死にたくて自殺未遂までした自分が生きているのは、本当は誰かに助けてほしいから

コラム 自殺未遂 いちごみるく

はじめまして。いちごみるくと申します。三度の飯よりゲームだいすきゲーム廃人です。

最近はTwitterで捨て垢を作り、よく「#死にたい」を眺めています。

観察してみると色々な人がいるようで、死にたいと呟いたわたしの悩みを聞いてあげると言ってくださった方が何名もいらっしゃいました。

わたしはビビりだし、他人に自分の話をするのがとっても苦手なので、返信がうまく出来ません。でも、その心遣いにすこし救われた気もしました。

 

わたしは小学生の頃から自傷行為と自殺未遂を繰り返していました。

最初に死にたいと思いはじめたのは、小学4年生くらいの頃からでした。

想像してみてください。もしあなたが小学4年生の子どもに「死にたい」と相談されたら、本気に受け取れますか?

わたしの偏見かもしれませんが多分、世の中のほとんどの人は「まだ若いんだから、生きてればきっといいことあるよ」と言い、本気に受け取ってはくれないでしょう。わたしの周りの大人もそうでした。

わたしは小さい頃から自分の考えや思ってることを話すのがとても苦手でした。宿題で出る日記が苦手だったので、ほとんど宿題を提出したこともありません。

宿題を提出しないので、先生によく叩かれていました。たまに日記を書いて提出しても、あまり文章が得意ではないので、必ずやり直しさせられていました。そんなんじゃ出さない方がいい気がして…

そんなふうにして甘えていたら、気付けば学校に居場所はなく、大嫌いになってしまいました。不登校のできあがりです。

 

話が逸れましたが、そんなわたしが「死にたい、つらい」とひとこと言うのにどれだけの精神を削ったか。

でも、だれもこんな子どもの、ましてや問題行動ばかりおこす不登校の問題児の言うことなんか信じてくれないんです。裏を返せばいまの日本は、たった10歳の子どもの出すSOSにも気付けない世の中です。

そんなわたしはいま、16歳になりました。なんとか運が良くも悪くも生きています。いろいろ割愛しましたが、高校に在籍はしているものの、休学中のため留年生です。

いまの自分の考えをまとめると、はっきり言って何を言っているのか自分でも分からない!

例えば、頭の中で「死にたい」とひとこと言うと、頭の中がぐちゃぐちゃになって、頭の中に「死にたきゃ死ねばいい。早く死ね、生きる価値のないゴミ人間」って言う人と、「お前みたいな学校にも行っていない、なんの努力もしてない人間が死にたいなんて甘えたこと言うな! 死にたいって言えるのは今までの人生を頑張ってきた人だけなんだよ!」って言う人がいて、わたしは何を信じればいいのか分からないんです。

自殺未遂をして病院に運ばれたとき、先生が両親に精神科の紹介状を渡していました。でも、わたしは一度も精神科に連れていってもらったことはありません。

娘が精神科に通うなんて許せないのかもしれません。でも、なんとかこんな現実から少しでも抜け出すために、親が通わせてくれないならなんとか自分一人でと思い、病院に片っ端から電話しましたが、いくらお金があると言っても高校生一人ではどこも受け入れてもらえませんでした。

毎日死にたいって頭で呟いて、ぐるぐる考えて、生きててよかったなんて思ったことはなくて、毎日泣きたくても泣けなくなるまで泣いて、身体は重いし他人と喋れなくて、死にたくて死にたくてたまらない。

それでもわたしが生きてるのは、きっとどこかで助けてもらえるんじゃないかって期待してるからなのかなって思っています。もしかしたら明日、だれかが「君はもうひとりじゃないよ。生まれてきてくれて本当にありがとう。もう大丈夫だよ」って言ってくれるのを待ち望んでいるのかもしれません。冷静に考えたら絶対そんなことはありえないのですが。

 

最初にTwitterの話をしましたが、「#死にたい」と検索してみたら、たまに自殺防止ツイートが流れてきます。死にたくて死にたいと言ってるのに、生きろと言われてたまに虚しくなります。

悩みを聞くだけでも! というアカウントも存在します。みんな見ず知らずの人を死にたいから救おうとしているんだなって思うと、意外と世の中悪い人ばかりじゃないのかもしれません。だからと言ってほいほい付いて行っちゃだめですけど。

こんなこと言いましたが、でもやっぱり今日も死にたいなって常々思ってしまいます。

ゲームをやってるときは現実を忘れられるのでやりまくってますが、死にたくて死にたくてたまらなくなってしまうとゲームさえやる気がなくなって死にたいループで大変です。もはやゲーム廃人なのでなんとか直そう…と思っているところです。

長い文章になりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

 


【執筆者】
いちごみるく さん

【プロフィール】
アニメに人生捧げた16歳。カメラとゲーム握って生きてます。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム 自殺未遂 いちごみるく
このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメント

有機生命体8号 返信

まだ、精神科の紹介状は持っておられますか?思い付きではありますが児童相談所に駆け込んでみるというのはどうでしょうか?

相談内容は「親が精神科へ連れていってくれないと」言ってです。精神科への招待状を持っていれば事態の深刻さを知らせるのに役に立つかもしれません。

いちごみるく 返信

いちごみるくです。
お気遣いありがとうございます…!
実は去年の夏、児童相談所だと何か変わるかもと思い、駆け込んだことがあります。
結果、児相の先生方が両親を説得させるということになりましたがそこから進展もなく、もう二度と児相に迷惑をかけるようなことをするなと親に言われたばかりでした。
児相の先生方は尽くしてくれたと思っています。
学校の先生にもなぜ突然そのようなことをしたのだとお叱りを受けましたが、後悔はしていません。
アドバイスありがとうございました。感謝です!

あおい 返信

はじめまして。高校3年生のあおいと申します。
私もいちごみるくさんと同じ、16歳の高校1年生のときが一番辛かった記憶があります。
私は心療内科に中学3年生のときから通っているのですが、高校になってからは通っている高校から病院が遠かったこともあり、1人で学校帰りに制服のまま電車で病院に通い、通院しています。私の場合は母親が同じ病院にお世話になっていたことから、初診は母親に付き添ってもらって受診しましたが、以降は未成年1人でも普通にお薬を処方していただいています。
ですから、必ずしも未成年だけでは心療内科を受診できない訳ではないのかなと思います。私は受診したことがないのですが、思春期外来のある病院もありますし、もしもご両親以外の信頼できる大人が周りにいるのならば初診だけ付き添いをお願いするのも手だと思います。
自分で色々な解決策を考え、実行されているいちごみるくさんはすごく強い方だと思います。
いちごみるくさんの生きようとする努力に気がついてくれる人と早く巡り会えるといいですね。
長文失礼しました。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント