実兄からの性的虐待とトラウマ それでも家族を嫌いになりたくなかった

体験談 家族 練りココア 性的暴行

初めて投稿します。私の家族のことを誰かに聞いてほしくて書きました。
不慣れなので、読みづらかったり文がおかしかったりするかと思いますがご容赦ください。

私には歳の離れた兄がいます。幼い頃は仲がよく、一緒に魚釣りに行ったり、自転車でどこまでも出かけたりしました。物知りで器用でおもしろい兄が羨ましくて、いつも後ろにくっついて歩いて、なんでも真似をしていました。

私が中学生になった頃、兄からの性的な嫌がらせがはじまりました。
スカートをめくられる、着替えを覗かれる、不必要に身体に触れてくる、胸を触ってくる、寝そべっていたらのしかかってくる、こたつの中で爪先で股間をまさぐられるエトセトラエトセトラ。

思い出すだけで死にたくなりますね!
読んでいて気持ちが悪くなってしまったらごめんなさい。

当然私は何度も何度も何度もやめるように言いました。でも、向こうは「間違えた」「ちょっとふざけただけ」「そんなに喚くな」「うるさい」を繰り返すだけでした。

そこで私がさらに言い返すと今度は暴力です。叩く、つねる、蹴る、怒鳴るエトセトラエトセトラ。何を言っても無駄でした。

そんな時、私の両親がどうするかというと「仲良くしなさい」と言うだけでした。

仲良くするってなに?私が黙って言いなりになって身体でもなんでも触らせればいいの?悪いのは兄なのに、どうして私のことまでうるさいって顔で見るの?どうして助けてくれないの?

母を小馬鹿にする発言を繰り返し、お酒で顔を真っ赤にする父のことも、私に「兄なんて生まなきゃよかった。私の子供はあなただけよ」なんて言う母のことも全部全部わからなくなりました。

高校を卒業して家を出るまでの18年間、私は頑張りました。

働かない兄を疎んで昼夜怒鳴る両親の仲をへらへら笑ってとりもって、どんな嫌がらせにも耐えました。痴呆の祖父の介護も頑張りました。

両親のことが信じられなくなったのに、兄のことが死ぬほど嫌いなのに、私は家族を嫌いになりたくなかったんです。

矛盾してますね。私もそう思います。

もうあんまり思い出せないけど、幸せな家族だった頃だってきっとあったはずだから。私が頑張れば、きっとみんな仲良くなるから。そう思っていました。外面を気にして誰にも相談しませんでした。

結局全部無意味でしたけどね!

私は家を出てひとり暮らしを始めたとたんに、気が緩んだのかなんなのかメンタルがめちゃくちゃになって大学中退しました。今はくそフリーターです。

今では若干マイルドになりましたが、私の家族は歪んだままです。
この前数年ぶりに帰省したらストレスのあまり味覚障害になりました。

眠れない勢いで書きはじめてしまったので、着地点がわかりません。ごめんなさい。まだまだ書きたいことぐずりたいことがありますが、眠れそうなので終わります。

みなさんの家族の悩みが少しでも軽くなりますように。


【執筆者】
練りココア さん

【プロフィール】
大学中退フリーター


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 家族 練りココア 性的暴行
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント

captcha