「メンヘラ当事者研究会」第三回 ~居場所があるってどういうこと?~




皆さま、はじめまして。りさです。今回から、メンヘラ当事者研究会の事務を担当させて頂くことになりました。その流れで、今回は私がお知らせをしちゃいたいと思います。

メンヘラ.jpに投稿するのは初めてのことですので、とりあえず簡単に自己紹介をさせてください。
いつもは都内の女子大で心理学を勉強したり、美容系キュレーションサイトでライターをしたりしています。また、いつの間にか20年生きているうちに、家出をしたり、高校を中退したり、母は精神障害者手帳2級、父は身体障害者手帳1級になってしまうという、なかなか「生きづらい」人生を歩んでいます。

自己紹介はさておき、さっそく第三回のメンヘラ当事者研究会についてのお知らせに入ります。

当事者研究ってなーに?って方はこちら↓

「当事者研究」とは – 当事者研究の進め方、おもしろさ –

今回のテーマはタイトルにもある通り、「居場所があるってどういうこと?」です。

前回の『「メンヘラ当事者研究会」第二回 〜「普通」ってなんだろう?〜』というテーマからはちょっと趣向は違ってきますが、今回も日常的に疑問に思うことなんじゃないかな、と思います。

私の「居場所」について考えてみると、気を張らないで、リラックスして居れる場所かなぁ、と考えました。例えば、自室やおふとんの中、彼氏といるときなどなど…。

私が考えた居場所は、かなりプライベートな空間ばかりですが、職場や学校、習い事の空間など、社会的な空間の方もたくさんいるでしょう。

もちろん、生きづらさを考えるのが当研究会です。「居場所なんてない!」という方もいるんじゃないでしょうか。

というわけで、今回は「居場所があるってどういうこと?」というテーマで、生きづらさについて考えてみたいと思います。

具体的な内容としては

・居場所って何?
・自分の今の居場所はどこ?
・自分にとっての気に入った居場所はある?
・その場所がお気に入りになった理由は?

などなど、こんな感じの内容で、お話ししていけたらいいかなと考えています。

ちょっと難しいかも…と、お思いの方もいらっしゃるかと思いますが、普段ぱっぱらぱーの私もついていけるので大丈夫です。一緒に居場所や生きづらさについて考えてみませんか?

なんとなく、その場の雰囲気にモヤモヤしたり、居づらさを抱えたりしている方、こんな感じで居場所っていいのかなぁ…と考えている方など、ご参加いただけたら大変嬉しいです。

当会は、遅刻、ドタキャン、途中抜け等自由ですので、お気軽にご参加ください。

以下、日時と開催場所になっております。

日時:10月14日(土) 16:00〜19:00
会場:〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜 3-16-15 新横浜SKビル6階-B号室
会費:1000円

※会費は会場費、経費、運営者への手当、今後の活動資金に用いられます。

参加したい方は以下のtwiplaからお申し込みください!

http://twipla.jp/events/280444

当日、あなたとお会いできることを楽しみにしております。
ではまた!


【投稿者】
りさ さん

【プロフィール】
都内の女子大で心理士(心理師)になるべく心理学を学んでいる女子大生です。早く心理院試をパスしたり結婚したりしたい。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)