ネットの「顔面偏差値」判定は正しいのか?正しい「顔面偏差値」の導き方

gsearch

みなさん「顔面偏差値」って言葉、聞いたことありますか?

これは顔面レベル(美男美女レベル)を偏差値として表そうというネットスラングで、50が平均、30がブス、70が超美人、みたいな感じです。

昔からネットでは「自分の顔面偏差値はどのくらい?」みたいな話題が活発でした。実際に顔写真を晒して「僕の顔面偏差値どれくらいだと思いますか?」などと2ch掲示板で尋ねるみたいな、自意識過剰がオーバードライブした奇行もたびたび目撃されています。

今でもそれは変わらず、ネットの中心が2ちゃんねるからtwitterやfacebookに移った今でも、「顔面偏差値」というキーワードは頻繁に語られています。「芸能人の○○は顔面偏差値いくつ?」みたいな話題も活発です。

でも僕、昔から思ってたんですよ。

ネット民の顔面偏差値判定ってガバガバじゃね?

…と。

本稿では「顔面偏差値」をめぐる僕の考察に付き合って頂きます。

 

ネットで言われている「顔面偏差値」は厳しすぎる。

第一に思うのが「ネット民の顔面偏差値判定は厳しすぎるのでは?」という疑問です。

例えば以下の画像を見てください。

これはGoogleで「顔面偏差値50」と検索して出てくる写真です。

gsearch

普通に美人&イケメンじゃないですか?

「顔面偏差値50」って、要は「平均」「普通の顔」ってことですよ。

普通ってのはつまり、30人のクラスの15番目の顔ってことですよ。

いつもチヤホヤされてるサッカー部のイケメンも、教室の隅っこで澁澤龍彦を読んでるキモオタも含めて、30人中の15番目。

地球レベルで言えば、イソギンチャクみたいな顔した人も、月の女神みたいな顔した人も含めて、全人類70億人の中で35億人目の顔ってことですよ。

この人たちより顔がいい人間、この地球に35億人もいると思います?

絶対いないと思うんですよ。僕は。

要するに、ネット民は美人を見慣れすぎてて顔面偏差値判定が厳しくなりすぎてると僕は思うんですよね。

基本的にメディアに出てくる人間たちは美男美女です。

アイドル、役者、アナウンサーみたいな顔が「売り」のひとつになってる人たちは言うに及ばず

お笑い芸人やタレントのような芸で食ってる人たちだって、あまりにも顔がアレだと電波には乗りません。

テレビに出てくる人だけではありません。会社経営者だって、スポーツ選手だって、やっぱり顔が良い人ほどメディアの露出は増える傾向にあります。顔に自信がなければメディアへの露出はやはり避けてしまいますし。

なので、ネットやテレビで普段目にしているメディア人というのは、顔面レベルで一定以上の評価を受けている人が中心になります。その「顔が良い人たち」が基準になってしまっているから、顔面偏差値判明も厳し目になっているのではないか、と僕は思うわけです。

つまり、

本当の顔面偏差値はネットではわからない

というのが僕の結論です。

ネット民の判定はガバガバです。安易に信じちゃいけません。

 

本当の「顔面偏差値50」の導き方

さて、ここまでで

・ネットの顔面偏差値判定は厳しすぎる
・美男美女ばかりみてると判定基準が歪む

というお話をさせていただきました。

では、本当の顔面偏差値を算出するにはどうすればいいのか?

個々の顔について顔面偏差値を算出するのは難しいのですが、「偏差値50の顔」、つまり「平均的な顔」でしたら、比較的簡単に導き出せます。

方法は簡単です。

まずは

「無作為抽出された人間の顔リスト」

を用意します。数はまぁ、30人くらいいればいいでしょう。

そのリストの顔写真に、1位から30位までイケメン or 美女ランキングをつけていきます。

はい、そのランキングの15位・16位くらいが「普通の顔」「偏差値50の顔」です

「偏差値50」とは要するに「ある集団のなかの平均」なわけですから、実際に母集団にランキングをつけて、その真ん中らへんを抜き出せばそれが「だいたいこれくらいが平均」と言えるわけです。

「無作為抽出された人間の顔リスト」は、身近なところだと学校の卒業アルバムなんかが良いですね。かつてのクラスメートたちのミスコン or ミスターコンを開催しましょう。31人のクラスなら16番目、真ん中の順位の人たちが「まぁだいたい顔面偏差値50の顔」です。

精度を高めたいなら母集団の数を増やすか、評者の数を増やしましょう。個々人の好みってのがありますからね。

お友達何人かと集まって、卒アルで「クラスのThe 普通の顔」を算出してみるのも面白いかもしれません。

 

これが顔面偏差値50の顔だ!

では、実際に「顔面偏差値50」の顔を導き出してみましょう。

…と言いたいところなのですが、ここでいきなり難問にぶち当たりました。

「無作為抽出された人間の顔リスト」

が、ネット上には中々存在しないのです。

上記の理由で芸能人やタレントの写真は平均レベルが上がってしまいます。

卒業アルバムは個人情報の観点からとても使用できません。

うーんうーん…とうなっていたところ、「顔のレベルが無作為抽出」かつ「使用してもどこからも文句がでない」顔写真リストを思いつきました。

そう、指名手配犯の顔です。

犯罪者は芸能人のように顔で選ばれる職業(?)ではないので、顔面レベルが無作為抽出であることが期待できます。イケメンだってブサメンだって悪いことはするわけですからね。さらにネットで顔を公表してランキングづけしても、誰からも文句がでてきません。

というわけで、本稿では重要指名手配犯たちの顔から「顔面偏差値50」の顔を導き出してみようと思います。

さっそく12人の顔写真を警視庁のサイトなどから顔写真を拾ってまいりました。ドン!

simeitehai

…「重要指名手配犯」という前情報があるせいか、どれもなんとなく癖のある顔に見えますね。

し、しかし顔面偏差値のバラつきぐらいはまさに「無作為抽出」といえるレベル。母集合としては(前情報のせいでなんとなく胡散くさく感じてしまう点以外は)理想的な集団です!

では「顔面偏差値50」を算出するために、まずはミスター・重要指名手配犯を開催しましょう。

ここは僕の独断と偏見で、ランキングを選ばせて頂きます。

1位 上田 英沼
2位 見立 真一
3位 上地 恵栄
4位 ジャン・ロンホイ
5位 リン・ショウイ
6位 宮内 雄大
7位 古屋 強
8位~12位、省略

 

1位は上田 英沼氏

12

引き締まった頬、通った鼻筋などがイケメン感を出していますね。
ちなみに殺人の容疑で指名手配されています。

2位は見立 真一氏

02_mitate

顔のパーツの配置が全体的に整っているのと、肌が綺麗なのがポイントです。すこし優男な感じもありますね。殺人・凶器準備集合の容疑で指名手配中。

3位は上地 恵栄氏

07_ueti

しぶいおじさま、といった感じのグットルッキングフェイス。オジ専の方はキュンと来そうです。こちらも殺人で指名手配中。

4位ジャン・ロンホイ氏

11_jan

アジアの風を感じさせる甘いマスク、といった感じでしょうか。甘え上手そうとか勝手に思います。強盗の容疑で指名手配。

5位リン・ショウイ氏

03_rin

知的な風貌です。理系大学院などで白衣を着て研究してそうな感じの顔ですね。
強盗殺人で指名手配
6位は宮内 雄大氏

06_miyauti

さて、ここらへんからが「顔面偏差値50くらい」のゾーンになります。
全体的に少し頼りなげですが、日焼けした顔は精悍に見えないこともありません。
サッカー部の2軍とかにいそうなイメージがあります。強盗致傷で指名手配。

7位は古屋 強氏

05_yoshiya

12人中の7位ですので、氏も「顔面偏差値50くらい」ゾーン。
ひとりだと静かだけど、友人グループの中ではめちゃくちゃ元気、といったような。
そんな感じの量産型男子生徒というイメージを受けます。部活はたぶん野球部。ポジションはファーストかキャッチャーですね。殺人で指名手配。

8位以下はどうしても辛辣なコメントになってしまいますので、ここから先は割愛しましょう。

さて、ということで

「無作為抽出した人間の顔のリストにランキングをつけて、その真ん中らへんを抜き出す」

という「顔面偏差値50」の算出法をやってみたところ、

だいたいこんな感じの顔が「顔面偏差値50」「ふつうの顔」という結論に至りました。

06_miyauti 05_yoshiya

 

「こんなもんだよな」と個人的には思います。

こうやって実際に実験してみると、やはりネットの「顔面偏差値50」は厳しすぎると思いますね。

検索で出てくるこんな華やかな集団

gsearch

これが「普通」なわけありません。

というわけで以上、わかり手による「顔面偏差値」をめぐる考察でした。
いかがだったでしょうか。

 

ただ最後に一つ、以下の点には言及しておかなければいけません。それは

顔や容姿は結局のところ主観的な好みに過ぎない

ということです。

上の実験にしたって、「僕の好みで順位をつける」という主観的な要素が入り込んでいるわけでし、美醜の問題に「本当の平均」なんて求めようがありません。「正確な顔面偏差値」という概念自体、矛盾の塊のようなものです。「容姿」は本来「値」で計測できるものではありませんので。

ですから、「自分の顔は偏差値いくつか」みたいなことで、あまり思い悩まない方が良いかなーと個人的には思います。

背筋がピシッとしてたり、表情が明るかったり、気遣いが上手だったりしたら、顔もどんどんかわいく/かっこよく見えてくるものです。指名手配犯たちの写真も、顔だけ見ればそうでもないのに、前情報があるだけでだいぶ印象が違ってきます。

つまり。人間の認識能力なんてたかが知れてるわけです。
だからまぁ、コンプレックスはほどほどに。自分のいいとこを探して、それを積極的にアピっていきましょう。

顔なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのです。

P.S.
指名手配犯を見つけた方は、警察に通報しといてください




The following two tabs change content below.

わかり手

メンヘラ.jpのライター兼編集者。 メンヘラなりに前向きに生きていきたい。好きなメンヘラ作家は永田カビ先生。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です