メンヘラ.jp「読者投稿コーナー」開設のお知らせ




※2017/7/8 【注意事項】追記しました。


メンヘラ.jpでは、皆さんの投稿を募集しております。
募集にあたって、皆さんからよくお問い合わせいただくご質問にお答えします。

Q:自分がメンヘラかどうかわからない・病気や障害を持っていないけど応募してもいいの?
A:メンヘラ.jpでは「メンヘラ」を「メンタルヘルスに問題を抱える当事者」と定義しています。たとえ診断名がなかったとしても、自分自身に何かしらの問題がある/問題があったと自覚しているならば、私たちに判断を下す権利はありません。「生きにくさ」についてや「つらかった経験」、「過去の失敗談」など、テーマは何でも構いません。何にでも需要があります。

Q:メンヘラではないが書きたいことがある。
A:前述したように、メンヘラ.jpではメンヘラを「メンタルヘルスに問題を抱える当事者」と定義していますが、当事者以外の方からのご応募もお待ちしております。私たちが目標としている生きるための「つながり作り」を達成するためには、適切に開かれた(=閉鎖されていない)場所であることが好ましいため、様々な立場の方からの投稿も掲載したいと考えております。もちろん、メンヘラでない方からの視点もとても重要な視点です。下記の【メンヘラ.jpでは掲載できないコンテンツ】に抵触しないものであれば、どんなものを書いて頂いても問題ありません

Q:書きたいことはあるけど、何を書いたらいいかわからない。
A:下記の【メンヘラ.jpで掲載したいコンテンツ】を読んでみても、いまいちわからない……という方は、まず「自分が読者投稿をする目的は何か?」「読者投稿をしてどうなりたいか?」を意識していただくと良いのかな、と思います。

例えば、
「××にハマって人生が楽しくなったからオススメしたい!」
「こういう経験をしたので、それを形にして残したい」
「自分の病気と同じ病気に立ち向かっている人と話がしたい」
「自分の状況について多くの人からアドバイスがほしい」
「Twitterやブログで交流できるようなコミュニティがほしい」・・・など、まずは自分の動機を見つけると書きやすいかもしれません。

「○○の話を書きたいのですが、需要ありますか?」「〇〇と××と△△というネタがあるんですがどれがいいですか?」というご連絡もいただきますが、なかなかお返事できていないのが現状です。とにかく、まずは一つ書いて送っていただけると幸いです。文章を読むと、なんとなく少しだけあなたのことがわかるからです。

 

【メンヘラ.jpで掲載したいコンテンツ】

・メンヘラが共感できる
・メンヘラの暇つぶしになる
・メンヘラが楽しく生きていくのに役立つ

上の条件のどれかを満たすコラム、エッセイ、体験談などをご応募ください。

過去に掲載させていただいた読者投稿から一例をご紹介します。

・メンヘラが共感できる
「風呂に入るのがめんどくさい」は自分を大切にできていないサイン

・メンヘラの暇つぶしになる
宗教とメンヘラの関係性 信仰一世が見た伝統派キリスト教会について

・メンヘラが楽しく生きていくのに役立つ
鬱に耐えるシェルターをつくろう

 

【メンヘラ.jpでは掲載できないコンテンツ】

①標準的な医療措置を否定するようなコンテンツ
②自傷行為、自殺、犯罪などを過度に奨励するようなコンテンツ

特に以下が重要ですが

③病気や障害を「魅力」として扱うような、治療プロセスにとって有害なコンテンツ
も掲載できません。

③については

メンヘラを「肯定すること」と「受け入れること」は違う

の記事も参照して頂けると幸いです。

「他の人に共感してもらえるかわからない」
「暇つぶしになるようなものが書けるかわからない」
「誰かの役に立つようなものを書ける自信がない」・・・大丈夫です。

まずは、あなたが感じていること、経験したこと、誰かに聞いてほしいこと。
コラムが書けなくても、エッセイが書けなくても、体験談が書けなくても、まずは「書きたい!」という気持ちをぶつけてください。

あなたの「聞いてほしい」が、誰かの孤独を癒すかもしれません。

 

【投稿形式】

・上の条件に合致する、エッセイ、コラム、ハウトゥー、体験談などの文章コンテンツ
・形式は自由。文字数も自由。

メール本文に直接書いて頂いてもOKです。
もちろん、メモ帳やWordデータとして添付していただいても問題ありません。

 

【応募方法】

メールタイトル:
「読者投稿」が含まれていると助かります。

メール本文:
・お名前(HN可)
・簡単なプロフィール
・記事のタイトル
・記事の本文
をそれぞれご記入の上、
menherajp[@]gmail.com
までメールをお送りください。

ちなみにtwitterアカウントやブログなどをお持ちの方は、それらのURLを著者プロフィール内に記載して頂ければ、記事内にリンクを作成いたします。

 

【注意事項】

・投稿の文字数によって掲載形式が変わります。
・長いもの(1000字以上)は単一の記事として、短いものは他の投稿とまとめて掲載される場合があります。
・全ての投稿の掲載はお約束できません。
・投稿者へのご連絡は確約できません。
・誤字脱字や一部の表現等を編集部で校正する場合があります。
・自傷行為、自殺、犯罪などを過度に奨励する内容は掲載できません。
・特定の個人や団体に対する誹謗・中傷は掲載できません。
・著作権は執筆者に帰属し、文責は編集部に帰属します。

 

【最後に】

読者投稿コーナーは、運営の問題によってライターを増やすことが困難だったのですが、それでも載せてほしい!という読者の皆さんのお声から始まりました。

いまでは連日たくさんの方がご応募してくださり、運営としても、いち読者としても非常に嬉しい限りです。本当にありがとうございます。

私たちが掲げている「つながりづくり」には、悩みや葛藤を一人で抱え込んでほしくない、あなたが話してくれることによって誰かが孤独じゃなくなるかもしれない、という願いも込められています。そしてできるだけ多くの方、色々な立場の方からのお話を載せたいという思いがあります。

また、何度も読者投稿をお送りいただいている方には、こちらからご連絡差し上げる場合もございます。
私たちに「正規ライター」「公式ライター」という括りは無く、投稿してくださる読者さんにライターとしてご依頼をする場合もございます。

ご応募、お待ちしております。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから


7 件のコメント

  1. 佐久山ようこ 返信

    なんだか疲れました。正直、何もしたくありません。いっそこのままと思います。助けて下さい。

    • みんと 返信

      佐久山ようこ さん あなたを愛している人 誰か必ずいるはず
      居なかったら 私のコメントを思い出してください。
      絶対あなたは必要とされてる人 疲れてなんて言わないでください。

  2. フレンチブルドッグ 返信

    47歳の社会人男です。昨年7月に転職・離婚して今は独りでマンション住まいです。4月の終わりにうつがMAXになり、処方されていた安定剤と睡眠薬を28日分飲みました。2日後に目が覚めて、その日の夜中に両方の手首を包丁で切りました。特に左手は腱を切ったようで今でもず~っと痺れています。その2日後父に連れられ病院に行きました。自由になりたくて離婚し、やりがいを求めて転職しましたが、それらはすべて病気の為、正常な判断が出来ていなかった行動だった、とようやく気付きましたが、後の祭り。すべてを失い、今の仕事も首でしょう。失敗する自殺は、絶対にやってはいけないです。後遺症で余計に生きづらくなるだけです。リストカットは勿論飛び降りも首吊りも失敗すると最悪な余生が待ってるだけです。私もこれからどうすべきか迷ってます。生きるべきか確実に死ねる方法を模索中です。

    • みんと 返信

      生きるか、死ぬかの選択し そんなの決まってますよ 自殺して もし成功してもその後 親族方々があなたの死でどれだけ悲しむか、、、
      まだ47歳で 経済的にも大丈夫ですよ、クビになっても農業するとか自分で会社をたちあげるとか ポジティブに考えてみてください。

      もしそれでも駄目だったら1人で抱え込まないでください。
      一緒に考えてくれる人が居るはずですよ。
      気分転換に何処かへ行ってみるのも良いですね
      音楽を聴くのも 良いですね
      私のオススメの曲は きゃりーぱみゅぱみゅの 君に100%です。

      私明日ピアノのコンクールなんです。なのにお母さんが
      全然練習してないんだから 行かなくていいよね。っって言いました。お母さんが会社の時もずっと練習してました。コンクールでお母さんに一番聴かせてあげたくて こんな気持ちで練習してました
      なのにお母さんは私が友達と遊びたくても我慢してた事を知らないで、あんなヒドイ事言われて、他にも何か言われて、涙が出てきました。
      そんなこんなで、このサイトを見つけ 私より 苦しんでる人がたくさん居ると分かりました。
      あなたもその1人です。

      文章がめちゃくちゃですいません
      少しでも ちからになれたらと思います。

      関係ないですが 私犬の中で一番フレンチブルドックが好きです

  3. CHICHI 返信

    プロフィール 両親 私 妻 娘2人の6人家族、私 53歳 サラリーマン 自殺未遂

    ウツになったら 入院施設のある病院へ行きましょう。

    ウツで通院を開始したのですが 会社のそばの新設のクリニックを選びました。入院施設は有りませんでした。(これが失敗)

    この時は診断が中度のウツだったのですが 医者と相談し会社へは軽度と報告。抗うつ剤と睡眠導入剤の処方でした。

    イロイロ有って自殺未遂(首吊)でフッと正気に戻り主治医に連絡をとったら 逃げる逃げる。

    「だって、命の保証ができません」とまで言われました。

    市内の入院施設のある病院に紹介状を書いてもらい、速攻 自主入院でしたよ。数日 隔離病棟で安静にして退院。

    今は休職中で抗うつ剤、睡眠導入剤、頓服に抗不安薬、抗不穏薬。

    やっぱり経験の深い医者が良いですよ。

    まずは一報を。経過は今後 お伝えします。

  4. くせるる 返信

    中学二年生です。私はこれと言って虐められたり、友達と上手くいってなかったりとかは無いのですが、なぜか学校に行く気になれません。それというのも、私の両親は別居していて、私は母親と一緒にいます。父親は仕事がうまくいかず、今は実家からお金を貰って過ごしているようです。私は母親の収入のお陰で塾なども何不自由なくさせて貰っています。もちろん、私なんかよりもずっと複雑な家庭事情を持った方がいるのは重々理解しています。ですが、ある時ふと思うんです。あれ?私なんで生きてるんだっけ?って。最初にそう思ったのは両親が別居すると知った小学4年生だったでしょうか。別に毎日不安になるわけではないのですが、母親と喧嘩した時などにふと死にたいと思ってしまいます。そして今私は数日学校を休んだり、行ったりを繰り返しています。比較的行く方が多いですが、どうしても学校に行きたくない時があります。学校では嫌な事なんか無いから、その理由も自分ではわからず、その事でさらに母に怒られてしまいます。「どうして学校に行かないの?何も理由がないなら行きなさい。」何も理由がないとダメなのでしょうか?どうして自分でも分からないと言ってるのを理解してもらえないんでしょう?そういう時必ず私は死にたいと思ってしまいます。どうせあと何年、何十年、もしかしたら何らかの理由であと数日に死ぬかもしれないのに、なぜ今生きてないといけないんでしょうか?もう疲れてしまいました。

  5. 基督 返信

    初めまして
    私も死にたいと思ってますが、今生きています。自殺未遂で障害があります。このサイトで同じような気持ちでいる方が複数いて少しは楽になりました。自分だけじゃない焦らず前向きにちょっとした目標を見つけ明日は生きようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)