7年に及ぶメンヘラ生活の中で見つけた、私なりの病気との付き合い方

ライフハック しおん

こんにちは、お久しぶりです。以前、以下の記事を掲載して頂きました。
それを見たそのままの勢いで、この文章を書き始めています。

【関連記事】
ナルコレプシーの苦悩 自分ではどうにもならない眠気が断続的に襲ってくる

今回は、およそ7年にも及ぶメンヘラ生活の中で見つけた、私なりの病気との上手い付き合い方を話してみたいと思います。これを読んだ人の、なにかの参考になればいいなー、と思っております。

そもそも私は、前回の記事にも書いたように小学校4年から本格的に病状を拗れさせました。

兆候そのものはその一年前の小学校3年生の頃からありまして。色々あって、その時の担任が、市内の支援室に行ってみるといい、と勧めてくれたのです。

そこから中学を卒業するまでの6年間、1ヶ月に一回のペースでカウンセリングを受け続けてきました。幸運なことに、カウンセリングの先生と波長が合い、学べたことが沢山ありました。また、そんなメンヘラ生活の中で見つけたことも沢山あったので、ここでいくつか上げていきたいと思います。

 

①イライラしたこと、悲しかったことをノートに纏めてみる


これは今でもしょっちゅうやるのですが、方法は簡単、その日、イライラしたことや悲しかったことをノートに書き上げていきます。綺麗な文章である必要は全くありません。何があって、悲しい気持ちになった、とかその程度で平気です。そうやってやる事で「どうして自分がこんな気持ちになったのか」が把握しやすくなります。

また定期的に見返すことで、自分がどこで失敗しやすいのか?や死にたくなるのはどんな時か?がわかり、何かしらの対策が立てられるかも知れません。

 

②死にたいと思った時は、諦めてじっとしてる


死にたい!って思った時ってありませんか。私はその時はひたすらじっとしています。

大抵、学校帰りの電車の中で希死念慮が爆発するのですが、その時に、必要以上に焦らない、死のうという感情を無理やり塞がない、ということを意識しています。

死にたい時って、誰もが絶対に経験する事です。でも、出来ることなら生きていたいって思っているのも事実だと思います。そうしたら、無理に動くのではなく、自分の落ち着くところでじっとしているのも手だと思います。

 

③どうしても死にたい時は、自殺の方法を並べて、それのメリットデメリットを書いてみる


自殺って、いろんな方法があります。ODとか、首吊りとか、飛び降りとか。

でも、そのどれもがハイリスクノーリターンです。死ねるけど、生き残ったら甚大な後遺症が、とか。人間、メリットよりもデメリットの方が書きやすいものです。こういう死に方したいなーって思った時、でも、こんな死に方したらこういう風になる、と考えると、踏みとどまれるかも知れません。例を挙げると、

【飛び降り自殺】
■メリット
・ある程度の高さから落ちれば、途中で意識が飛ぶからあんまり痛くないらしい
■デメリット
・そもそも、そんな高さのビルは屋上に入れない
・見た目が汚い
・飛び降りたところで死亡率は最高でも20%程度、ほぼ確実に死ねない

と、言った感じです。また、こういう風に纏めておくことで、「いつでも死ねる!」と言った謎の安心感が発生することもあります。何かあった時、いつでも死ねるって思えるのは、結構気が楽になったり。実行しないに越したことはありませんが。

 

④先に進むことを躊躇うことが起きたら、自分の好きな事を一番に優先する


このサイトには、進路に迷っているメンヘラの皆さんもいるのではないかと思います。大学生の方とか、中学生の方とか。私が一番言いたいのは、「自分の好きな事を最優先にすればいい」という事、一つだけです。

私は今年、文理選択というある意味人生の大きな帰路に立たされました。その時に意識したのは自分の好きなことを一番やれるのはどの道か?という事です。私は理系選択なのですが、数学の成績が本当に酷くて。テスト返しの時、数学の教科担任にため息を吐かれるレベル。

そんなこともあり、家族や担任からも文系に変えた方がいい、と諭されました。でも私はどうしてもやりたい勉強があって、理系に進みました。

何か大変なことが起きた時、好きな事をやっているから頑張れる、と言う人は、少なくないと思います。嫌なことを嫌だなぁって思いながらやるよりは、好きで好きで仕方がなくってやってる方が、遥かに楽しいんじゃないかな、と考えています。ただでさえ生きづらいメンヘラなんだから、自分の好きな事を好きなだけやればいいと思うんです。そういう場所で、案外自分の病気のことをよくわかってくれる人がいるかもしれませんよ。

以上、私が実践している4つのことでした!

この文章が、少しでも生きる助けになれば幸いです。


【執筆者】
しおん さん

【プロフィール】
病名が特発性過眠症になった、理系JK。もうちょっと上手く生きたい。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

ライフハック しおん
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

パーコス 返信

小学生から7年掛けてご自身なりに付き合い方を見つけて凄いなぁと思いました。
しおんさんの好きな事でこれからも良い方向に行くよう願ってますm(._.)m

えちゅうど 返信

文中の「ただでさえ生きづらいメンヘラなんだから、自分の好きなことを好きなだけやればいい」というところにとても励まされ元気をいただきました。ありがとうございます。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント