うつ病がよくなればなるほど家族から孤立するわたし

体験談 うつ病 のり

初めまして。のりといいます。私は2年前、高一の時にうつと診断され一週目もきちんと毎日行けたのに、二週目の月曜日、目が覚めてもベッドから起き上がれずただぼました。一学期はほぼ毎日出席し、夏休みも一個上の学年にいびられながら部活をして、二学期のろぼろと原因不明の涙を流していたのをよく覚えています。

私にはうつ病→統合失調症になった姉がいるので、親は「なんでそんなこと言うの」とかは言わずに、「なっちゃったかー」って感じですぐ私を心療内科に連れて行きました。というか、放り込みました。

幸いその心療内科の先生とカウンセリングの先生は私に合っていて、私も治したいと思ったので本気で自分と向き合いました。(でもこれめっちゃきついっすね)それで一年くらい経って、私のうつの大まかな原因が分かりました。

基本的には家庭環境でした。宗教狂いで母にモラハラする父親、同じく宗教狂いで未だに父のことを●●ちゃんと呼びうちの家に来るときは「ただいま」って言って入ってくる祖母、私が我慢すればいいから父のことを悪く言わないでと何故か父を庇う母親。

あとは年の離れた兄弟が三人いるんで四人兄弟なんですけど、この環境で家族にべったりだったらまともな子になるわけでもなく・・・。

というわけで、私はそれまでこの環境が当たり前だと思って過ごしていました。なんの疑問も持っていませんでした。

でも、私は家族から普通の愛をもらえていないなってどこかでは思っていました。それでそのさみしさはどこに行くかというと、学校とか塾の先生でした。まじめで、精神面でも大人っぽく(見えてたらしく)て、勉強も中学までは出来ていたので、どの先生もすごく可愛がってくれました。自分はそれで親の愛の分を埋めて貰ってました。それで同じようなことを高校でもやろうとしたんですが受験が大失敗して、勉強とかどうでも良くなって、そうすると友達と他愛ない話するしか人間関係がなくなってしまって。だからあの日の涙はさみしさからきてたのかなーと思います。

話が脱線してしまった・・・。

要はそのくらい親の愛に飢えていました。兄弟も。そして、もう一つだいじなことを教えてもらえず、育ちました。

先に書いたようにうちの両親は変わっています。兄弟も変わっています。子供の前で、あきらかに父が悪いのにプライドが邪魔して謝らない父、それを許してしまう母親。うちの家ではしょっちゅうある光景です。なので子供もそうなりました。短所を全く親に指摘してもらえず、子供っぽいまま育ってしまいましたのです。すぐキレる・黙って察して貰おうとする・母親が家にいないと落ち着かない…とか。

一番上なんかはほんとに父に似て人の気持ち分からないマンだし、あとはうつとか統合失調になったりしました。結果的に今ニート×3と半引きこもり通信制高校生(私)。ああ・・・。

 

私のうつの原因がわかってからは、明らかに泣く回数が減っていて、普通に過ごせる日が多くなりました。でも、そのぶん家族に対しての怒りというか、なんでの気持ちが強くなっていって、最近ではよく家族に突っかかるようになっていきました。

なんでお父さん謝らないの、とか、なんで子供じゃなくてお父さんの味方をするの、とか、結構言ってます。今も。で、家族は末っ子のうつが収まってきたと思ったら変なこと言い出すようになってお手上げ、みたいな。兄弟はちゃんと自分がどんな状況に置かれているのか分かってないから親の味方。私は腫れ物扱いされています。

私がなにを言ったって、向こうは何年もそれでやってきたから、改善することはないと思います。でも、今のわたしには家族と会話をする方法がこれしか、わからないんです。

今、ほんとはやりたいことがあって、そのために受験勉強をしています。でもなんだか疲れてしまって、丁度2年前のあの日みたいに泣いてしまって、動けなくなって、塾を休んでしまいました。とにかく今さみしくて、この文を書きました。


【執筆者】
のり さん

【プロフィール】
高3、18歳。ゲームが好き。

Twitter : @ssmiynr


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 うつ病 のり
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

会員のみコメントが可能です

新規登録する

ログインする