カウンセリングに向いてる性格、向いてない性格

76274d5c9b3e52eedee37999d423ebd1_s

こんにちは皆さん、今日もメンがヘラっていますか?わたしは今日もメンがヘラっています。

そして、かわらず可愛さあふれる乞食です、ライターの「おまえ」です。

メンヘラハウス(病院)に通ってい皆さんなら、一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

そう、カウンセリングです。

現在、カウンセリングを受けている人
過去、カウンセリングを受けていた人

様々な人がいると思いますが、今回は「カウンセリングに向いてる性格・向いてない性格」について書いていきたいと思います。

よく女性は男性と違い、結論を最後の最後に言う、なんて言われていますね。
なので、おまえさん、今回は結論から書いていこうと思います。

【結論】
わたしは、カウンセリングに向かない人間でした!

そう、わたしはカウンセリングに向かない人間です。カウンセリングに向き不向きなんかあるの?とお考えの方もいらっしゃると思います。

わたしは、過去2人のカウンセラーに見てもらっていた時期があります。

そしてカウンセリングを受けた結果、

「わたしはカウンセリングに向かない人間だ」

と、何度かその結論辿り着き、今に至ります。

なので、今現在は、カウンセリングを受けていません。

人それぞれだとは思うのですが、どう合わなかったのか、カウンセリングについてどう感じたかを、カウンセリングに向いていないわたしが書いていこうと思います。

 

カウンセリングとは!

まず、カウンセリングの説明から入りたいと思います。

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。(引用元:wikipedia)

です。

簡単に言えば、患者が抱えている悩みや問題を専門的な技術・知識を持ったカウンセラーが問題解決や悩みの解消ので手助けをしてくれる存在!といったところです。

決して精神病の人が受ける、というのが全てのカウンセリングではありませんが、今回の記事は、精神病患者への、カウンセリングについてです。

 

カウンセリングスタート!の前に

まず、カウンセリングに入る前に、「カウンセリングシート」なるものを渡されます。

よくネットに転がっている、うつ病チェック!みたいな質問の当てはまるところにチェックを入れていくんですね。そして家族構成から、家族に対して思っていること、今自分が悩んでいることなどを書いて埋めていきます。

この時が、心理テスト等を思い出させてくれて、一番楽しかった記憶があります。

うつ傾向又は抑うつ傾向にある、といったような結果をみて、ケラケラ笑っていたことも、覚えています。しかしこれは導入部分、カウンセリングはこれからなのです。

 

カウンセラーと対峙

ついにカウンセリングのはじまりです。

カウンセリングシートは既に渡してある状態にあります。

カウンセリングを受けるための部屋に入り、カウンセラーと対峙。

この時点でもうわたしは、早く帰れないか、ここから出られないかと考えていました。

カウンセラーは女の方で、軽い自己紹介(というか名前を伝えてくる)を終え、カウンセリングシートに書いた、家族の点、現在の状況、過去についてなど、少し掘り下げつつ質問をされます。

わたしはもうこの時点で帰りたくてしょうがなく、適度にカウンセラーの目を見て、カウンセラーの動きを見て、必要最低限と言えるくらいの回答しかしませんでした。なんせ早くこの場から出たくて仕方ないのです。最後に、

「現在困っていること、聞きたいことなどはありますか?」

という問いかけに、

「あ、いや、特にありません」

と即答をし、一回目のカウンセリングを終えました。

 

何故そんなにカウンセリングが苦手?

なぜ、わたしがこれ程までにカウンセリングに苦手意識を持つのか、について書いていこうと思います。

まず、カウンセリングでなく、通常の人との会話を思い出してください。

向こうが何かを問いかけてきて、答える。

これには苦手意識はないのです。

通常の会話の場合、その質問に答えた後、こちら側から質問することができるからです。
こうして会話を重ねていき、相手がどういう人物なのか、ということを知ることができます。

しかし、カウンセリングの場合。

カウンセラーは質問する側、患者はその質問に答える側。と最初から、決まっているのです。

数回しか会ったことのない、名前くらいしか知らないカウンセラー。回を重ねたとしても、カウンセラーのパーソナルな部分は見えないでしょうし、見せてこようとはしないでしょう。

そんなカウンセラーに、わたし個人の、普段人に話さないようなことを話す、ということに、恐怖を覚えます。そう、怖いのです。

見ず知らずの人間に、
生いたち育ち、過去、現在、未来、悩み、起こったこと、感じたこと、思ったことetc…
を、何の警戒心もなく話すことができないのです。

ふわっとした言葉に言い換えたり、肝心なところを分からないくらいにぼかしたりして回答していました。

自分が話したことで、返ってきた言葉を深読みし、いったいどういう表情で、相手はどう感じているのかと伺い、しかし、読み取れることなど少なく、ただただ恐怖を感じ、息苦しさを感じてしまうのです。そして、カウンセリング前よりも神経を使い、疲労を覚えます。

 

元々の性格について

そもそもの話なのですが、わたしは親しい相手にも、「相談」というものをしません。

したい、しよう、と思うことがほとんどなく、自分の中で納得するまで考え、自分なりの答えを出せたら、解決。というのが基本です。

気のおける友人にも、わざわざ自ら相談をすることがほとんどありません。

わたしの中で「相談=聞く側」となっています。
その人の相談してきたこと、思ってることを聞きつつ、わたしなりのアドバイス、肯定、否定を織り交ぜつつ、溜め込んでいることを吐き出してもらう、それが相談だと思っています。

そんなわたしなので、聞く側の立場の気持ちになって回答してしまう節が出てしまうのです。こう言えば話が長引かない、こうすれば今回ももうすぐ終わる。と、カウンセラーがカウンセリングをはやく終わらさざるを得ない状況を作ろうとするのです。掘り下げられたくないので、サッ…スッ…と上手いこと話を流します。

この状態、例えるなら
カウンセラーVS一般素人カウンセラー
のような状態になってしまうのです。

これではカウンセリングが上手くいくはずもありませんでしたね…

 

カウンセリングを受けるあなたに質問

!カウンセリングを受ている方、受けようかと考えている方に質問です。

・カウンセラーに悩みを話すと、吐き出せたことで楽になりますか?又はなると思いますか?
・カウンセラーに聞いて欲しい!と思うことが少し考えれば頭の中でいいので浮かびますか?
・身近な人に聞いてもらうより、カウンセラーに聞いてもらう方が気が楽だと感じますか?
・聞いてもらうことで、心が楽になったり、肩の荷が下りたように感じますか?

わたしの質問に当てはまった方!!

!!!正解です!!!

カウンセリングを受けている方はそのまま、受けようかと思っている方は受けてみてください。
カウンセリングを受けるに値する人だとわたしは思います!

 

!カウンセリングを受ている方、受けようかと考えている方に質問2です。

・カウンセラーに話す内容が思い浮かばない
・カウンセラーの顔色を伺ってしまう
・カウンセラーに話すとき、意図的に話さない、伝えないことが多々ある
・カウンセラーから「他に悩みなどはありますか?」という質問に答えられない、又はあったとしても答えない
カウンセリングを受けても現状がよくなるとは到底思うことができない。

質問2に当てはまった方、おめでとうございます!!!
わたしと同じで、カウンセリングに不向きな可能性があります!!

ピアノと同じだ。2人一緒ならいいことがあるよ。同志を捕まえることでわたしが安心することができるよ。

 

まとめ、結論、カウンセリングやーめぴ!

わたしが今回の記事を書きたいなと思ったのは、カウンセリングを検索すると、「カウンセリングに前向きな人たちの意見」ばかりが目に入り、「カウンセリング合わない!無理だったからやーめぴ!」
のような、カウンセリングを受けるのをやめた人の記事や、文章を読んだことがなかったからです。
そして、
「もしかしたら、やーめぴ!した人、読者の皆さんの中にもいるのでは!?」
と少しの期待を抱きながら書かせてもらいました。

わたし1人の思いではなく、きっとカウンセリングが苦手な方、恐怖を感じる方、正直カウンセラーに何も話したくない方、意外とたくさんいるのでは?隠れているだけなのでは?と、思っています。

そんな思いを共有できたり、できなかったりしたらいいな!という今回の思いつきのカウンセリング記事でした!
(※カウンセリングを受けるのも受けないのも自由です!決してどちらが上、どちらが下という比べるようなことがしたかった、言いたかったわけではありません!ご注意下さい!)

それでは、この辺りで締めさせていただきたいと思います。
メンがヘラったかわいい乞食でお馴染みの!
おまえ、でした!よろしければTwitter覗いてみてください!
→(Amazon欲しいものリスト)

では、次回の記事でお会いしましょう!
インターネットの隅っこ、メンヘラ.jpで!

カウンセリングやーめぴ!




The following two tabs change content below.
おまえ

おまえ

20代無職メンヘラオタクで腐女子。あと乞食。 ひょんなことからメンヘライターに。躁鬱持ちは今日も今日とて生きてます。皆さんお薬ちゃんと、飲みました?

1 件のコメント

  1. tko 返信

    最初からそんな質問攻め,そのカウンセラーがよくないだけな気がする…。
    僕がカウンセラーと会うときは,沈黙の間もありましたし(最近はもうないですが),1時間の半分向こうが喋ってることもありますし(笑)
    時間はかかりましたが,やっと色々話せるようになって,色々自分のことがわかってきたし,人にも遠慮せず話せるようになってきたと感じます。
    何かうまくまとまらずすみません。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です