「気分がしっくりこない」 何をしても間違っているような気がする

体験談 ほし

はじめまして。ほしと申します。

先日かかりつけの心療内科に行ったとき、先生から「気分がしっくりこないことはない?」とたずねられました。もう4年くらいかかっている先生なのですが、そう言われたのは初めてです。そして困ったことに、それは今の私の状態に、どうやら当てはまっているらしいのです。

何をしても、何もしなくても楽しくない。間違っている気がする。みじめになる。落ち込む。
変な言い方になりますが、先生のおっしゃった「しっくりこない」という表現は、私の気分をあらわすのにとてもしっくりきました。

気持ちが「しっくりこない」のは不便だと思います。

たとえばお腹がすいてコンビニに入ったとき、何がほしいのかわかりません。食べたことのあるもの、味が想像できるものが棚にたくさん並んでいます。これは甘くてふわふわ、これはしょっぱくて固い、と思い浮かべることはできるのですが、「欲しい?」「食べたい?」と考えるとわからないのです。

家族の好きなお菓子や欲しがっていた雑誌などは、比較的躊躇無く買うことができます。「買うことは正しいのか?」と思っても「彼女はこれが好き」「欲しいと言っていた」という根拠があるからです。

でも、自分で何が欲しいのかわかりません。何も欲しくないのかもしれませんが。

家で料理をしながら、味付けをどうしたらいいのかわかりません。「昨日はコンソメスープだったから、今日は味噌汁」「煮物がしょうゆ味だから、炒め物は塩味」というふうに決めるのですが、「それを食べたいの?」と自問すると答えられません。

ご飯を前にしても、食べたいかがわかりません。調味料や食材の味はわかるのですが、自分が望んで食べている気がしません。おいしいと思っているのかもよくわかりません。

「欲しいのか?」「どう思っているのか?」を自分に尋ねること自体が間違っているのかもしれません。「どう思うべきか」を普通の人は考えないのかもしれません。

いつごろからかは覚えていませんが、私は時々「なんで自分がここにいるんだろう」と考えることがありました。

感情が大きく動く、あるいは動くべきときが多かったように思います。たとえば小学校の卒業式だったり、映画のクライマックスシーンだったり、部活の発表会のあとだったり。

「嬉しい」「悲しい」「泣きそう」と思ったとき、同時に「どうして私はここにいるんだろう」と思ってすうっと気持ちが冷めてしまうことがあるのです。

抑うつ状態と診断されて、病院や頼まれごと以外ほぼ家にこもる生活を送るようになってからは「自分はいるべきではない」「自分が何かをしたり決めたりするのは申し訳ない」という気持ちにたびたびなりました。

ご飯を食べるのも、病院にいって薬をもらうのも、間違っている気がしてなりませんでした。「自分はいないほうがいい人間なのに、なんでこんなことをしているんだろう」と思いました。自分が何かを選ぶことで、誰かの何かが変わってしまうのが怖いと思いました。

 

その後、処方された薬を(ときどき勝手にやめたりしながらも)飲み、カウンセリングを受け、家事や買い物や在宅バイトができるようになると、その考えは体調が悪いときにふっと浮かんでくる程度になりました。「ああ、調子が悪かったからあんなに落ち込んだのか」ともわかるようになりました。

最近は好きなテレビ番組ができたり、ミュージシャンを好きになってライブにいくようになったりして、そこそこ普通の人っぽく元気でした。薬を処方されなくても大丈夫になったと思っていたのです。ライブで感動したときなどに「どうしてここにいるんだろう」と思っても、おかしいとは思っていませんでした。

最近また落ち込むようになり、今は再び薬を処方されています。家族には、隠していた薬の梱包が見つかるまで言えませんでした。

「気分がしっくりこない」と言われたことも、薬が増えたことも、まだ話せていません。

どうしようもなくさみしくなること、どこにいても別の場所に行きたくなること、何をしても間違っているような気がすることも言えません。スマホを開いてメモ帳に「死にたい」と書いて終わりです(最近、自分の「死にたい」は「人生からいいことが全部なくなってもいいから嫌なことからも開放されたい」という表現が近いかなと思っています)。

考えて動けないことはよくないことだと思うのですが、考えないで動くこともできません。誰かがやってきて、ぽんと正解を与えてくれたらいいのになと思います。「次はこれをすればいいよ」「普通はこれを見てこう思うんだよ」「こうやって生きれば間違いじゃないよ」みたいに。

正直こういうことを考えるのは嫌いです。ロボットになれたらいいのにと思うこともあります。

「気分がしっくりこないことはない?」と言われた受診日から、ずっと体調が悪いままです。気分も、さみしくてみじめで「しっくりこない」ままです。

誰にも言えないので、ひょっとしたら同じような人がいないかなと思って、あわよくば知識を持っている人がいないかなと思って、投稿させていただきました。

めちゃめちゃな文章でごめんなさい。


【執筆者】
ほし さん

【プロフィール】
心療内科に通って4年くらいの20代女です。家事と在宅バイトをしています。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 ほし
このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメント

返信

わたしもずっとしっくりこないです。
しごとやすんでしまいました。

返信

読ませていただいて、私もこれで辛くなってる時があるなと初めて自覚しました。
自分で自分の気持ちや欲求がわからなくて苦しくなります。
何をしたいのか、何をしたらいいのか、何を感じたり考えたりしたらいいのか
何をしても「いい」と感じられない、「しっくりこない」状態ですね。
この状態、他の人の話や本で触れたことがなかったから、
「取るに足らない私だけの気分の問題」だと思ってました。
同じようになる人がいる、ってわかるだけで少し軽くなるの、不思議ですね。

しそ 返信

記事拝見しました。
すごくわかります…。「しっくりこない」…なるほど…。私もしばしば何もしたくないというか欲求が全て消え失せるような感覚になります。一つの小さな選択すら重大で多すぎて「もうこんなの選ばせないで!!」って心の中で叫んでしまいます。
この状態になるのは私は大体抑うつ状態が強いときです。
もう何もかもどうでもいいって自暴自棄になって、心が休まるときもなくて、いつも正体不明の何かに首を絞められているような感覚。
それでも行きていかなければならないのってつらいです

コメントを残す

会員のみコメントが可能です

新規登録する

ログインする