解離性同一障害の困りごと。トイレで起こるパニックと現実感喪失。

体験談 コマ 解離性障害

メンヘラ.jpに初投稿させていただきます、30才無職の女です。
私が解離性障害だと診断されたのは今から5年ほど前だと思います。

厳密にいうと解離性障害の中の解離性同一性障害というもので、巷では多重人格とか言われてるアレです。15才の時に自傷をしていることが親バレして心療内科に通う事になり、なんやかんやありつつ今でもその病院に通っています。

主治医がはっきりした病名を言うのをできるだけ避けるタイプだったので、診断名を聞かされたのが5年前なだけで本当はもっと前から解離性障害だったのかな?と思ってます。他にも特定不能の発達障害と診断されていたりもしますが今回は解離性障害で困ってる事を書きたいと思います。

前提として、私は自分の頭の中に複数の自分がいます。

別人格という言い方をする方もいますが私はこの言い方がしっくり来ないので”脳内の私”とか”頭の中の私”という言い方をしています。

脳内の私が私を責めてくる、という症状もあるのですが、抑うつ的になると自分を責めがちになるのは割とある現象みたいなので解離性障害独特な話でもないかな?と思ったので今回は省きます。

解離性障害独特(かもしれない)の私の困っていること。それはトイレです。
お食事中の方、お気をつけ下さい。

私は今いる場所は本当に◯◯なのか?という、今現在の自分の所在地が把握出来ない時があります。把握出来ないというか、夢を見てるみたいというか、現実感が無いというか。

何故か家に居る時に多いのですが、家のリビングにいるはずなのにこれは夢なのではないか?もしくは通ってた高校の側のあの駅近くなのでは?みたいな感覚になります。ストレスが溜まって疲れている時によくなる気がします。

家のリビングでここはどこだ?夢か?となるのはまだマシだと最近気付きました。
家のトイレで用を足してる最中にこの現象が起きるんです、しかも何故かいつも大きい方をしているタイミングで。

便座に座って力んでもう少しで全部出るかな~~というタイミングで、これは夢なのではないか?もしかしたら夢でもなく家の中でもなく家の外(公衆トイレとか店先のトイレという意味ではなく、屋外の、その辺の道路の、という意味での外)なのでは?という脳内の私の声がします。

パニックです。

今、大をしている最中なのに家の外でしてるかもしれないの!?家の外のトイレでもなくてただ外なの!?という事は全く知らない他人もそこら辺にいるって事でしょ!?もちろんお尻は丸見えだししてる最中な訳だからお尻の穴からはブツが見えてるぞ!?

ここで脳内の別の私が、外でしてる訳ないだろ!周りをよく見ろ!場所が解らなくなった時の為に主治医がアドバイスしてくれた事を思い出せ!と言います。

主治医がアドバイスしてくれた事は、今現在自分がいる場所が解らなくなったら赤い色の物を3つ見付けること、または頻繁に場所が解らなくなる所(私の場合は家のトイレ)には物や写真などを3つ用意してそれを1つ1つ確認すると自分がいる場所がはっきり解って落ち着くよ、というものです。
これを教えてもらった際、家のトイレに何年か前に自分で作った鳥の形をしたブローチ2種類を壁に貼り付け、もう1つは以前からトイレのドア付近に付けてある100均の造花を順番に見るようにしています。

それを思い出して鳥→鳥2→造花の順に見ます。それでもまだここは家のトイレじゃない気がする!外かもしれない!色んな人に外で大をしてるのを見られてる!恥ずかしい!家に帰りたい!となります。家にいるはずなのに。

結局なんとか羞恥心を捨てて便を出し切ると現実の家のトイレに意識が戻ってきます。
トイレットペーパーでお尻を拭いて水を流して手を洗う頃にはへとへとです。

もうここが家のトイレなのは解っているのですが、そこそこの頻度で大をするたびにこの現象が起きるのはかなり疲れます…。もっと安らかな心で用を足したい…。

なぜ家のトイレでこういう現象が頻繁に起きているのかは解りません。外出先のトイレで起きないのは私が外で大をほぼしないので必然的に起きないんだと思います。家のトイレで何か嫌な事でもあったんですかね、なんなんでしょう。

ツイッターなどで解離性障害、特に解離性同一性障害(略すとDID)と検索すると結構な数のアカウントにヒットするのですが、トイレで困ってる解離性障害の方を見かけた事が無かったので恥を忍んで書いてみました。

解離性障害持ちでも色んな症状あるんだな~とか、大の大人が大の事を書いてる…ふふ…とか笑いながらでも読んでくださると嬉しいです。

拙い文章、失礼いたしました。


【執筆者】
コマ さん

【プロフィール】
25才で高校卒業した無職。おじさん俳優と猫とプチプラコスメが好き。
Twitter:@koma_jinsei


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 コマ 解離性障害
このエントリーをはてなブックマークに追加

4件のコメント

とも 返信

私は解離性障害と診断されたことはないのですが、(病院などにかかったことがないのでわからないのですが、もしかすると一時期何らかの特殊な状態だった可能性はあるかもしれません)「トイレで用を足している時にそこが本当にトイレなのか確信が持てなくなって不安になる」ことがよくあったので思わずコメントしています。
パニックになってぐったりする、というところまではいかないのですが、文字通り「確信が持てない」。もしかしてまだ本当の自分は布団の中で寝てるんじゃないかな?とか。漏らしてはいけない場所でやっちゃってるんじゃないか?とか。もしかしたら…というのを想像して遊んでるわけではなくフッと感覚的に不安になります。
私もトイレで起こることが多いです。
周りに打ち明けたところ共感を示してくれる人がその時はいなかったのですが、ここで同じ方がいるのだと知って、「こういうことを、感じる人は自分だけじゃないんだ!」と不思議な気持ちになっています。

コマ 返信

読んでいただきありがとうございます、投稿者のコマです。
確信が持てないという不安感、割りと厄介ですよね…。私も自分と同じような感覚の方はこの記事が載るまで見たことなかったので共感して頂けてなんだか嬉しいです。

ねむ 返信

私は解離性障害の診断は受けていませんが、共感しました。私の場合は「外ではないか?」ではなく「夢の中ではないか?」と思ってしまいます。本当はお漏らししているのでは……と不安になります。家のトイレでなることが多く、私の場合は大小関係なく起こります。そういうときは、以前なにかのコラムで「夢の中では同時に2つのことを考えられない」と読んだので、頭の中で歌いながら簡単な足し算をする、などして(現実だ!)と思うようにしています。医学的根拠はないし、「外ではないか?」と思う場合には効果はないかもしれませんが……。物を3つ用意して確認するというの、参考にしてみます!

コマ 返信

投稿者のコマです。
ここは夢なのか現実なのか…解らなくなる不安ってとてもしんどいですよね。トイレが関係してくると本当に厄介ですし…。
夢の中では同時に二つの事を考えられないというのは初めて聞きました!現実感が得られなくなった時に試してみようかなと思います。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント