過去の記憶を消化できない 大学生になった私を苦しめる、小学生の頃のトラウマ

体験談 ぺーるえだまめ

はじめまして。 ADHD傾向ありのぺーるえだまめと申します。メンヘラ.jpは辛いときとかそうじゃないときとかに見ています。

文章を書くのが苦手なのと、書いてみたら疑問点が浮かび上がったので、よくわからないことになっていますが、暇つぶしにでもなれたらなぁと思います。

 

私は今大学三年生で、来年には就活と卒論が待ち受けております。考えるだけで、死ぬか大学辞めるか失踪するか...という選択肢が頭に浮かぶ今日この頃でございます。この場合の「死ぬ」は「嫌なものを置いて消え去りたい」って感じで、現実的な選択肢ではないです。

大学一年生の頃は張り切っていてキャパオーバー気味になってしまい、何もなくても辛くて泣くようになり、大学二年生でメンタルクリニックへ行きました。かねてより「ADHDなのではないか」と思っていたのでその旨を伝え、検査を受け、「傾向はありますね」となりました。コンサータを服用中です。それから大学内のカウンセリングルームにも通っています。めちゃくちゃ有り難いです。

余談ですが、これから診察行こうと思っている方は「ADHDだと思うんです」ではなく、とにかく現状を素直に話すのが良いと思います。やっぱり自分の現状が分からなくなってしまうかなぁと思います。私は過去に戻って過去の自分に言ってやりたいです。

一年生の頃に張り切って色々やっていたことは二年生になっていくつかやめたのですが、やめたのは「動こうとすると号泣して動けなくなる」という事態が発生してからで、「これはやべぇな」と思ってやめました。ちなみに、兄弟の子供がADHDと診断され、母もそれっぽく(鍵とか基本探してる)、きっと遺伝だなぁと思っております。

 

ここからが本題というか、なんというか...。

最近、自分がメンヘラまっしぐらな感じがしています。正直、自覚してからスピードアップしたというか。まぁスピードアップしたから自覚した、とも言えると思うのですが。...なにを言ってるんでしょうかね。

今日初めて離人症状っぽいのが出ました。やらないといけないことはいくつもあるのに、キツいツラい気持ちをどうにかしようとひたすら動画なんかを観まくって、夜が明ける前に...とお風呂に入りました。

曇った鏡を拭いて、そこに映るのは自分の顔のはずなのに、「こんな顔だったか...?なんか違う...」と不思議な感じでした。表情を変えたりすると、当たり前に鏡に映る顔の表情も変わり、でも違和感が無くならず、なんか分かりませんが泣きました。結果的にその違和感は数秒だけだったのですが、「これが噂に聞く離人ってやつか...?」と思いました。

1ヶ月近く前には「苦しいっ!」と思う過呼吸を経験しました。初過呼吸は小学生の頃で、それから今まで何度か経験していたのですが、頭は結構冷静でした。「あぁ~過呼吸だ~手がめっちゃ痺れる前に落ち着こう」という感じで。なので「過呼吸で倒れる」とかが信じられなかったというか、「過呼吸で倒れるの?」なんて思ってました。

ですが、その過呼吸のときの頭の中は「やばいやばい苦しいやばい」という感じで、初めて過呼吸が嫌だと思いました。

なんで過呼吸と離人症状っぽいのが出たかと言うと、過呼吸の方は、なんかもう理由がごちゃごちゃしてるんですが、「実際にやる事」以上にやる事があるように感じてしまったことに加え、自分の不甲斐なさとか、やりたいこともしっかりやれてないとか、そういうことが重なって過呼吸が起こりました。1週間後くらいにはケロッとして課題を片づけてたのでよく分かりません...。

離人症状っぽいのが出たのは、ゼミでの論文紹介が失敗したからです。じゃあなんでそれがそんなにストレスになったかと言えば、小学生3・4年生くらいの頃のトラウマが元なのです。

 

授業で、数人のグループに分かれて調べ学習をしたのですが、まぁ~内容も発表も他と比べたら良くないなぁというものだったんですが、それを皆の前で叱られ。自分でも、自分たちの前のグループの発表を見て「ヤバいなぁ」と感じていたわけです。でもやらないといけないわけなので発表しましたが、やっぱり叱られるわけです。正直、調べ方とか発表の仕方とか教えてもらったかなぁ...って感じなんですが、私が忘れてるだけなのかもしれません。

そのときの記憶がまだ解消出来ておらず、思い出すだけであの頃のように、もしかしたらあの頃以上にツラい気持ちになり涙が出るのです。

しかし苦手意識はありますが、前日に死にたい気分になるとかはありません。ただ、「あっこれはやばいな。絶対失敗する」と思いながらも発表して失敗すると、キツいですねぇ...

どうも人に叱られるのが駄目みたいなんですが...。なんか...書いててよく分からなくなってきました。なんで私そんなにツラいだろうか...。

そんなこんなで大学生が合ってないんじゃないだろうか、この決定は失敗だったんじゃないかと、この2、3日考えています。1週間後にはケロッとしていそうです。

また改めて整理したいと思います。すみません。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

ゼミでの論文紹介の再チャレンジがあるので、とりあえず今週を生き延びたいと思います。

 


【執筆者】
ぺーるえだまめ さん

【プロフィール】
そろそろ友人たち(優しい)に見限られるのではないかと不安な理系大学生三年


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 ぺーるえだまめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

egpl 返信

見限られようが単位やら資格やらボロボロになって引き込もって学費垂れ流しの上退学して何も残らなかろうがどうとでもなるよ。
そこからニートして通信とか入ってそれも退学しても何とかなるよ。
人も環境も無限に近いくらいあるよ。

ぽん 返信

家庭環境のこと掘り下げてみてほしい。
よくわからないツラさって幼少期における家庭での人格形成が原因になっていること多いイメージ。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント