自分の限界がわからない!体調管理の方法を教えてください!

コラム ADHD(注意欠如多動性障害) しそ

こんにちは。しそです。以前私の投稿した記事に目を通していただいた方がいらっしゃれば感謝いたします。ありがとうございます。性懲りもなくまた書かせていただきます。

【関連記事】
・一生懸命働いても仕事が覚えられない 成人期ADHDと診断された看護師時代の話
・機能不全家庭で生きるか死ぬか 父親の罵声に怯えながら過ごす日々

さて、前回は重苦しい過去話を吐露しましたが、今回は皆さんに是非アドバイスを頂きたいのです。

私は病院退職後、デイサービスのパート看護師をしています。通院しながら仕事をしていたのですが、今年9月に医師との相談結果で服薬調整をした際、うつが悪化してしまい、職場で倒れ、そこから1ヶ月休職という流れになってしまいました。今はもう落ち着き、復職の予定ができています。

復職の予定を上司と立てた際、「今度から体調が悪くなる前に…難しいだろうけど、言ってね」と上司から告げられました。もちろん、もう迷惑はかけたくないのでなるべく体調には気をつけたいのですが、私に欠点があります。

自分の限界がわからないのです。

自分がどれだけ疲れていて、今はどの段階にいるんだろうか。まだいけるのだろうか、休むべきなのか…。わかりません。皆目見当もつかないのです。すぐに助けが必要なレベルまで追い詰められたときにやっと限界だと気づけるのです。その段階がわからないのです。

少し前に当サイトで自分で日記を書くのが良いという記事を読ませていただき、「これは良いのでは!?」と私もテンションが上がったのですが、ある弊害が。

1日の中でペンを持つ気力がない。

……どんだけワガママなんだと言われそうです。ごめんなさい。1日生きるのに精一杯です。
毎日日記を書くのもどうもしんどいかもしれない。だとすれば…私はどうやって体調を管理すればいいんだ!?と悩んでしまいます。

精神科通院の際も何を言うかもしどろもどろになってしまう、前回話した内容もほぼ忘れてしまっているので、通院のときも整理して話せるようになればな…と2重の思いを込めて、皆さんのお力を借りたくこの相談をさせていただきます。

みなさんは自分の体調を把握するためにどんなことをしていますか?自分に合った方法を模索するしかないのは重々承知です。些細なことでもいいです、是非教えて頂ければ幸いです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。アドバイスお待ちしております。

 


【執筆者】
しそ さん

【プロフィール】
ADHDで人生が壊滅した20代前半看護師の女。病院勤務に適応できず施設の看護師として勤めるも服薬調整でうつが悪化し1ヶ月休職。10月から復職予定。生きる気力がない。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム ADHD(注意欠如多動性障害) しそ
このエントリーをはてなブックマークに追加

4件のコメント

ザボン 返信

私も自分の疲れ加減がよく分からなくて困っています。私は友人から「疲れたら休む。疲れてなくてもちょくちょく休む」とアドバイスされ、これを意識してみたところ少し楽になりました。参考になれば嬉しいです。

げふ 返信

私は
・明るい曲を元気よく歌うことができない
・水を飲む気分にならない
この2つが出てきたら休むように心がけています。参考になれば幸いです。

ほほん 返信

躁鬱の私も、自分の疲れを知らないという事がよくあります。
ペンを持つ気力がないのもよく分かります。
手帳や日記帳を無駄にし続けて十何年経ってます。

気をつけているのは
・今までの6割ぐらいしか活動しない
・活動する時間(動く時間)を短く設定する
・足が疲れたらもう動かないことにする
・目覚まし無しで自然に目がさめるのが自分に合った睡眠時間なので、それくらいは寝る
・外出も昼にでて夕方には帰るようにする
といった感じです。

雨道 返信

私も自分の限界が分からず、会社員時代は休職したり復職してもすぐに体調を崩したり、「自己管理ってなんだろう」と思いながら病院で相談していました。
ペンを持つ気力も日記をつける気力がない日、ありますよね……。
私も毎日日記をつけるのは困難なので、気が向いた日に開いて思い出しつつ書いています。「これは1週間の中でもやばかった」「これは主治医に相談しておきたい」などなど。
忘れっぽいので、主治医から言われたことを控えるため、診察中も手帳を開いてメモしてます。

体調把握についてですが、私は心理士さんから「自分のしんどさを10段階ぐらいで定めて、今の自分がどの段階にいるかわかる指標をつくるといいですよ。」と言われて自分なりの指標をつくりました。
私の場合は、レベル10を休職状態にして、あとは大体で区分しています。「レベル7のしんどさだと安定剤飲む感じだな…」といった本当に大まかな内容です。
身体に出るもの(頭痛や腹痛、めまいや耳鳴り)が一番判定しやすいので、何に対して身体や感情が出るのか、どれぐらいのストレス負荷が来るとどういう反応がでるのか、を手帳に書いたり、心理士さんとのカウンセリングの場で話しています。
誰かに話すと客観視してもらえるので、「自分はそのあたりが限界なんだな」等わかるようになりました。(メモを始めてから1年半ぐらいかかりましたが…)
メリットとしては、その指標を1度作って主治医・心理士さんに共有しておくことで「今週レベル6ぐらいのしんどさです…」「たぶん原因はこれですあと眠れないです」など、感覚で話してた部分が相手に伝わりやすくなりました。

あくまで私自身の経験と現在も行っているやり方で恐縮ですが、何かご参考になれば幸いです。
長文失礼しました。

コメントを残す

会員のみコメントが可能です

新規登録する

ログインする