきり言って面倒臭い。

もういいのではないだろうか。なんで毎日違う服を着なければならないのか。服を選ぶための朝の5分があるのならば寝ていたい。正直な気持ちだ。眠い。

そもそも、誰のために服を着替えなければならないのか?どう考えたって他人の目を気にしてだ。少なくとも私はそうだ。世の中には多くの服を着たい、様々な自分を発見したいという習性がある種族も居るのだろうが、私は違う。面倒臭さが勝るし、最低限臭わない程度の清潔感があればいいじゃないか。学生時代は制服があって本当に楽だったなぁ。

 

そこで私は同じ服を何着も買うことにした。

色違いで買えばまだいい方で、同色の服を何着も買うことだってままある。とくにパンツやら靴下やらは同じ物が3枚も4枚もあることもざらだ。靴だって同じものを最低2足は買う。

着こなしだ、着回しだ、インスタ映えだなんて感情とはグッバイおさらばしてしまおう。ファッション雑誌なんてちょっと素敵な付録を手に入れるためだけのものだ。1枚汚れたところで、失くしたところで気にしない。気にならない。だって代わりはいくらでもある。

悩む時間を朝の惰眠に変えてしまうだけではない。カレーうどんを思いきり啜る、肉汁が跳ねる焼き立てのハンバーグを鉄板で食べる、そういった欲望は全て叶った。他人の視線を気にして腹が膨れるだろうか。いや膨れない。だから、私はこれでいいのだ。そう決めたのだ。

ユニクロとGUへ最大限の感謝を込めて。

 


【投稿者】
おこめつぶ さん

【プロフィール】
全てが面倒くさい精神福祉職。なんとか社会人をやってるソシャゲ廃。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

ライフハック おこめつぶ
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

会員のみコメントが可能です

新規登録する

ログインする