大切な人も大好きな友人もいる。それでも「死にたい」と思ってしまう

コラム 死にたい レイ

初めて投稿します。拙い文章ですみません。

母親が親の仕事をしない、父親は自分の生活が1番、離婚して母親方についたものの、毎日母親の理不尽な怒りと暴力と育児放棄にうんざりしています。

私は、外では明るくポジティブで活発なイメージに見られています。一方で口調がきつめな所もあって怖がられたり、イメージで悪口を言われたり、ちょっとしたいじめに遭ったり、毎回わたしが悪者扱いで、「もうこんな生活嫌だ、もうどうでもいいから早く死にたい」と思うようになりました。

自分が悪いとも、自分が死んだら周りの人が楽になるとも思っていません。ただ、自分の今の状況が辛いから死にたいです。もし私が死んだら悲しんでくれる人はいると思います。それでも死にたいのです。

わたしのこの短い人生のすべての救済は死であって、それ以外の何でもないだろうと思っています。歩いている時、話している時、トラックが突っ込んでこないか、通り魔が来ないか、死の希望を持って生活しています。

けれどそんなことは無く、毎日を過ごしています。どうせ全て終わるのに、どうして生きているのかわからないけど、いつか来る死を待って生きています。生きているのか死んでいるのかわからず、それなら死んでいればいいのにと思って生きています。

今、わたしには大切な人も大好きな友人もいて、幸せに思えるような暮らしかもしれません。でも常に死が身近にあって、手を伸ばしてしまうのです。正直自分でもなぜこんなに辛くて苦しいのかわかりません、わからないけど辛いし苦しいのです。

これから幸せだと思えることはあるのでしょうか。きっと常にその先にある不幸に怯えながら暮らすのでしょう。死を待って、わたしはどこへ向かうのでしょう。

もうじゅうぶん頑張ったのになあ。

読んでくださってありがとうございました。

 


【執筆者】
レイ さん

【プロフィール】
全日制普通科高校2年
パニック障害、不安障害


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム 死にたい レイ
このエントリーをはてなブックマークに追加

5件のコメント

桃李須賀利 返信

はじめまして。

お母さんが親の仕事をしてくれないのですね。
理不尽な怒り、暴力、育児放棄と散々な目に遭っている、と。

大切な人もいるし、友人もいるし、死んだら悲しんでくれるだろうと思あるのはとても良いことだと思います。そういう人たちがいるのに死にたいと思ってしまうのは悪いことでしょうか?僕は死にたいと思ってもいいと思うんです。死にたい、と思うことは誰にだってあります。死ぬより辛い今があるから、死にたいと思うのかもしれませんね。

死というものはよくわかっていません。死んだ後どうなるのかなんてことは誰も知りません。わからないから魅力的なのかもしれません。今は、死ぬ、ということが一番魅力的かもしれません。死ぬ事よりも魅力的なことが明日見つかる、ということもあるかもしれません。それがいつになるかはわかりませんが。

高校生ということはもう少しすると環境がかわると思います。親元を離れるとわかることがたくさんあります。辛かったということを話せる日がきっときます。

辛い目にあってきたレイさんは誰かを辛い目に合わせたくないと思える人ではないか、とそう思います。そんな人には幸せになってほしいな、と勝手に思ってます。

拙文失礼しました。

楽々 返信

桃季さんと同じく、
『死にたいと思う事は悪くない』
私もそう思います

もしかしたらレイさんは今
『自分と真摯に向き合っている』のかもしれません
その先に何処でも良いから
『自分の居場所』を見つけられることを願っています

チあキ 返信

はじめまして。
すごく共感しました。僕も毎日のように死にたいと思って生きています。
なんでどうせ死ぬのに生きているのかそればかりを考えてしまいます。
そんなことしか考えられない僕たちはどうなるんでしょうね。
なにも答えになるようなことは言えませんが、とても共感したのでコメントを残させてもらいました。

Te-2 返信

はじめまして。

貴方と同じ気持ちを持って生きています。
と言うより死ねずにいる、の方が適切ですね。
貴方は、何も変ではありません。
私も含め、同じ想いを抱えて生きているしかない人、結構居ますよ。

ほし 返信

はじめまして
兄弟を自死で亡くしてます。
自死遺族になっても死にたいと思うのは悪い事じゃないと思ってます。
彼が首を吊った日から日常が変わりました。
残された人間は死にたいなんてもんじゃないくらい苦しみます。

あなたにとって最良の選択を。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント