死にたさから抜け出した夜、ふと自分の人生を振り返ってみる

コラム 紗栄子

こんばんは。半年ぶりに投稿です。

前回は自分がメンヘラであると気づいたよというような記事を投稿させてもらいました。

【関連記事】
メンヘラ.jpを読んで、自分がメンヘラだと初めて気がついた。

昨日まで、死にたくて堪らなかったのですが、現在はそんなことなく、普通にお腹が空いて朝が来るのが嫌で寝たくないしどうしようかなーという感じでゴロゴロしてます。とっても暇です。

なんで私、死にたいと思うほどつらかったんだっけ。

そんわけで、今回は自分の生まれてからを振り返ってみようと思います。長くなります。

まず私は母子家庭で妹が1人います。お母さん、妹、お母さんの彼氏で常に4人暮らしでした。お母さんの彼氏は3年くらいのスパンで別の人に変わっていました。売れない俳優やアル中暴力野郎、ヤクチュウ、市議会議員などバラエティーに富んだ面々でなかなか面白い事件も度々起こりました。まあ今度書けたら。

学歴について、小学校はほぼ行った記憶がありません。家でゴロゴロしてました。お母さんも仕事ズル休みして彼氏とデートに出かけていた事が多く、私も叱られなかったので学校はほぼ行ってませんでした。あと中学校3年生までいじめられてました。まあクラス全員から無視とか、廊下ですれ違いざまに「死ね」とかそうゆう程度です。よくあるやつですね。しかしなぜかモテてはいました(普通に自慢です)。でも恋愛なんか興味なかったので学校ではずっと図書館で借りてきた小説を一人で読んでました。そのせいか学力だけは良く、地元の有名進学校に進みました。

ここからが少し苦しかったです。まず過度な受験勉強でのストレスと今までのツケが回ってきたのかアトピーと敏感性腸症候群を患います。夜は痒くて眠れない、朝はお腹が痛いで学校ではほぼ保健室で過ごしてました。担任の先生からは特に何も言われませんでしたが、席替えがある時は、絶対一番後ろの席になるように根回ししてくれてました。トイレまでよくダッシュしました。それでもスポーツ部のマネージャーとかしてなんとか青春を楽しんでました。それから色々省いて、看護の道を選び現在に至ります。看護学校に入ってからは勉強が楽になり、自然と敏感性腸症候群は治りました。今でもアトピーは続いてますが大分ましです。それから去年、心療内科でうつ病と診断されましたが、カウンセラーの先生と喧嘩してから私はうつ病なんかじゃないと、なんだかヤケクソになりながら生きてます。

まあこんな感じです。これ書いてると、あれ??本当に私死にたいとか思うほど辛い人生か??って思いました。嫌な思い出ってあんまり思い出せないタイプかもしれないです。

昨日は死にたいってあんなに思ってたのが嘘のようです。嘘じゃないんですけどね。まあ今はなんとも思ってないんで今日も一日生きてて良かったなぁと思います。

なんだかまとまりませんがこれが私なんだなと思って明日も頑張ります。

皆さんも暇で元気が有り余ってたら是非自分の人生振り返ってみて下さい。何か返ってくるものがあると思います。

では読んでくれてありがとうございました。おやすみなさい。


【執筆者】
紗栄子 さん

【プロフィール】
21歳です。
看護学生してます。就活終わって春から看護師です。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム 紗栄子
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

楽々 返信

どのような形であれ、前に進めるのであれば
良いと思います

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント