どうしてメンヘラ女子には大体彼氏がいるのか!?

コラム 恋愛 かなな

初めまして。かななです。

私は物心ついたころから内気で暗く、人づきあいが苦手です。友達もほとんどおらず、数少ない友達に悩みや愚痴を言うことすらもできません。

辛いときは、メンヘラと呼ばれる人達の手記を読むことがあります。精神疾患を特集したTV番組を見ることもあります。なにか共感できたり、生きるヒントが見つけられるのではないかと思って。

でも見始めてすぐ、私とは違うあることに気付きます。

メンヘラ女には、大体"彼氏"がいるのです。

わかってくれる彼はいるけど、この辛さはどうにもならない、申し訳ない・・・

このような一文ないし発言を目にするたび、私はより一層、暗い気持ちになってしまうのです。

 

私は彼氏いない歴=年齢。ネットでは喪女と呼ばれる、モテない女です。

ODして精神科に入院したこともあるのですが、同じ部屋の人達も、「旦那は優しくて頼れるけど、仕事で家にいない時が辛くて退院するのが怖い」という主婦と、「彼はボーダーや病気について色々調べてくれて理解してくれようとしてるけど、依存しないようにするために連絡を控える練習をしている」という女の子など、どの人も彼氏や旦那さんがいました。

みんなにはいるのに、私にはいない。

私は女の中でも特別劣った、誰からも求められない、生きる価値のない人間なんだと思って落ち込みました。なんで死ねなかったんだろうと夜に1人で声を殺して泣きました。

男性だと、「女なんかに金をかけるくらいなら趣味に金をかけて楽しむぜ!」という方を時々みかけます。

でも、女だと趣味の場に行っても二言めには彼氏や旦那、子供の話が出てきます。オタク趣味の界隈でさえ、本当の喪女はなかなかいません。主婦で、子持ちでなんていう方も全く珍しくありません。喪女だと知ると、あからさまなマウンティングをしてくる人すらいます。

誰にも愛されない女なんて、私ぐらいしかいないんじゃないかと思って、現実逃避のはずの趣味でも、ちらりと見える現実にショックを受けてしまうのです。

 

もちろん彼氏や旦那がいても楽しいことばかりじゃないし、むしろ大変なことや嫌なこともたくさんあるかとは思います。

でも、自分を好きになって、求めてくれる人が出来たらどれだけ嬉しいだろう。

どれだけ幸せだろう。

生きるのが楽しくなって、全ての悩みが解決するのではないかと夢ばかりふくらませてしまい、そうでない現実に泣きはらす毎日です。

 


【執筆者】
かなな さん

【プロフィール】
発達グレーの抑鬱アラサー喪女。全てが半端


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム 恋愛 かなな
このエントリーをはてなブックマークに追加

6件のコメント

とおりすがりですが 返信

激しく共感しました。

匿名 返信

趣味の話になると、「喪女かそうじゃないか」で、マウンティングしてくる人がいるとは、辛いですよね…。

匿名 返信

わかりすぎて辛いです。人に愛されることってどれほど特別かって思ってしまいます。自分ひとりでどうにかなることじゃないから、より現実への希望の無さを実感しますよね…。

徘徊大好き 返信

こんにちは。
激しく同意します。兄がまさしくそれで、私は逆の立場なのですが、兄はよく死にたい死にたいいう割には彼女がいます。

匿名 返信

共感しすぎて泣きそう。私自身、人が怖すぎて恋人どころか友達もいないメンヘラなので…
みんなつらいつらいって言いながらちゃっかり他人から愛されてるんじゃん…って暗い気持ちになってしまいます。

ゆき 返信

ものすごく共感しました。彼や旦那が理解してくれようとしてるのに辛い、とかきくと、甘えてるようにしか聞こえなくて。(本人は、つらいのだろうけど)
誰にも頼れないとか、愛情を感じることがない環境にいると、誰かから愛されたら全ての悩みが解決するのでは、という妄想もよくしてしまいます。
趣味の世界でも恋人がいないくせに生意気だと言われたり、恋バナになると話すこともなくて、ついていけなくなってしまい、馬鹿にされたりします。
そういった話のたびに自分は人間として本当に劣っているんだろうなぁと思って絶望の淵に追い込まれています。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント