仕事と家事の両立について とあるメンヘラ会社員の場合

コラム アルト 家事

こんにちは、アルトと申します。
先日は、初投稿を載せていただき、ありがとうございました。

今回は、メンヘラ会社員の1人が、家事をどれだけ手抜きしているかを語ってみようと思います。

世の中にはこんなにズボラな奴が居るんだな~~キッチリ家事しなくても大丈夫だな~って気を抜くきっかけになればと思います。

ちなみに仕事は定時上がりが基本で、家はフツーのアパート暮らしです。

会社の子たちは、時間があるのを良いことに充実したアフター5を過ごしているようですが、私はフルタイムで働いて生活費を稼ぎ、薬やグーグル先生に助けてもらいながら生きるだけで精一杯です。

 

洗濯物は夜やっつける


幸い、まわりの住人も昼間は忙しいのか、夜の騒音はお互い様…って感じで寛容です。

私も当たり前のように夜に洗濯機をまわし、雨の時以外は外の物干しに出してしまいます。これで、朝やる家事が1つ減りました。

もっと奮発できるなら、乾燥機つき洗濯機を買えば乾燥までやってくれるので、干す手間まで省けます。畳むのはどうしても手動になりますが、面倒くさいなら、ハンガーなどにかけっぱなしにして、そこから取って着ればOKです。

ちなみに、アイロンというものは私の辞書にはありません。

服は形状記憶のものや、綿成分が少なめのものを買えば、シワになりにくいためです(多少のシワは気にしない)。ワイシャツは、クリーニング屋に出してしまえば、ジュース1本分くらいの料金できれいに仕上げてもらえます。

 

食事は作るものではなく、買うもの


料理って、家事の中で1番手間がかかります。

献立と予算を考えてスーパーへ行き、特売品があれば臨機応変に献立を変え、帰宅したら段取りよく調理し、食べ終わったら食器や調理器具の後片付けをする。

仕事でエネルギーを使い果たした身にとって、まず「何を食べるか」を考えることすら面倒くさい。スーパーに行っても食べたいものなんて浮かんでこないし、手間ばかり頭に浮かんで、憂うつにしかならない。

もっと疲れてくると、食べものを噛むことすらダルい。寝てるあいだに点滴で栄養補給してもらえれば楽なのに…と、何度も思いました。

食事に関する諸々が面倒くさくて食べずにいたら、やはり体調を崩したので、朝食はバナナ、昼食は社食、夕食は宅配弁当を頼んでいます。

「誰かが考えてくれた献立を食べれば終わり」というのは、かなり気が楽です。美味しいか否かはさておき、とりあえず口に入れて飲み込めば栄養は摂れて、食事のノルマは終わるのですから。

また、スーパーで食材を買わなくなったので、冷蔵庫の奥で腐ったものを見つけて罪悪感にとらわれることもありません。今まで腐らせてしまった食材の数々、農家や漁師などの関係者さん、ごめんなさい。

 

掃除はテキトー、ホコリでは死なない


掃除は結構体力を使うので、無理はしません。

風呂は、使ったら冷水シャワーをかけて室内温度を下げ、換気扇は1日中回しっぱなしでカビを防止。床の掃除機(もしくはクイックルワイパー)とトイレ掃除は、週1程度。

料理をしなくなってからキッチンが汚れなくなったので、これは一石二鳥でした。

他の部分は、やれる体力と気力がある時か、あまりに汚れてて嫌だなぁ~と思ったときにやります。多少部屋が汚れてたって、ヒトは生きてゆけるものです。


まとめ


生きるために働いている以上、どうしても仕事優先になってしまうのは仕方ないです。

もっと長時間労働やキツイ仕事をしている人でも、きちんとした生活をしている人がいることも分かっています。

しかし、その人と自分は違います。

薬を飲んでいるメンヘラだから…というのではなく、食事をするのも、多少汚れた部屋に住むのも、自分です。自分が納得していれば、それでイイんじゃないか。その考えに至るまで、かなり回り道をしたように思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
もし、少しでも参考になる点があったり、暇つぶしのお供にしてもらえていたら、幸いです。


【執筆者】
アルト さん

【プロフィール】
マイスリーが親友のアラサー会社員。好きな言葉は「定時上がり」。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム アルト 家事
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

副島 返信

今晩和。
献立が面倒臭いとか、片付けが手間とか、シャワーで温度を下げて換気扇でカビ防止とか……

確かに、そのとおりですね。
作るのやめちゃえば良いのか。

目から鱗でした。
体調と気持ちにムラがある性質で、生活がシンドイ時が多いので凄く参考になります。

何だか楽になりました。
有り難う御座います。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント