卒業生が語る、定時制高校に通うメリットとデメリット

ライフハック アルト 定時制高校

はじめまして、初投稿のアルトと申します。
「風呂 入る 面倒」で検索した時、メンヘラ.jpに出会いました。

それ以来、ほぼ毎日アクセスさせてもらっています。
ちなみに風呂の方は、清潔感で仕事に支障が出ないよう、適度に入っています(^^;)

様々な記事を読ませていただく中で、自分も文章を投稿することで、少しでも皆さまの暇つぶしになればいいなぁ~と思いました。私に書けそうな記事って何だろうなぁ・・・と考えていたら、つむぎ様の記事を読んで、思いつきました。アイデアの糸口をくださった、つむぎ様に感謝いたします。

【関連記事】
・通学がしんどい高校生に「高卒認定」のススメ

 

■高校=全日制の普通科 とは限らない


中2~3の頃の私は、親にそこそこ進学校な全日制高校の普通科を勧められました。そこそこの高校から、そこそこの大学へ行って、そこそこの会社に入って・・・親が思い描いた私の将来は、あくまで親の思いだけであることに気づいていないようでした。

本音としては、週末になれば夫婦喧嘩が起こる家庭内で、子供である私が親のカウンセラーをして、下の子の面倒もみて・・・という環境から逃げるため、高卒後すぐ働ける学科への進学希望でした。

パソコン触るの好きだし、 マメにお小遣い帳もつけていたので、商業高校とか。中学の技術の授業で、色んな工具や機械を使ってモノを作っていくのが楽しかったので、工業高校とか。

私の心の中では、そんなことを妄想していました。

その思いを、大卒や院卒しか知らない親に話しても「高卒で働くなんて、とんでもない」と、否定されて終わりでした。私自身、いま社会人として何年か働いた今なら、高卒だろうが大卒だろうが、仕事ができる人が偉いんだって、自信を持って言い返せるのになぁ。

それと、別件で・・・正確な診断を受けてないので分かりませんが、自分はたぶん少し発達障害があると思います。言葉で喋って説明されるだけだと、皆より何倍も理解に時間がかかります。メールでの文章や、図を紙に書いてもらえると、すんなり腑に落ちます。教科書を見ながら喋る先生よりも、板書が多い先生の方が、理解しやすかったです。

すっごく理解できる授業は、授業後に先生とお喋りしてても楽しい!でも、分からない授業は、日本語なんだけど魔術語で説明されてるような気分で理解不能。そんなわけで、みんなと一緒についていける授業と、完全置いてけぼりになる授業の差がドンドン開いている状態でした。

当時は自分の理解の特徴は見なかったことにして、皆と一緒に受験し、学校は違えど皆と一緒に高校生デビューを果たしました。真新しい制服に身を包み、重いカバンを持って電車通学して、スピーディーに進む授業に置いてけぼりになりつつ、帰宅したら宿題と予習に追われる日々。

宿題の出来が悪い子は居残り補習をやるので放課後に残るよう指示がきますが、私はこっそり帰ってました。補習に行って、分からない箇所を何度も質問すると、うんざりな顔をしてくる先生の補習なんか受けたくないのです。有名大学に行こう! という目標もないのに、そこまで勉強を頑張る理由も見つけられなかったし。

 

ほどなくして、夏が来る前に、私は不登校になりました。

私の部屋にはエアコンが無かったので、ぐんぐん上がっていく気温計を見ながら、暑さでボーッとしている頭で、今後のことを考えました。

中卒で働く?・・・それは、さすがに仕事の選択肢が少なすぎるんじゃないか。

どこかの高校に入り直す?・・・勉強は面倒だけど高卒の資格を取らないことには、スタートラインに立てないのでは。(あくまで個人的な考えなので、お気を悪くされないでくださいね^^;)

不登校といっても暇なもんは暇なので、近所をウロウロしていたら、小学校時代に仲良くしてた友人に出会いました。彼女も小学校高学年あたりから不登校になって、中学校なんて、ほぼ来てなかったような・・・

「アルトちゃん、久しぶり! 高校生活はどう?」
「・・・」
「あんま上手くいってないの?(´・ω・`)」

その時の立ち話で、彼女が通う”定時制高校”というものを知ったのでした。

 

■定時制高校とは?


授業の時間は学校によって様々なようです。

・3部制(朝~昼・昼~夕方・夕方~夜)
・2部制(朝~昼・夕方~夜)
・1部制(昼間は同じ校舎で全日制の生徒が学んでいるため、夕方~夜のみ)

卒業年数も、基本的には4年かかるところですが、時間を前倒しして登校できる子は単位を多めに取って3年で卒業できるという学校もあります。私もこの制度を使って、最初の学校で全く単位を取っていなかったのにも関わらず、3年で卒業しました。

入試は、前に通っていた高校の制服で行きました(;・∀・)
親に、たった1日の入試のためだけにスーツ買うのはもったいない! と押し切られたためです。

学科試験は、よその高校からの中退者には、正直言って楽勝だと思います。不登校の時期が長く勉強する機会がなかった人には、難しいなぁと思われてしまうかもしれません。

でも! 先生いわく、学科試験よりも、面接の方が大切とのことです。

3年ないし4年かかっても、仕事しながらとか、今まで不登校で外に出られなかったけど、とか・・・とにかくいろんな事情があるけど、絶対高卒資格を取るぞ! という意志が見えるなら、学科が悪くても、合格にするそうです。もちろん自分が出た高校でのお話なので、あくまで参考ということでお願いしますね。

 

■入学後の様子


私は、昼間部の出願期日に間に合わなかったため、その後に募集された夜間部に出願し、合格となりました。

特に夜間部は、いろんな年代の生徒が居るので、パッと見どれが上級生か分かりません(笑)場合によっては、先生より年上の生徒が居たり。そんな多様性を楽しめる人なら、きっと夜間部は面白いと思います。

自分と波長が合いそうな子を見つけたら、まずは天気の話でも振ってみるのが友達ゲットの第一歩です。逆に、1人で居た方がラクだなーと思ったら、それもアリです。そもそも、学校には勉強しに来てるのですから。あと、職員室で先生とダベってる生徒もチラホラ居ました。

他人にあまり深く入り込まない雰囲気だったので、自分の領域を守りつつ友人付き合いを楽しむことができました。仲良くなってきたなーと思ったら、お互い少しずつ距離を縮めていく感じでした。

授業は、基礎クラスと応用クラスに分けてあったので、自分の学力と相談しながら選ぶことができました。例えば、国語と英語は応用クラスにして、苦手な数学は基礎クラスにしよう、とかね。

学年そのものが少人数なので、先生も皆の反応を見ながら授業を進めてくれます。

どーしても理解できなかったら、授業の後に質問に行けば、嫌な顔をせず親切丁寧に分かるまで教えてくれます。この環境のおかげで、小学校から苦手だった算数(数学)が、面白いな~! って思えました。数2や数Bの授業が好きになるなんて、自分でもビックリでした。

 

■卒業後の進路


正直、進学したいなら定時制高校の授業だけでは無理です。授業のレベルが、全日制とは比べ物にならないくらい低いからです。入試に向けた授業もありませんし。

バイトしていないなら(というか、進学を目指すならむしろバイトを辞めて)空き時間に予備校へ通って勉強した方がイイと思います。これは、担任の先生にも言われたことなので、学校としても自覚しているのだと思います。

就職活動も、どこまで斡旋してくれるのか、いまいちな部分が残ります。いろんな会社のパンフレットや、求人票が置いてある進路相談室もありましたが、先生が常駐しているわけではなかったですし。高卒資格を持って正社員として就職したい なら、学校にも相談しつつ、職安の新卒ハローワークも使った方がイイかもしれません。

私もいろいろ迷った結果、自己推薦入試で進学しました。受験勉強をしていない分、入学してからが大変でしたが、それは自業自得だなと割り切って勉強しました。個人的には、進学を機に実家から離れられたので、ラッキーでした。

 

■結論


定時制高校は、高卒資格を得るのをゴールとする学校であって、その先の進路は自分で切り開く必要がある学校だなぁ~というのが、私の中での結論です。

全日制高校で疲れ切って自殺を選ぶくらいなら、

朝起きて学校には行けないけど、午後から散歩程度に外出できるなら、

通信制高校だとダラけてしまいそうで怖いなら、(私はこの理由もあって通学を選びました^^;)

”定時制高校”という選択肢もありますよ、というお話でした。

この文章が、誰かのお役に立てれば幸いです。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

 


【執筆者】
アルト さん

【プロフィール】
マイスリーが親友のアラサー会社員。好きな言葉は「定時上がり」。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

ライフハック アルト 定時制高校
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

徘徊大好き 返信

こんにちは。
私は今日このサイトを見つけて、色々な方々がいることを知り、みてると元気付けられ、コメントして参加したいな、なんて思ってたところ自分も自信を持って「経験したことある!」と言えるこちらの記事を見かけ、コメントさせていただきました次第です。


私も都内の、昼夜間の、単位制の定時制高校に通っておりました。一回高校辞めての再入学でした。全日制高校と定時制では、その雰囲気が全く違う印象を受け、入学後は本当に入学して良かったなあ、とか思ってます。

私の通ってる高校は、学力自体はピンからキリでした。だからこそ、色々な感覚を知ることができました。
進学校とかとは全く違う環境で、本当にいい環境です。
いやになったら何回かは休めるし。

世の中では、定時制=夜間

このイメージが常について回ります。そして、その夜間のイメージとして、「ヤンキーばかり」この印象が未だに根強いんじゃないかな?と思うところです。

でも、本当はそんなでもない、昼夜間定時制高校、この選択肢がもっと広がっていくと良いかなーって思います。「高校=勉強と部活」、恋愛ばっかりの青春、とか固まった印象が、この国でもう少し払拭されてゆくことを願うばかりです。

長文失礼しました。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント

captcha